teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:テツオ  投稿日:2019年 1月 2日(水)16時04分54秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。
リクエストの方、検討して下さってありがとうございます。
まだまだ寒い日が続きますが、どうぞお体にはお気をつけくださいませ。
しかし豚コレラにレーダー照射問題と、自衛官の方々には気の休まらない年末年始となりました。
今年は何事も無い事を祈るばかりです。
 
 

謹賀新年

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 1月 1日(火)22時48分34秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

明けましておめでとうございます。 皆様良いお年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

昨年末にはご来訪60万名を達成することができました。 こんなマイナーなテーマを扱う
サイトですが、これもご来訪の皆様のお陰と深く感謝しております。


私事ですが、昨年の暮れから公私共々色々と続きまして、年末までバタバタしてしまいました。

つきましては、ご来訪60万名達成の感謝記念企画はこれから順次やっていくことにして
おりますので、暫くお待ち下さい。

そして引き続きボチボチですがやっていきますので、どうか気長に末永くお付き合いいただけ
ますようお願い申し上げます。
 
 

Re: 謹賀新年

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 1月 1日(火)18時55分58秒
返信・引用
  > No.4975[元記事へ]

脇さん、あけましておめでとうございます。

いつも楽しい話題をありがとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
  
 

謹賀新年

 投稿者:  投稿日:2019年 1月 1日(火)09時32分52秒
返信・引用
  本年もよろしく
      お願い申し上げます。

http:// 

 

今年最後の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年12月30日(日)21時38分29秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

『旧海軍の基地』コーナーにて『九州地方所在の旧陸海軍航空基地概観』の暫定ページを追加公開
しました。

一覧図のポップアップは全て設定済みですが、各基地の概説欄はまだ途中です。

旧陸軍のポップアップ・データの内、写真については全て戦時中のものを選んでおりますが、良い
ものがなかなか揃いません (^_^;

後は南西諸島と台湾が残っておりますが、これらは年が変わってからボチボチとコンテンツを作る
ことにしております。

その前にまずはご来訪60万名達成の記念感謝企画を新年早々からやらなければ (^_^)


マイナーなテーマを扱うサイトですが、今年も多くの方々のご来訪をいただきましてありがとう
ございました。

皆さん良いお年をお迎え下さい。 そして来年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

Re: 「寒気(さむけ)」

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年12月30日(日)19時50分51秒
返信・引用
  > No.4972[元記事へ]

HN加賀さん、こん**は。

>風邪の流行も始まり、小生もマスクをして

あれ、健康には十分ご留意ください。

それにしても年内に雪景色ですか。早いですね。

私が昔金沢にいた3年間は年内には降らず、37豪雪の時も大晦日の夕方から降り始めたことを
覚えております。


>今回石川県能登半島沖で

防衛省が証拠映像を公開しましたが、クルーは極めて冷静に対処していましたね。

もっとも、海上自衛隊の哨戒機は、通常の哨戒任務では攻撃武器の類を搭載しておりませんし、
そもそも自衛隊法上反撃の権限を与えられておりません。

今回の韓国海軍も、それを承知の上での舐めきった愚行なのかも。


 

「寒気(さむけ)」

 投稿者:HN加賀  投稿日:2018年12月29日(土)10時58分30秒
返信・引用
  桜と錨様こん○○は。新年を迎えようとしている日本。強力な冬型の気圧配置のため日本海には強力な寒気団が居座っています。北陸地方も寒さが増し、雪景色となっています。風邪の流行も始まり、小生もマスクをしてこの文章を作っています。
さて、今回石川県能登半島沖で某国駆逐艦がジャパンネイビーのP-1哨戒機に対してFCレーダーを照射した事件について、防衛省は28日に当時の動画データを同省ホームページで世界中に公表しましたね。哨戒機の機長やクルーの方々の沈着冷静な対応の一部始終がよくわかりました。我が国の一貫した主張への某国の二転三転する言い訳に、遂に我が国から動かぬ証拠の一つが明らかにされました。お互いの主張が食い違う場合、主張を裏付けるものが証拠です。今回我が国が世界に示した証拠の映像に対して、某国の言い訳を十分裏付ける反対証拠が世界に示せるのか、世界中の人びと見守りつつ判断したいと思います。相手からFCレーダーを照射され、ロックオンされながらも沈着冷静にその任務を遂行されたジャパンネイビーの皆様の益々のご武運をお祈りいたします。冬の日本海に居座る冬の寒気団の「寒気」とは別の「寒気(さむけ)」を覚えた今回の事件。亥年の来年を控え、沈着冷静に双方が熱心に取り組んで早期に解決されればいいですね。決して稚拙で猪突猛進となりませんようお祈りしております。桜と錨様始め、読者の皆様良い年をお迎えください。
 

Re: 時鐘

 投稿者:もも  投稿日:2018年12月26日(水)20時21分56秒
返信・引用
  > No.4970[元記事へ]

桜と錨さま
 大変丁寧なコメントありがとうございます。
艦内神社の開眼の入魂式の話は私も誤解をしている一人でした。
船の魂が神社に宿っているので、時鐘は備品として大切にされてはいても神聖視されるようなモノでは無いということがよくわかりました。
私が見た鐘もごく薄く刻印がされていたか、いくつか艦内にある鐘のうちの一つだったのかもしれません。

前の書き込みで書き忘れていましたが隼鷹の鐘はFordham Universityにあり、チェスター・ニミッツ提督の寄贈だそうです。
 

Re: 時鐘

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年12月26日(水)18時59分0秒
返信・引用
  ももさん、初めまして。

ご来訪いただいているようでありがとうございます。

>イギリスでは船の魂はベルに宿ると考えられている

時鐘の話しをありがとうございます。

諸外国では海軍も含めて“Ship's Bell”と呼んで大切にしており、伝統的にその艦船の名前や
紋章を刻んだものが用いられていますね。

これに対して、日本の場合は古くから「艦内神社」を祀って大切にしてきました。これは現在の
海自艦船でも同じです。

この艦内神社というのは、元々は和船の時代から船大工達がその船の航海の安全を願って帆柱の
根本付近に祀ったのが始まりで、これを「船魂」と呼んでおります。

そして旧海軍や海自ではこれに魂を入れる、即ち開眼のために各艦ごと就役前にそれぞれで神社
を選んで入魂の儀式をお願いしております。

とは言え、当該神社は開眼の儀式を行っていただくもので、あくまでも艦内神社はその艦船の
「船魂」であって当該神社そのものを祀るわけではありませんので、その意味では宗教的な要素
はありません。

( この点は、旧海軍でも海自でもその乗員も含めてちょっと誤解をしている人が多いのですが
・・・・ )


これもあって、旧海軍でも現在の海上自衛隊でも、この時鐘自体にはそれ程の重きを置いている
訳ではありません。

したがって、旧海軍では艦名が入っていないものがあったかもしれませんし、海自の私が艦長を
した「きりしま」のように文字が極めて薄くしか刻まれていないものもあります。


とはいっても、「時鐘」はその名のとおり30分刻みで時刻を告げるものですので、今のように
個人の腕時計などが普及する以前にあっては、旧海軍でも時鐘番兵をおいて厳格に管理して大切
に扱っておりました。

またご承知のとおり、海上法規によって停泊中に視界不良となった場合や火災発生時においては
他の艦船にこれを知らせて注意喚起するために鐘を打ち鳴らすことが定められており、このため
「時鐘」とは呼んでおりますが同じものを艦橋付近(信号員待機所など)にこれを装備しています。

また艦内の拡声器が発達していなかった時代では、大型軍艦では艦内全般及び艦上にこれ一つで
一斉に聞こえるようにすることは難しいと思われますので、用途、状況によりいくつかが使い分け
られていたと考えるのが自然です。

私も詳しく調べたことはありませんが、これらのこともあって同じ鐘が少なくとも舷門付近(停泊
中)、艦内の警衛伍長室付近、及び艦橋付近に置かれていたのではと考えています。

もちろん正式なその艦の時鐘は一つなのでしょうが、海上自衛隊でもその規格などは見たことが
ありません。


私が若い時にはまだこの時鐘を定時に鳴らす伝統を守っている艦(艦長)があり、母港停泊中に
あちこちから聞こえていたものでした。

特に朝8時の艦旗掲揚時に鳴らす風習はかなり後まで残っていましたね。

今ではまだあるにはあるもののほとんど使われることはありませんので、懐かしい思い出です。

話題をありがとうございました。





 

時鐘

 投稿者:もも  投稿日:2018年12月26日(水)02時53分6秒
返信・引用
   はじめまして。以前から時々訪問しております。貴重な資料の数々をわかりやすく解説していただいでありがとうございます。
 話は変わりますが、先日アメリカに行った時に空母隼鷹の時鐘というものを見たのですが、高くて遠い位置にあったものの一見なんの刻印も無いようでした。これ以外には「いはて」と刻印のある装甲巡洋艦磐手の鐘はよく知られていますが、三笠の被弾した時鐘は刻印がないようです。船外用とブリッジ用の違いがあるのかもしれないとも思いましたが調べても詳細は分かりませんでした。旧軍では自衛隊と異なって鐘に必ずしも艦名を入れる決まりは無かったのでしょうか?
イギリスでは船の魂はベルに宿ると考えられているようで色々資料を見ますが、イギリス海軍の伝統を取り入れた日本海軍ではあまり時鐘の話や写真を見かけないのは不思議です。
 

ご来訪60万名達成!

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年12月24日(月)20時35分44秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

ご来訪の皆様の日頃からのご愛顧に感謝いたします。

いや~、昨日お知らせした後あっと今に到達してしまいました。

HN加賀さんからキリ番前後のご申告をいただき、またカウンター画像のコピペは無いもののキリ番も
氏の奥様が踏まれたとのことです。

多分重複では表示されていないと思いますが、一応念のため2~3日してキリ番のご申告がなければ、
HN加賀さんに前後賞ということで「きりしま」のマグカップを差し上げることにいたします。

記念感謝企画の方は、先にも申し上げましたとおり、年が明けましてから行いたいと思いますので、
こちらは暫くお待ち下さい。

現在「九州地方所在の旧陸海軍航空基地」のページを作成中です。 数が多いのと、陸軍関係は具体的な
データがなかなか揃いませんので、思わぬ手間暇を取られてしまいました。

ポップアップ・データの方は全て作成を完了しており、一覧画像への設定を行っている最中です。

こちらは何とか年内に公表にこぎ着け、その後に感謝企画に取りかかりたいと思っています。


>HN「あ」さん

ありがとうございます。 タッチの差でしたね (^_^)


>HN加賀さん

ありがとうございます。 そしておめでとうございます。

上記のとおり、数日待って別の方ご申告がなければ前後賞とさせていただきます。
なお念のために、最下段の「管理者宛メール」にて再度お送り先をお知らせ下さい。


>HN「テツオ」さん

初めまして。 また、コメントをありがとうございます。

感謝企画のご要望の件は承りました。 ただ現代戦について具体的な現用のものについては守秘義務の
関係もありなかなか難しいところがありますが、戦後の資料関係で珍しいものを採り上げてみたいと
思います。


 

初めまして。

 投稿者:テツオ  投稿日:2018年12月24日(月)10時49分26秒
返信・引用
  初めまして。このサイトではいつも楽しく学ばさせて頂いています。
600000ヒットの快挙、おめでとうございます。
この度は+-14人の方が自己申告しない可能性に賭けて、初めて書き込んでみました。
まあ、仮に申告者が他にいなくてもここまでズレるとお流れでしょうかね。(笑)

ところで感謝企画の方、個人的には現代戦講堂のテキスト・コンテンツが見てみたいのですが、いかがでしょうか。
いずもの空母化・北朝鮮問題・F35大量購入などで世間でも現代海戦に関心が高まりつつある中、
アクセス数も更に伸びるのではないのでしょうか…
と無理に誘導してみますが、本当は自分が読みたいだけです。
 

来訪60万名の前後踏みました

 投稿者:HN加賀  投稿日:2018年12月24日(月)00時22分44秒
返信・引用
  桜と錨様  こんばんは。先程天皇誕生日の午後11時21分頃、幸運にも訪問600,000名の前後599,999と600,001を小生が踏ませていただきましたので、ご報告させていただきます。因みに栄えある訪問600,000名を踏ませていただいたのは、私の家内で、小生も家内のカウンター画像を目視で確認し、大喜びしていたのですが、残念ながらカウンター画像のコピペはできなかったそうです。家内共々これからも「桜と錨様の海軍砲術学校」を楽しみに応援させていただきます。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2018年12月23日(日)23時28分8秒
返信・引用
  おしい
 

間もなくご来訪60万名!

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年12月23日(日)17時36分56秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

こんなマイナーなテーマを扱うサイトですが、嬉しいことに思っていた以上に早くもあと100余で
ご来訪が60万名です。

年内には達成出来るものと思います。 これもご愛読いただいている皆様のお陰と感謝いたします。

相変わらずバタバタしておりますので、感謝記念企画は年が明けましたら準備でき次第順次公開
して行くつもりです。


なお、これも折角ですので、キリ番賞を行いたいと思います。

今回は私が「きりしま」艦長の時にCPOが新しいマークのものを作ってくれたマグカップ ↓ です。
新品でまだ私の手元に残っている最後の1個です。

キリ番を踏まれた方は、サイト・トップ頁下段のカウンター画像をコピペしてご申告ください。

もしキリ番のご申告が無い場合には前後賞とさせていただきますので、前後を踏まれた方も
念のためにご申告いただければと存じます。


 

Re: 「冬の能登半島沖波高し」

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年12月22日(土)23時21分48秒
返信・引用
  > No.4962[元記事へ]

HN加賀さん、こん**は。

>某海軍駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた

FCレーダーの使用は国際法上の武力行使、即ち実際の敵対行為ですから、正当防衛として
相手を攻撃できますね。

もっとも、艦艇や装備はもちろん、人も組織も三流どころか四流ですから、まともに相手に
するのも大人げないかも。


 

「冬の能登半島沖波高し」

 投稿者:HN加賀  投稿日:2018年12月22日(土)14時39分57秒
返信・引用
  桜と錨様こん○○は。大変ご無沙汰しております。平成最後の12月も残り僅かとなりましたね。今年は波荒い日本海の寒ブリが豊漁で重さ10キロを超える大物も多いです。先日、小生も脂の乗ったブリの刺身を美味しく頂きました。
    ところで、12月20日、寒ブリやイカがたくさん泳ぐ能登半島の沖を飛行する我が国のP -1哨戒機に対して、付近を航行する某海軍駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けたとのニュースがあり、とても驚きました。美味しい寒ブリを買い求める私たちが暮らす平和な日本を護るため、年末年始も日夜活動されている自衛隊の皆様の安全な任務の遂行を心よりお祈りしております。あちこちでヒューマンエラーが問題になり、いろいろな被害が発生している昨今ですが、あってはならない「対空戦闘。撃ち~方始め」にならないように注意してもらいたいと思います。
 

もうすぐご来訪60万名

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年12月17日(月)01時54分12秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

お陰様であと千名弱でご来訪が60万名の大台に乗ります。

感謝企画はこれから考えますが、おそらく年明けになろうかと。

もし何かこういうものをというご要望がございましたらお聞かせ下さい。

そして、折角の大台ですからキリ番賞もやりたいと思います。
これも何がいいでしょうかねえ。

どうか、お楽しみに。

 

Re: 本格空母

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年12月17日(月)01時47分25秒
返信・引用
  キャプ専クックさん

>シミュレーションゲームをしてる

よくお判りですねえ。 ただ、ゲームでなくて訓練ですね。 そして“あまり暇なので”という
より、イージス艦、特に横須賀を母港とする「きりしま」は航海中も停泊中も忙しすぎて個艦の
訓練をする暇(時間)がないのです。 したがって、こういう機会を捉えてCDCのチーム訓練
をするのです。

イージス・システムには(と言うより米海軍の全てのシステムには)極めて充実した訓練機能が
備わっています。

ですから、海空訓練では1~2名に実際の状況を監視させておき、時々その報告を聞きながら
指示を出して空自機の対処までを彼等に任せておきます。

そして艦長を含むその他の全ての要員は設定したシナリオに基づく遙かに高度で複雑な状況に
対応する訓練をするのです。

もちろん、リアルの方も、シミュレーションの状況も全て詳細にシステムに記録されますから、
両方とも後で結果の解析は簡単にできます。


>陸海空それぞれの専用機が必要

仰るとおりで、陸・海・空の態勢と運用はそれぞれがそれぞれで必要な理由があるからこそで
あって、空を飛ぶものは全て空自が担当(空自さんはそう思っているようですが)など出来る
ものではありません。

事実、統合が最も進んでいるという米軍でさえ、基本は陸・海(海兵隊を含む)・空の各軍種が
しっかりとしています。

統合とは、このそれぞれの特性のある軍種を如何に調整して一つの作戦に集約するか、なんです。

それを防衛省内部部局と自衛隊(特に陸と空は)は、単に陸・海・空を共通化、平均化することが
“統合”だと勘違いしていますね。

いかにもデスクワークしか知らない小官僚や、自分の業績狙いの制服を着た小役人の考えそうな
ことばかりです。

海自が空母とその専用の艦載機部隊を持って運用することが、海上航空兵力として最も効率的かつ
能力を発揮する方法なんですが、今の防衛省・自衛隊ではまず無理でしょうねえ (^_^;


 

Re: 本格空母

 投稿者:キャプ専クック  投稿日:2018年12月15日(土)06時28分27秒
返信・引用
  > No.4958[元記事へ]

桜と錨様、こん××は

話が長くなって申し訳ありません。

> 海空訓練の時に、その時間でイージス艦のCDC(昔のCIC)では

まさか、あまり暇なのでシミュレーションゲームをしてるとか(^_^;)

だからこそ、陸海空それぞれの専用機が必要なんですよね。

飛行機だからといって全て空自に任せるなどという発想がそもそもケチくさい姑息な考え
だと思います。

私は素人なのでいささか独りよがりの発言ですが、決して空自を貶めているわけではなく、
それぞれのセクトで最高の能力を発揮してもらいたいと思うのみです。


 

レンタル掲示板
/164