投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


久々のエンコ

 投稿者:わんこ  投稿日:2018年 1月19日(金)20時30分27秒
  JAF待ち  

電気系

 投稿者:S1191  投稿日:2018年 1月17日(水)20時50分26秒
  電気系に限らず、不完全な状態で放牧して申し訳なく思っています。

車検取得の直前にヘッド・ライトの点灯に不具合が出て、これはリレーの
接触不良でした。悪戦苦闘しているうちに自然治癒してしまいました。

このライト・リレーは、エンジン・ルームの左側なので、再発しても
部品さえ手に入れれば、大した問題にはならないと思っています。

しっかし、セルモーター・リレーは多分、車内(それもインストのなか…)の
ような予感がするので、気が重いです。
今の状態から悪化しないことを祈っています。

気に入る部分に目を向けて日々過ごして頂いているようなので、ほっとしています。

>まだ付き合って間も無いから新鮮なだけなのか。3ヶ月もすれば慣れて
>刺激も感じなくなるかもしれません。

これが怖いところです。
なにか、導火線に火をつけたことにならなければ、と願っております。
 

幸せを感じられる車

 投稿者:わんこ  投稿日:2018年 1月16日(火)08時48分1秒
編集済
  朝起きると、車庫にはモールが輝く美しい車体が待っている。
外装が超極上なのでボロい車の雰囲気が全くしない。
CLより美しく車庫にあるだけで嬉しい。
さぁ 今日も仕事だ!(DD6なのでモチベーションが上がる)


相変わらずセルが回り難く 何回かシフトノブを動かしたりキーを回すタイミングを
変えたりして指導して出発。ドキドキするけどエンジンがかからないことは
1度もないのでちょっとしたイベントになっています。

暖気を1分もしないで出ますが 走り出すとそれは文学の世界。
片道4Km20分 僅かな距離を2リッターのハイオクガソリンを消費して通勤。

人によってはもっと長距離を長時間コストをかけて通っている人もいるでしょう。
コストや時間はあくまでも相対的なモノで問題は通勤の質と人生でのポジションだ。
私にとって通勤を充実されてくれる車は元気の素になっている。

まだ付き合って間も無いから新鮮なだけなのか。3ヶ月もすれば慣れて
刺激も感じなくなるかもしれません。
ただ健康に不安が生じる年齢になった私にはこのゴージャスでマッタリ
とした世界が合っているようで、ジャガーに戻れて幸せです。




 

狙い目のV12

 投稿者:わんこ  投稿日:2018年 1月 9日(火)08時38分40秒
編集済
  ㎡さん S1191さん おはようございます。

昨日 ないーぶさんのマジェスティックを拝見しました。
私はシリーズIII DD6で行きたかったのですが ガソリンのカホリがするので
萌えたら大変なので我慢しました。

㎡さん ご紹介のXJS

とてもいい線行っていると思います。S1191さんは その典雅な気持ちよさが
すり込まれているそうで 私も反応してしまいます。
オープンとV12

ご存じの通り アストンマーティンDB9が欲しいと言うか目標なのです。

ボディーはアルミで貼り付けた構造体だそうですが クローズドでは幌が4重なのもあり
バリオリーフからきしみ音が出るR230を上回る剛性感を感じられました。

スタイルは個人的にXJSも素晴らしいですが、惚れているのはDB9で
エンジン ドライビング 音に関しては大きく異なります。

ただ アストンマーティンは最近販売店が変わったそうですし 整備関係
の不安があります。またパーツのコストもお話を聞くと尻込みしてしまいます。
また  6速ATの反応も ストップからの発進 極低速のレスポンスに気になる
てんがありました。

それに対してジャガーならきちんと整備してくれるところがある。

ゆっくり走るのが気持ちいい車 普段の町乗りで快適で気楽、
X305は 低速のドライバビリティでアストンマーティンDB9を
上回ります。

私の身の丈を考えるとジャガーのV12が合っているようです。


そして㎡さん洞察のとおり、私にはCL500 またはそれ以上の高性能快適車が
必要だと分かりました。
ジャガーのV12だけで全てをこなすことは 私には厳しいことも自覚しています。

 

懐かしい車

 投稿者:S1191  投稿日:2018年 1月 8日(月)19時28分0秒
編集済
  ㎡さん、横レス失礼します。(本年も宜しく)

XJSコンバーチブル(V12)、20年以上前に7日間1500km乗りました。

感激しましたけど、手の届く車ではありませんでした。

環八とか東名ではオープンで走る気は起きませんでした。(今と環境も違います。)
特に、渋滞している環八で排ガスにまみれながら天日に焙られるのは懲りました。
ヨットに優雅なイメージがありますが、実際は結構ハードなのと似ています。

でも、熱海近辺と箱根の雨上がりを流した時は、本当に欲しいと思いました。

その当時も、基本は「子供(青年?)」でしたから、縁の無い車でしたが。
自分のS30(L型)とVGなどで夢中になっていた時期でした。

わんこさんの当時も記憶にあって、W140を再読すると懐かしいです。

スリルとロマンス?、熱中(ドーパミン)と癒しですかね。

今なら、とも思う気もしますが、断捨離下手の私は手を出してはいけないのです。
現に、身近に屋根付きがあります。
(現状エンジンルームを、明るい中で見に行きたいと思っております。)
 

失礼致しました

 投稿者:  投稿日:2018年 1月 7日(日)21時55分44秒
  わんこさん

R230のV12は経験済との事、失礼致しました。
今お乗りのCLとV12+αとしてオープンを考えた結果の
ご提案でしたが全てを一台に集約する事は難しいようですね。
ではこちらの個体は価格が高目でエンジン音も今一ですがCLを
残す前提では良いラインナップかと思いますが如何でしょうか?

http://www.enthuno-mori.com/jaguar/20171123jaguar/
 

V12はロマン

 投稿者:わんこ  投稿日:2018年 1月 7日(日)11時19分35秒
編集済
  ㎡さん

リンク先の R230のV12は オーナーさんの拘り 手のかけようが大変好ましく
見えます。エンブレムディチューンされるとは、見た目より本質的な魅力を
楽しまれてこられたのでしょう。

私はV12が気持ちいいと感じますが R230のV12はよっし~さんのW220 S600Lと
SatoshiさんのCL600で経験させていただいています。
エンジン形式はM137エンジンでしょうか。シングルカムの3バルブ(36V)で395馬力
大層滑らかで振動が少なく素晴らしいエンジンだと思います。
ただ2台の経験からは低回転のドライバビリティの維持には難しい面もあるようです。

V12の歴史を調べてみると 私がデビル号で経験した2カムのDOHCエンジン48バルブの
M120だそうです。初期型はディストリビューターがあるタイプで 中期から
ダイレクトイグニッションに変更されています。

初期型は 6000ccで410馬力 高回転を回すと明らかにパワーが盛り上がり
その気持ちよさとまるで失火しないV12とメカニカルなATとの組み合わせで
ダイレクトなレスポンスと 微妙な調整が可能で 低回転のドライバビリティ
と共に熱狂しました。
その後のダイレクトイグニッションタイプは400馬力でまろやかなフィーリングになり
高回転が穏やかになったと記憶しています。

R129のV12も高速道路で運転させてもらいましたが、その時の気持ちよさは格別
でした。後に私がV8のR129を購入したのはご存じのとおりですが、やはりエンジンの
気持ちよさではV12がV8に対して大きな差があると思っています。

R230のM131のV12はその後M275エンジン ツインターボに変更されたそうで
私はその後のV12は未経験です。

NAエンジンの395馬力400馬力そして410馬力 と大きな差は無さそうですが
実際に走らせてみるとNAエンジンの面白みとリンクしてフィーリングに
大きな違いがあって興味深いです。


新しい車は多段ATと加給の組み合わせでエンジンを回すフィーリングは大きく
異なります。実際に速く快適なのですが 今お借りしている
ジャガーのV12の3速ATに乗ると最新C180に及ばない走りですが、
フィーリングの違い 心地よさを語り合える人が欲しいです。

http://wanko.pecori.jp/D_B/devil/devil.htm

私にとってV12はロマンです。
 

V12

 投稿者:  投稿日:2018年 1月 6日(土)21時26分13秒
  わんこさん

先日は新年会のお誘いありがとうございました。
その時に再度V12の魅力的な個体に興味を示されて
いたようですがこちらは如何でしょうか?
左ハンドルでなければ私も心引かれる個体です。

http://enthuno-mori.com/benz/20180104benz/
 

メリハリ

 投稿者:わんこ  投稿日:2018年 1月 3日(水)08時47分43秒
編集済
  S1191さん

お陰様で軽量コンパクトでオープンそしてMTで自在に走らせるロードスターと
恋しかったジャガーワールド それも憧れのシリーズIII の両方を楽しめ
これ以上無いラインナップの充実を得られていますm(_ _)m

S1191さんが ジャガーを運転してからロードスターに乗り換えられた時の
違いの大きさは 私も分かります。
軽快に走って気分転換した後 ジャガーに乗ると ロードスターのハードな乗り心地、
ノイズが顕著に感じられます。一生懸命走らせてしまうのと余裕があってゆっくり
走らせられる両極端の車。
このメリハリがよろしいのではないか?と思います。

今年も S1191さんのお陰で充実の車ライフを送らせられそうです。
そして予想もしない(すでに期待はしている)展開が開かれていきそうで楽しみです。
 

引き続き宜しくお願いします

 投稿者:S1191  投稿日:2018年 1月 2日(火)18時21分56秒
  楽しまれておられるようで、何よりです。

昨年、ちょっとだけ運転して、その後、ロードスターで帰宅したのですが、
あまりの落差に戸惑いました。

「ライトウェート(スポーツ)」と対極的なサルーンですから、当たり前なのですが
瞬時に体(五感)を合わせるのは難しかったです。

DD6は、わんこさんが横に乗っていてももどかしい様な穏やかさだったと自覚して
いますが、帰路は、取り締まりが無くてよかったです。
決して、暴走ではないのですが、4~50Kmには収まりませんでした。

やはり、非力な分アクセルも踏み込むし、スパッと加速させますよね。
で、自分の意志で変速するわけで…。

今年も、楽しませてください。
 

初ドライブ

 投稿者:わんこ  投稿日:2018年 1月 2日(火)15時21分24秒
  シリーズIIIのDD6を手がけで拭き掃除を行い 近所をドライブしてきました。

私のCLより綺麗な塗装 モール類ですので 洗車していて気持ちが良いです。
手がけワックスをすることで愛着も深まり塗装にも良かったと思います。
古い車でも新車みたいに綺麗だと気分はまるで違います。


 

謹賀新年

 投稿者:わんこ  投稿日:2018年 1月 1日(月)12時00分46秒
  明けましておめでとうございます。

本年もこの掲示板 居酒屋のご愛顧をよろしくお願いしますm(_ _)m

個人的には車趣味が成熟し 自分により素直に接していこうと思います。
マニアの方 業界の方とのお付き合いを経ての出会い
そこから次の車への対応が決まってくるように思います。

今 意中の個体がココロの中にあって それを手に入れたら
ほぼ上がりになりそうな気がします・・・いつもの錯覚?(^^;)

 

至福の一時

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年12月30日(土)19時22分34秒
編集済
  やっと仕事が終わりお正月休みです。

近くをドライブして シリーズIII を味わっています。

運転している時見える内装 ウッドのゴージャスさ 造りの綿密さ
ウッドの品の良さは素晴らしいです。 革の質感 触れた感じも柔らかくて
上質です。
CLに乗ると硬くて無骨 ベンツらしいニホイもあり 質感の違いは大きい。
比喩として適当ではないかもしれませんが、人の手や頬に触れたときの
個性の差を感じるが如しです。

「一時でいいからジャガーに戻りたい」
その希望が適って 私が求めているモノがより明らかになりました。


.
 

高速を走って

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年12月28日(木)08時45分30秒
編集済
  昨日 初めてダブルシックスで高速道路を走ってみました。
中央高速と首都高です。

一緒に乗った一般の人間からは
「古い車なのに静かで普通に走るね」
と言われました。彼はいつもCL500の横に乗っています。

私の結論から言えば ドイツ車 ベンツの方が高速道路は安心 快適です。
W126の記憶と較べてみて どちらもストローク感がある方で 快適な上下動が
あります。

W126もリアサスの上下動を許す方ですが 同じ上下動でもW126が1度か2度でふんわり
と動いて収束するのに対し シリーズIIIは2から3回動く感じです。
その上下動中にコーナーが来たりすると不安定な感じになります。

ではダンピングが弱いか? と言うとそうでもなくて大きな上下動のゆっくり動く
さまは W126よりW140に近く遅く動く感じです。
シトロエンのCXみたいにもっとゆっくり上下動をする特別さはありませんが
大変よく考えられたダンピングだと思います。
ダイアゴナルの揺れも少なく メカの方が
「130くらいでゆったり走るとなんとも言えない心地よさがある」
と言ったのが的を射ていると分かりました。

首都高は比較的小さなコーナーがありますが、そこで切り込むと
想像以上に良く曲がるので驚きました。タイヤへの信頼性が低いので
飛ばそうとはしませんでしたが リアのロールが深いものの くるん!
と回る感じでメカニカルにグリップが高い感じがします。
BMWのロースが少なくタイヤに依存した回り方とは異なります。

数ヶ月前に三宅坂トンネルを驚くような速さでコーナーを駆け抜けていた
シリーズIII を見て感動したことがありますが あの走りができるのは
本来のコーナーリング特性が活かされて始めて可能だったのが分かりました。

上下動があるので緊張感が無いと言ったらウソになりますが、これは
一つの世界を造っていると思います。
そう私が乗った X300より重厚 X305よりアンダーステアが少ない感じで
完成度の高さでは上回っているかもしれません。
XJ40が乗り味として近いでしょうか。

ボディー剛性が低いからか いえサブフレームマウント類を介しているからか
衝撃を受けたときにボディー振動やステアリングに振動があって 古さを感じます。
でも、町中 普通に走ってのトータルでの足回りではW126を上回っているのではないか?
と思わせる完成度を持っていると思います。これが 猫足 たる由縁でしょう。
W126の方が早くロールし そこで踏ん張るのに対して シリーズIII の方が
ゆっくりロールし足回りが良く動く そんな感じです。
後部座席に乗った子供が酔う度合いはジャガーの方が少なそうです。

その上 あのV12とATの作りなす自然で芳醇な世界
W126では達しない高みにあると贔屓したくなります。


朝にスターターが回らなくて冷や冷や(シフトリンケージ リレー周囲の接点?)
しますが 高速を走ってよりエンジンが滑らかになりレスポンスも良くなってきた
のを感じ そして W108 縦目ベンツを凌駕するゴージャスで品の良い内装を見ながら
ベンツとは正反対の細く繊細なフィーリングのステアリングやシフトノブを
操作しながらの運転は まさに本格的ジャガーワールドと言えるでしょう。

そこに低くスリムなスタイル まばゆいばかりのクロームメッキのモールを見て
心地よい肌触りの良いレザーに触れていると 満ち足りた世界に身をゆだねる。
SZ系ほど大々的ではないし 往年のアメリカ車よりは控えめで繊細
無骨なドイツ車とは素性が違う。

普通に走らせるだけで人を癒やし心地よくしてくれる車はそうは無いと思われます。
問題は機嫌を損ねてオーナーを困らせ不安にさせる度合いと
美人さ心地よさを天秤にかけてどこまで許せるか?でしょうか。


↓整備により姿勢がよくなりました
 

琴線に触れる

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年12月26日(火)08時30分14秒
編集済
  S1191さん


おはようございます。
今朝も天気が良く シリーズIII DD6 で通勤させていただいています。
エンジンが暖まり バス通りをノンビリ走っていても アクセルを踏んだ瞬間に
至福の時が訪れます。X305に較べてクランクが重いのか? 回転の上下動
アクセルのレスポンスがゆったりしていて、その分重厚な走りを堪能できます。

見れば超極上で大好きな色合い 輝くモールと心地よい薫りのコノリーレザーに
包まれて走る ほぼ最高レベルのシリーズIIIを満喫できるとしたら
整備代は当然の費用だと思います。

S1191さんは乗られて感じを上手く表現できない とおっしゃられていましたが
慣れの問題で乗り心地系を色々と楽しまれてくれば自ずから言葉も発せられると
思います。

また

>どんなに場数をこなしていても、決して思い通りにばかりはいかなかった筈です。
>でも、決して悟らせる様な素振りも見せない、プロですね。
>お客さんの要望に最大限応えようとしている姿も見事です。

>自分で多少なり作業してみるとわかる様な気がします。

こう書かれ 私の言わんとすることを的確に指摘してくださっています。

X300ではアイドリングの失火で難問題対策班の方が対応してくれました。
私自身 ECUを中古で手に入れ自分で交換したりしましたので 苦労が
分かります。そして 自分で調べてみて分かったのは 何カ所も新たに
アースを弾き直してくれていたのです。でもそれは請求になし。

X305のヘッドガスケット抜けでも 最高の整備をリーズナブルに行って
もらいました。あのエンジンとW140初期型のV12が私の中で史上最高の
ドライバビリティーをもつ車になっています。

今回 サービスとメカの方とお話をして 聞こえてくる数少ないお話。

メ「ドアノブが全て動きが渋かったので治しておきました」
サ「プロペラシャフトの振動がでないように バカ穴になっているマウントを
  何度か調整して振動がでないようにしてあります。
サ「ステアリングのラックのブッシュはこれです。リアサブフレームマウントは
  これを交換しましたが車高にはそれ程大きな効果はありませんでした」

S1191さんも このお話を聞きたかったと言われました。
やはり自分で少しでも整備すれば メカの大変さ 技術や経験の価値が分かります。

屋根があるとは言え この寒空の下 工具を持つことがどんなに冷たいか?
私もX305を売りにだすとき 燃料ホースからのゴトゴト音がでて 前に対策
してもらったのですが自分で燃料ホースとボディーの間にゴムを敷いたり
しました。

そんな経験があるからこそ プロの大変さが想像できる。
そして 今の走りの心地よさが体に染み渡ってきます。
古い車の維持 メンテをしてもらうことはありがたいことですが それが
ディーラーとして技術のみならず中古のパーツの手配 ヒーターコアのリビルト
できる限りの方策や経路と持ちながら、最後の砦としての気概をもった体制で支えてくれる。
とすると多少のコストは当然だ と思わざるを得ません。
12ヶ月点検 基本整備代が5万円から、これは上記の体制への賛同の証
だと思います。


明石家さんまさんの独占インタビューで 「一流とは?」の質問に
明「上品であることかなぁ・・」
と答えられていました。

ジャガーを整備にだすたびに慇懃な対応とは別にサービスを通して感じます。
私の仕事でもそうありたいと思います。


↓ X305はステレオをリペアしたり自分でも手をかけました。 上げると重いんですよね。
  それと3台の構図  私にとって今までの車趣味の集大成を見るようです。
 

酔ったついでに

 投稿者:S1191  投稿日:2017年12月24日(日)22時17分25秒
  わんこさんから、整備内容の概要を教えて貰いました。

窓口の方だけでなく、実際に作業したメカニックさんからの話も聞けました。

結果を報告してくれているのですが、お客さん相手に決して苦労話はしていない。
そんな気がしてなりません。

どんなに場数をこなしていても、決して思い通りにばかりはいかなかった筈です。
でも、決して悟らせる様な素振りも見せない、プロですね。
お客さんの要望に最大限応えようとしている姿も見事です。
だって、見積り通りの作業から妥協しながら、お客さんの満足を目指している訳で。

わんこさんも相当の実体験をお持ちですが、自分で多少なり作業してみると
わかる様な気がします。
 

う~ん

 投稿者:S1191  投稿日:2017年12月24日(日)22時03分27秒
  少しだけ整備から戻ったDD6を味あわせて頂きました。

確かに、違う。でも、どこをどう違うかを表現する力がありません。
雑誌に試乗記事を書く人達の持てる力を羨ましく思います。

そんな事より、わんこさんが自重した残された課題をさっさと片付けたい衝動に
駆られます。

本当は、こんなんじゃない、んだけど、今はこれで我慢、と云うか、いつかは
ちゃんとする、みたいな自己弁護で済ませてしまう・・。

そういう緩い世界と別次元を改めて教えて貰いました。
わたしも、全力を尽くしたいと思います。

で、高速道路も味わいたいですね。どうなんでしょう。
 

何て言ったらいいか

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年12月23日(土)20時00分11秒
編集済
  S1191さん

早速のレスをありがとうございます。
とにかく走っていて凄く目立つのが分かりました。
多くのドライバーがこちらを見ている。

そして乗ってみてこんなに気持ちの良い車なんだ! が正直なところです。
イギリスって国は オタクの国だそうですが
やるもんだなぁ です。

食わず嫌い 所有せずに語るべからず

.
 

一刻も早く

 投稿者:S1191  投稿日:2017年12月23日(土)19時51分47秒
  私も確認させて頂きたいものです。

都合の調整後、ご連絡させて下さい。
 

初期整備 仕上がり

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年12月23日(土)19時26分41秒
編集済
  今日 お借りしている シリーズIIIのダブルシックスの整備が終わったので
引き取ってきました。
いつもお世話になっている ジャガー杉並 私のX300 X305では大変お世話に
なりました。
訪れると Fタイプの400なる限定車が飾ってありました。



FTypeは 2人乗りで全長が短く 走るにはよさそうな大きさです。
車幅は190cmを超えていますが ご覧の通りとてもコンパクト。
1291万円と手が出ませんが ポルシェ以外のスポーツカーとして 貴重だと
思います。
座らせてもらいましたが 室内はタイトだけど雰囲気はさすがです。

さて いつものサービスの方から写真付きで丁寧な説明を受けて お支払い完了。
そしてグローブボックスの整備の確認をしてもらって その場で調整してもらって
引き取りです。

ジャガー杉並にはX305のセンテナリーは超極上があったり まあ マニアの最終地点
聖地であります。今回ヒーターコア-もリビルトですが 中古パーツ リビルトを含めての
対応はディーラーとしての気概が感じられます。
その中でも私がお借りしているシリーズIIIは 美しさでも造形の深さでも際立っていました。

今回はメカの方ともお話ができて この個体に対する評価も聞けて 大変
有意義でした。室内保管の問題点も分かりました。
整備代は約1鳥ですが 色々と気を使ってもらいその上配慮してもらったので
とてもリーズナブルと言えます。
また 有りがたい貴重なお話 対面(言いたいけど我慢)も出来て やはり
この最高の工場にだす有りがたさを感じています。
私の将来も決まったようなものだと思います。

安ければ良い 整備は走れるだけで良い そんな方にはありえない出会いが
あるのです。技術と信頼に原資を出せる方 場所を間違えてはいけません。
私はジャガーに乗る以上 担当のサービスさん そしてメカがいるこちらの
お世話になることが必須だと感じています。


さて 乗ってみると



別物になっていました。当初の如何にもクラシックカーを気遣って乗らなければならない
から 普通に乗れるようになりました。
エンジンのピックアップ ブレーキの信頼性 足回りの猫足ぐあい 繊細な操作系
いずれも これぞシリーズIIIの本懐であると思います。

ごらんのみなさま なぜ シリーズIIIのダブルシックス 業界の人たちがこぞって
最終型を購入したのか? その一端が感じられる車になったのです。
ご興味の有る方 是非乗ってみてください。

私は人生の貴重な時間を 最高の車とすごします。
原資は働けばまた手に入りますが 時間はもどらない。
 

/278