teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: 走錨について

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 4月20日(月)22時00分57秒
返信・引用
  > No.5306[元記事へ]

劔さん、こん**は。

走錨による座礁事故というのは旧海軍でも結構ありますね。

ブログの方でもお話ししましたが、底質、水深、風向風速、投錨時の錨の状況などなど
その時その時で変わってきます。 絶対これで安全という方法は現在でもありません。

要は天候予察をしっかりやり、それに基づく対策をし、そしていかに早く走錨の恐れを
感知するかにかかっています。

でもまあ、「間宮」が欠と言うことは艦隊にとっては確かに不便ではあるでしょうが、
演習上はそれほど大きな問題では無いでしょうね。




 
 

走錨について

 投稿者:  投稿日:2020年 4月20日(月)15時47分45秒
返信・引用
  こんにちは。
最近アジア歴史資料センタのHPで色々な資料を見て暇を潰していたのですが、そこで給糧艦の間宮が台風で走錨、座礁した事があったのを知りました。

連合艦隊が間宮抜きで演習をやっていると思うと、さぞ不憫だっただろうなぁと思いました。
自然って恐いですね(汗
 

Re: 海軍反省会がAmazon Unlimitedに追加されています

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 4月19日(日)20時54分1秒
返信・引用
  みょるにるさん、初めまして、ご紹介ありがとうございます。

>海軍反省会がAmazon Unlimitedに

全巻揃えるとなるとそれなりの出費になりますので、ネットでの閲覧で、という方の
ニーズがあるかも知れませんね。

ただブログでも書きましたように、この「海軍反省会」は当事者達の戦後になっての
貴重な証言録であることは間違いないのですが、その一方で“今度はあいつを呼んで
きて吊し上げてやろう”的な側面がありますので、その個々の内容の取扱には十分な
裏付けが必要になります。 この点は十分な注意を要します。

 

海軍反省会がAmazon Unlimitedに追加されています

 投稿者:みょるにる  投稿日:2020年 4月19日(日)15時57分54秒
返信・引用
  はじめまして、みょるにると申します。
題名の通りですが海軍反省会がAmazon Unlimitedに追加されています。

在宅が増えるこの頃ですので、精読のチャンスと思います。
(このサイトをご覧の方は所有されている方も多いかと思いますが、これから物を知ろうかという者もいるかと思い、共有させていただきます。)

米軍は傘が任意規定なのを初めて知りました。色々な相違が面白いものです。
では、失礼しました。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 4月19日(日)10時21分41秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週のサイトの更新は、『砲術への想い』コーナーで連載しました防衛大学校での4年間の
思い出に関連して、『懐かしの艦影 戦後編』のページに、昭和45~48年に防大の夏期
定期訓練時や江田島の幹部候補生学校時代に写した呉での艦艇写真を追加公開しました。
今回はその前半で、水上艦艇が中心です。

もう半世紀前で、元々の腕の悪さに加え、今となってはプリントもネガも劣化してしまって
いますので写りが大変に悪いのですが、海自呉基地での昔懐かしい姿ばかりと思いますので、
一杯やりながらでも気楽にご覧下さい。

次回は潜水艦を予定しています。

そして、もう一つ。 『海軍須知』コーナーにて、その第7話として『海軍軍人と手傘』を
追加公開しました。

旧海軍軍人や海上自衛官は制服着用時に傘の使用が禁じられていますが、海自の場合でも、
この “規則で決まっている” ということを知らない海自現役及びOBが案外多いですね。

 

Re: 武研ころな?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 4月19日(日)10時15分20秒
返信・引用
  > No.5300[元記事へ]

脇さん、こん**は。

遂に江田島でも出ましたね。

今回の現状は、やはり国の最初の対応の失敗でしょうね。

安部首相がいくらやろうとしても、厚労相がダメ、厚労省は役人世界で能力もないし
動かない。 その他の大臣や各省庁も役に立たないところが多いですから。




 

武研ころな?

 投稿者:  投稿日:2020年 4月19日(日)08時29分27秒
返信・引用
   こんにちは。
大丈夫でしょうか? ・・・(^_^;)です。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 4月12日(日)10時58分57秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週のサイトの更新は、先週につづき『砲術への想い』コーナーに防大4年間の思い出の
ページに4学年の時の1年間の思い出を綴ってみました。

色々と思い出すままに書きましたので、ちょっと長く、ダラダラとなってしまいました。
また、夏期休暇での北海道旅行の欄が少々まとまりがないままに(^_^)

が、写真をみながら記憶を辿っての私自身のための記録と思ってください。

そして防大4学年海上要員の1年間は3学年の時以上に充実して楽しいものだったのかと、
一杯やりながらでも気楽にお読みいただければ。

併せて、『懐かしの艦影 戦後編』のページに、夏の乗艦実習時に写した写真などを追加
公開しました。 こちらもお楽しみいただければと思います。

もう半世紀前のもので、元々の腕の悪さに加え、今となってはプリントもネガも劣化して
しまっていますので写りが大変に悪いのですが、第22護衛隊と第8護衛隊との合同での
洋上訓練の様子などは艦艇勤務の一端に触れていただけるのではないかと。

 

Re: 祝200回

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 4月 5日(日)18時02分56秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

>古鷹登頂200回記念日

それはすごいですね。 おめでとうございます。

私は候補生の時に朝指定作業の号令と共に起こされ、山頂まで走って上り下り
させられて以来、自分自らでは二度と登らないことにしています(^_^;

旧第3生徒館が遂に無くなってしまっていますね。 これも一抹の寂しさが。

 

祝200回

 投稿者:  投稿日:2020年 4月 5日(日)14時34分21秒
返信・引用
   こんにちは。
自称ですが、古鷹登頂200回記念日を迎えました。

当初は週一登頂で2年以上がんばったのですが、やがて月一となり・・・
いまは年に数回、記録も取り忘れて数十年、150回以上200回未満
なのは間違いないのですが、この後、登る予定もないので、最大値を取
って今回を200回登頂記念日としました。

登り口の駐車場に「長岡」ナンバーの車があったので、もしや山本五十六
元帥の亡霊がお祝いに?と思ったのですが、古鷹山頂にはだぁ~れもいま
せん・・・(^_^;)でした。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 4月 5日(日)13時28分28秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週のサイトの更新は、先週につづき『砲術への想い』コーナーに防大4年間の思い出の
ページに3学年の時の1年間の思い出を綴ってみました。

色々と思い出すままに書きましたので、ちょっと長く、ダラダラしたところがあるかも
知れませんが、当時の防大3学年海上要員の1年間はこんなに充実して楽しいものだった
のかと、一杯やりながらでも気楽にお読み下さい。

併せて、『懐かしの艦影 戦後編』のページに、夏の乗艦実習時に写した写真などを追加
公開しました。 こちらもお楽しみいただければと思います。

もう半世紀も前のもので、元々の腕の悪さに加えて、今となってはプリントもネガも劣化
してしまっていますので写りが大変に悪いのですが、第4駆潜艇隊や第31護衛隊などの
写真は珍しいのではないかと。

 

Re: 防弾ガラスに変更(続)

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 4月 3日(金)13時19分8秒
返信・引用
  > No.5293[元記事へ]

リトルーEさん

>より多くの国民に事実を

国民は皆さんそんなことは当然やっていると思っておられるのでしょうが(^_^;

防衛省内局の役人、海幕の制服を着た能吏、そして技術幹部達。 これらがいかに
現場を知らない、現場を考えない組織であるのかを宣伝して欲しいですね。



 

防弾ガラスに変更(続)

 投稿者:リトルーE  投稿日:2020年 4月 3日(金)00時31分33秒
返信・引用
   内容的には変わりありませんが、新聞の記事と内容を昨日発売の雑誌「正論」で特集「武漢ウィルスに打ち克つ」の筆頭記事として櫻井よしこ氏の「優しさだけの日本流と訣別」がけいさいされています。その文末に「防弾ではない窓ガラス」として今回の一件に触れています。より多くの国民に事実を知ってもらえることを期待します。  

Re: 三代目?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 4月 2日(木)12時31分53秒
返信・引用
  > No.5291[元記事へ]

脇さん、こん**は。

>画像が8月~11月ころなら・・・乗ってたかも

あ~、それは残念。 多分まさにすれ違いでしたね。

この年は7月12日から21日が江田島での訓練でした。
写真はおそらく21日昼に帆走巡航から戻ってきた時ではないかと記憶して
いますが・・・・

マストの上は、怖いと言えば怖いですし、面白いといえば面白いですよね。
私はドックに入った時はいつも一度は天辺まで上ることにしていました(^_^)



 

Re: 三代目?

 投稿者:  投稿日:2020年 4月 2日(木)08時55分35秒
返信・引用
  > No.5282[元記事へ]

桜と錨さんへのお返事です。

> ↓ 昭和46年江田内における「あさひ」「はつひ」

 こんにちは。
画像が8月~11月ころなら・・・乗ってたかも・・・(*^。^*)です。

江田内だったか?呉湾だったか?、マストのてっぺんに登って、電球を
換えたような記憶が???。

 
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 3月29日(日)13時52分38秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新は、先週に続き『砲術への想い』コーナーの『小原台の4年間』に晴れて
海上要員となった2学年の1年間を追加公開しました。

思い出すままに綴ってみましたが、1年の時と異なり、海上要員としての1年間が
いかに充実して楽しかったのかを感じていただければと思います。

次に予定してる3学年の1年間は更に充実して楽しかったです。 お楽しみに。


 

Re: 三代目?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 3月23日(月)12時06分56秒
返信・引用
  > No.5281[元記事へ]

脇さん、こん**は。


現在のDD「あさひ」は護衛艦では二代目、旧海軍の戦艦「朝日」を入れると三代目に
なります。

>「あさひ」にも4ヶ月くらい乗っていました。

爆雷投射訓練をすると、自分の爆雷の衝撃で上構の隔壁がバタンと、というような話しも
伝わってきました (^_^)

私は当時遂に一度も「あさひ」「はつひ」に乗ったことが無い最初の一人となりましたが、
今にして思えば残念なことと思います。


↓ 昭和46年江田内における「あさひ」「はつひ」



 

三代目?

 投稿者:  投稿日:2020年 3月23日(月)08時42分28秒
返信・引用
   こんにちは。
PF「あさひ」にも4ヶ月くらい乗っていました。

ちょっと速力を上げると、すぐに煙突から火を噴いていました・・・(*^。^*)です。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 3月22日(日)15時18分4秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週のサイトの更新は、先週につづき『砲術への想い』コーナーで、防大4年間の思い出の
ページに1学年新入生の時の1年間の思い出を綴ってみました。

ただし、学生舎生活における2学年(16期生)と私達1学年(17期生)との間のことは
少々長くなりますので、これは項を別にして改めてお話しすることにします。

色々と思い出すままに書きましたので、ちょっと長く、ダラダラしたところがあるかも知れ
ませんが、当時の防大1学年の1年間とはこんなものだったと、一杯やりながらでも気楽に
お読み下さい。

それに、私は若い頃から日記をつける習慣がありませんので、当時の写真などを見ながらの、
私自身のための記録と思ってください。

中には、“何だ、結構楽しそうだったジャン”と感じられる方がおられるかもしれません。

その点は私も同感です。

ただしそれは、今になって振り返れば、の話しですし、この時の第14中隊における一つ
上の16期陸上要員との“1期違えば・・・・”のことは別にして、です。


 

Re: ご教示をおねがいします。

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 3月22日(日)14時46分17秒
返信・引用
  > No.5278[元記事へ]

脇さん、こん**は。

>画像は今朝の9時まえ、山は逆光の休山

このクラスもだんだん少なくなってきましたね。

 

レンタル掲示板
/179