新着順:135/5638 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

妄言をご容赦ください

 投稿者:わんこ  投稿日:2018年 4月 3日(火)08時58分59秒
  通報 編集済
  S1191さん

おはようございます。

素人の妄言に近い戯言にお相手をしてくださりありがとうございます。
理論や技術面と雰囲気やデザインとソフトの面をごちゃ混ぜにされてのお相手は
大変だと思います。適当にあしらってください。


>日本車の怖い所は、世界(特に米国と欧州)で受け入れられた所にあると自分では
>思っています。なぜか。
>欧州メーカー(やBIG3)が、これで通用するなら「仕方ない」と思ったことが無いか、
>気懸りだからです。
>彼らの伝統とか拘りを壊しかねない…。
>心配無用、大丈夫と彼らが言ったとしても、経済的な勝敗は無情なものです。

過去の日本の車造りが世界を席巻したころのお話でしょうか?
私には殆ど分からないところですが 32GT-Rをベンツ社が10台も買って研究した
とは嬉しいお話です。

今は時代が変わっていると思います。排気ガス規制を含め
政治的な思惑が入ってEVの方向性とか難しい面があるのだと思います。

S1191さんにもらった雑誌を拝見しました。
基礎的な研究を地道に行っている立派な技術者の人たちの努力や蓄積の上に
製品ができていることが想像されます。
それが魅力的な製品として評価され売れることを願わずにはいられません。


>わんこさんが、DD6の話だよ、同時代のW123持っているよねと振ってくれています。
>ベンツはW116の450SELとW124の320Eも10年以上の経験があります。
>W123は300DセダンでPM-NOxも通してあります。

ベンツセダンが一番ガッチリ重厚だった時代のW116 W123 W124をお乗りだったの
ですね。特にW116をお乗りだったことは記憶から抜けていました。
あの経験があるかないか? でセダンに対する安心感とかボディー剛性感や
ステアリングやブレーキのフィーリングについての判断は変わってくると思います。
脳は経験したことしか理解できない。


私はどちらかと言えば スポーツカーよりゴージャスセダン系が好きなので
その辺のお話をしたいと思っています。
20年くらい前 アコードの開発主査?の方から
「ホンダは懐古趣味は行わない」
と言われたことを覚えています。N1は見た目は見事に懐古趣味ですが
ホンダの先進性や独創性が こと快適なセダンを造るのに邪魔になって
いたように思います。
私が「55,6年式のベルエアくらいのディメンションで快適なセダンを造るのは
どうでしょうか?」と聞いたことに対してのお答えでした。
今はアルファードを移動に使う方が多いようです。

本来であればホンダ もちろん日産から世間のお父さんが憧れるような
セダンが生まれてくれればいいのに と思います。
どうして造ってもらえないのでしょう?

 コストがかかってもいいから 欲しくなるような車を造る

そんなテーマとなったらどんな車が造れるでしょうか。
そして仕上げられた車がユーザーや社内の人から憧れの対象にならないと
メーカーとしてのブランドイメージの確立は無理だと思います。
低価格の車の販売にも波及しないように思います。
例をあげて失礼ですが LSとSクラスでは憧れの対象となるには依然大きく違う。
(私がヨーロッパかぶれの見方をするからだ とのご意見は甘受します)

シリーズIIIだって、最初からあれほど洗練されていたのではなく
マークIIやもっと前の車 そしてシリーズIIの伝統を踏まえ完成したのだと思います。
つまり理想を追い求める気持ちが礎として必要で その歴史が文化や伝統になる
くらいの継続が必要で、その為にも車造りをされる方には
本当にゴージャスな車に触れられ理想をもってもらいたい、と思います。




 
》記事一覧表示

新着順:135/5638 《前のページ | 次のページ》
/5638