teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: 仕事はじめ?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 1月 9日(木)15時54分50秒
返信・引用
  > No.5253[元記事へ]

脇さん、こん**は。

この艦、76ミリと艦橋の間にRAMを後日装備することで設計されたのですが、
結局そのままに。

一時、スウェーデン製の対潜小型前投兵器を搭載することも検討されましたが、
いつの間にか立ち消えに。

結局中途半端な能力のままで使い道がなくなり、今では同型6隻中の2隻が呉
在籍に (^_^;

計画当初から私達は大反対だったように、HS搭載のDDを2~3隻建造した方が、
余程ましでしたね。
 
 
 

Re: 仕事はじめ?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 1月 9日(木)15時43分13秒
返信・引用 編集済
  > No.5253[元記事へ]

脇さん

自国船舶の通商保護は古今東西の海軍の大きな役割ですね。

それを“調査・研究”で行かされて、命をかけろと言われる派遣隊員は堪ったものでは (^_^;

そしていつでも役人や制服を着た能吏達は、

あとは現場で良きに取り計らえ、ただし何かあれば責任はとってもらうから。上手く行けば
手柄は全て俺のものだけど。

ですからねえ。

 

仕事はじめ?

 投稿者:  投稿日:2020年 1月 9日(木)09時35分43秒
返信・引用
   こんにちは。
ご近所付き合いだけでも大変なのに、あっちや、こっちや・・・
えらい年になりそうな?・・・(^_^;)です。
 

本年最初の定期更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 1月 5日(日)12時10分8秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

本年最初の定期更新は、『海軍須知』コーナーの第6話『錨地まで5マイル』に
「横須賀」と「佐世保」を追加し、「呉」の参考補足に写真の追加など少し修正
しました。

 

謹賀新年

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 1月 1日(水)13時41分49秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

良いお年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
ご来訪の皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。


で、ご挨拶だけで終わってしまっては何ですので、『海軍須知』コーナーに第6話として
『錨地まで5マイル』を開設しました。

これは海自OBの木津忠則氏が書かれた同名の『錨地まで5マイル』の全文をご紹介すると
ともに、原文は文章だけですので、地名・地物などは一般の方々はもとより、海自の現役・
OBでも運航関係配置でない人達にとっては少々判り難いものがあろうかと思いますので、
ご参考として私の手持ちの海図などにより補足したものです。

取り敢えず今回は“呉”をご紹介します。


 

Re: 20200101

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 1月 1日(水)13時34分14秒
返信・引用
  > No.5249[元記事へ]

脇さん

明けましておめでとうございます。 こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。
 
 

20200101

 投稿者:  投稿日:2020年 1月 1日(水)10時32分0秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます
   本年もよろしくお願いいたします・・・m(__)mです。

「美しい国 日本」では紙屑も桜の花びらにかわります。
 

Re: 山の上から・・・

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年12月25日(水)13時15分59秒
返信・引用
  > No.5247[元記事へ]

脇さん、こん**は、寒くなりましたね。

ご紹介ありがとうございます。 それにしても、最近の商船は面白い作りの
ものが色々出てきますね (^_^)

 

山の上から・・・

 投稿者:  投稿日:2019年12月25日(水)08時54分20秒
返信・引用
   こんにちは。
複雑な造りの煙突? ・・・(^_^;)です。
 

更新のお休み

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年12月22日(日)17時21分43秒
返信・引用
  今週のサイトの更新はお休みです。

まだまだ公私共々バタバタしておりますが、週明けには何とか年末モードに
入れるのではと期待をしていますので、もしそうできた時には来週辺りから
サイトの更新も行っていきたいと思っています。

もう3日後はクリスマスですが ・・・・ (^_^;

 

Re: 操艦号令

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年12月19日(木)12時18分21秒
返信・引用
  > No.5244[元記事へ]

劔さん

それは良かったです。

では。

 

Re: 操艦号令

 投稿者:  投稿日:2019年12月18日(水)15時07分39秒
返信・引用
  > No.5243[元記事へ]

桜と錨さんへのお返事です。

返信ありがとうございます。また遅くなりましてすみません。

艦内号令詞拝見致しまして納得を得る事が出来ました。

ありがとうございます。
 

Re: 操艦号令

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年12月13日(金)12時23分21秒
返信・引用
  劔さん

ご了解いただけましたでしょうか?

 

Re: 操艦号令

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年12月10日(火)12時29分59秒
返信・引用
  > No.5241[元記事へ]

劔さん、初めまして

>帝国海軍でも赤黒のように速力指示以外で

はい、海上自衛隊は旧海軍の号令詞をほぼそのまま使用しております。
 
 

操艦号令

 投稿者:  投稿日:2019年12月 9日(月)21時59分49秒
返信・引用
  初めまして。初投稿失礼いたします。ふと思った疑問を投稿させていただきます。
海上自衛隊では速力指示で「赤○○」と「黒○○」と用いる事を知りました。
そこで思ったのですが、帝国海軍でも赤黒のように速力指示以外で色を用いて操艦号令を出したりしたのでしょうか?
 

Re: バンバ(バノバ)基地

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年12月 9日(月)13時00分41秒
返信・引用
  > No.5239[元記事へ]

T.Kさん

>今回の慰霊の旅は団体行動ですが近くに行ければ

何某かの成果が得られるとよろしいですね。

 

バンバ(バノバ)基地

 投稿者:T.K  投稿日:2019年12月 8日(日)13時57分28秒
返信・引用
  有難うございます。
小生もバノバ基地とインドネシア方面の地名とは地理的に???でした。
ご連絡頂きました次の考え方が一番可能性があるように思います。
「比島方面ということですと、クラーク航空基地群の一つに陸軍の「バンバン」(Bamban)
飛行場があり、ここは海軍も使用していましたのでその可能性もあるのではとも思いますが、
ただ昭和20年1月となると・・・・?」
昭和20年1月初めの頃に日本の軍隊が利用できる状況なら多分そうかと思います。
今回の慰霊の旅は団体行動ですが近くに行ければと思います。
 

Re: 海軍航空隊の基地

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年12月 8日(日)12時38分16秒
返信・引用
  > No.5237[元記事へ]

少し捕捉を

サイトで公開している旧海軍の通信関係史料にある航空基地リストですが、この内


No.152 の スマトラ島西端の Kota Banda Ach にあった「コタラジャ」基地は、現在の
「スルタン・イスカンダル・ムダ国際空港」(Sultan Iskandar Muda International
Airport )の前身、

No.161 の ボルネオ島南東の Bandjarmasin にあった「バンゼルマシン」基地は、現在の
「シャムスディン・ノール空港」(Syamsudin Noor Airport) の前身


ですが、それぞれ旧海軍時代に 「コタラジャ」「バンゼルマシン」 以外で、「バンバ」
「バノバ」などと呼ばれたことはありません。

そして、この両基地から飛び立った偵察機が “比島方面で撃墜された” とするのは
地理的に少々無理があるでしょう。

 

Re: 海軍航空隊の基地

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年12月 4日(水)18時05分52秒
返信・引用 編集済
  T.Kさん

>バンバ基地発進後行方不明

残念ながら海軍の航空基地で「バンバ」というのは寡聞にして存じません。

比島方面ということですと、クラーク航空基地群の一つに陸軍の「バンバン」(Bamban)
飛行場があり、ここは海軍も使用していましたのでその可能性もあるのではとも思いますが、
ただ昭和20年1月となると・・・・?
 
 

海軍航空隊の基地

 投稿者:T.K  投稿日:2019年12月 4日(水)14時23分27秒
返信・引用
  昭和20年1月2日と2月11日に小生の叔父2名が戦死しました。
小生の母親が叔父の姉になりますが結局子供の小生が母親の家系を継ぐことになりました。
亡くなった2名は二人とも海軍航空隊に所属しておりフィリッピン方面で戦死と聞いておりました。
小生も高齢になり何とか二人の戦没状況を調べて戦地に慰霊に行きたいと思っております。
ところが1月2日に亡くなった叔父の状況が良く分かりません。
(2月11日に亡くなった叔父はフィリピンのリンガエン湾と判明しました)
厚生労働省でも調べて頂きましたが「第752海軍航空隊附きとして勤務中のところ昭和20年1月2日午前9時、バンバ基地発進後行方不明となる。当日の状況から途中敵機と交戦により被弾し、同日比島方面において戦死と認定されている」との事です。
バンバ基地については貴方の資料で確認したく思いましたが良く分かりません。
直前の欄には 昭和19年6月2日偵102(752空) 木更津派〇勤務・・・とも記されています。
古い書類ですのでバンバはバノバ、ベノバとも読めそうです。
どこの国にあった基地か分かりますでしょうか?
英文でNo152 Kota Banba Ach  Sumatra Island    No161 Banjarbaru Borneo Island
との記載もありましたので関係があるのかな????とも思っております。
分かりましたらよろしくご教示下さい。   T.K

                      2019.12.04
 

レンタル掲示板
/179