teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 6月 7日(日)11時15分29秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

東京から娘と孫が避難してきたため、私も自宅隔離中ですが・・・・

今週の更新として、『自衛艦公式艦内配置図集』に、護衛艦「たかつき」の就役時、及び
護衛艦「きくづき」のFRAM後の公式艦内配置図を追加公開しました。

またこれに関連して、FRAM 前に「たかつき」に試験的に装備された 「NYYA-1」 の概要に
ついて、『AAW・TMDの話題あれこれ』 の第5話として公開しました。

NYYA-1 については、世間一般で言われているものとは全く違うもの、ということをご紹介
します。


 
 

Re: 出典がおかしい

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 6月 6日(土)10時52分42秒
返信・引用 編集済
  > No.5345[元記事へ]

Gay Showさん、こん**は。

>確認してみたら本当は「遠山安巳」

 はい、海軍兵学校の名簿でも「安巳」となっておりますし、何よりもご本人の著作で
そうなっていますのでこれが正しいのでしょうね。

 ただし、海軍の公式文書でさえも「安己」となっているものが沢山あることも間違い
ありませんので。

>戦後でもしばしば『丸』で執筆されていたようです。

 一般出版物には寄稿されたりしているようですが、海上自衛隊に氏が書かれたものは
全くありませんし、防衛研究所でも戦史調査や戦史叢書の編纂には扱われたものが出て
きません。

 そういう方だったのだと思います。 いろいろな意味で。

 

Re: 出典がおかしい

 投稿者:Gay Show  投稿日:2020年 6月 6日(土)00時57分26秒
返信・引用
  桜と錨さんへのお返事です。

お久しぶりです。

私も当初「遠山安己」と読んでいましたが、確認してみたら本当は「遠山安巳」でした。遠山さんは戦後でもしばしば『丸』で執筆されていたようです。

> 横陳さんへのお返事です。
>
> “普通の”「第2水雷戦隊戦闘詳報」の32コマ目ですが、それが何か?
>
>
 

確認ミスでした

 投稿者:横陳  投稿日:2020年 6月 5日(金)22時29分16秒
返信・引用
  確かに32コマにありました。大変失礼しました。  

Re: 出典がおかしい

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 6月 5日(金)22時19分52秒
返信・引用
  > No.5342[元記事へ]

横陳さんへのお返事です。

“普通の”「第2水雷戦隊戦闘詳報」の32コマ目ですが、それが何か?

 

出典がおかしい

 投稿者:横陳  投稿日:2020年 6月 5日(金)13時32分6秒
返信・引用
  Gray Showさんの
>出典は「昭和17年2月24日~昭和17年3月11日 第2水雷戦隊戦闘詳報(5)」(JACAR:C08030093800)32枚の画像です。確認してみたら、普通の「第2水雷戦隊戦闘詳報」でした。
本当は
「①中央-日誌回想-361 第2水雷戦隊作戦日誌(S16.11.7~18.3.21) 第2水雷戦隊 首席参謀 遠山 安己」ではないですか。ただアジア歴史資料センターでは、まだ公開されていないはずですが。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 5月31日(日)11時39分7秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新として、先週に続き『自衛艦公式艦内配置図集』に、給油艦「はまな」の公式の
艦内一般配置図を公開しました。

ただ、元図はあくまでも乗員等の教育訓練用のもので艦内配置が判ればよいものでしたので、
図面としては大変にラフなものです。、

「はまな」は昭和62に除籍となっていますが、現在まで、そして今後ともこういうものが
海上自衛隊から公表されることはまずありませんので、その意味では貴重なものと思います。


 

Re: 護衛艦しらね

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 5月25日(月)11時02分12秒
返信・引用
  > No.5339[元記事へ]

脇さん、こん**は。

>最後の艦内一般公開・・・(^_^;)です。

ご紹介ありがとうございます。 フレーム番号40のところで切断ですね。

致し方ないこととはいえ、こうなると船乗りとしては一抹の寂しさを感じますね。


 

護衛艦しらね

 投稿者:  投稿日:2020年 5月25日(月)07時40分46秒
返信・引用
  こんにちは。

   最後の艦内一般公開・・・(^_^;)です。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 5月24日(日)13時49分40秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新として、『現代戦講堂』コーナーの『資料展示室』に『自衛艦公式艦内配置図集』
の項を新設し、護衛艦「くらま」の公式の艦内一般配置図を公開しました。

「くらま」は既に除籍となっていますが、こういうものが今後とも海上自衛隊から公表される
ことはまずありませんので、その意味では貴重なものと思います。

ただし、こういうネット事情ですので、残念ながら一人歩き防止のためにPDF版の各図面は
印刷・加工ができない設定としており、かつ当サイトのロゴを入れております。

加えて、このようなものの性質上、拡大表示してのクリーン・キャプチャーの分割画像を合成
加工したり、それを再イトレースしたりする人がおられることも考えられすので、その
場合
には元図が本サイトからの図面であることが判るようにいくつかのトリックを入れております。

ただし、研究家あるいは元関係者の方々で本来の元図を必要とされる場合には、ご連絡いただけ
れば理由により考慮させていただきます。


 

Re: 官僚はええなぁ~~~

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 5月23日(土)23時25分46秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

今回の件は何かすっきりしませんねえ。


それはともかく、退職金は元我が社の制服を着た能吏達も同じようなものかと。

五十代半ばで定年となる私達一般隊員からすると、在職中の俸給も退職金も羨ましいですね。

 

官僚はええなぁ~~~

 投稿者:  投稿日:2020年 5月23日(土)07時47分45秒
返信・引用
  こんにちは。

   太っ腹
     賭けマージャンに 六千万 ・・・(*^。^*)です。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 5月10日(日)11時53分25秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新は、『砲術の話題あれこれ』コーナーの第10話『九六式二十五粍三連装機銃に
ついて』で、銃を構成する各部の詳細についての解説を追加公開いたしました。

一般にはほとんど語られたことのないことも併せて「(補足)」として述べてあります。

例えば、ネットでも言われる「銃身の冷却のために後鈑、後蓋を外した」などは、その両者が
どこに装備され、何をするためのものであるのかをお読みいただけば、その更に内側にある
尾栓を含む発火装置全体も外さなければ、その役には立たないことがお判りいただけると思い
ます。

もちろん、この後鈑や後蓋を外すということは、その銃は発砲できないことになりますから、
対空戦闘が断続的に生起するような状況にあっては、尾栓や打針折損などの故障措置、そして
銃身の交換の場合でも無い限りあり得ないことになります。


 

Re: 坂の上の雲 II

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 5月10日(日)11時25分48秒
返信・引用
  > No.5332[元記事へ]

IWAさんへ、こん**は。

了解しました、ありがとうございます。

井上成美についてはその評価も高い方と低い方と両極端なところがありますので、
色々出てくるのでしょうね。

私自身は、若い頃にどうも彼のことについては胸をワクワクさせるようなものが
ありませんで、あまり調べたことがありませんので・・・・
 
 

Re: 海軍魚雷発射の略称について

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 5月10日(日)11時16分30秒
返信・引用
  > No.5331[元記事へ]

Gay Showさん、こん**は。

>第2水雷戦隊戦闘詳報(5)」32枚の画像

ありがとうございました。 当時の2水戦司令部遠山安己首席参謀による昭和43年の
回想メモでは、ということですね。

残る「K発射」の定義が書かれたものがありましたら、またお知らせ下さい。

遠距離発射、隠密発射の用語からすると、K発射はおそらく「高艦速発射」のことかと
思われますが・・・・?


 

Re: 坂の上の雲 II

 投稿者:IWA  投稿日:2020年 5月10日(日)07時56分3秒
返信・引用
  桜と錨さん、閑居不善庵さん、こんにちは。

 その後、井上成美伝記刊行会「井上成美」(1982)読み返してみますと、この話はなく、阿川弘之「井上成美」(1986)にもないようです。自分がどこで見たか記憶がなく、どうもWikipediaの「嶋田繁太郎」の項の典拠なしの記述らしいです。思い込みのフェイクニュース流してもた、と反省してます。
この話、今のところ、あったかなかったというようなことに尾ひれがついた話なのだろうと思っています。
 「井上成美」(1982)によると、井上成美が自衛隊の公式行事に出席したのは、1960年4月の横須賀教育隊の開隊式の一度のみとのことです。
 お騒がせしました。 m(_ _)m
 

Re: 海軍魚雷発射の略称について

 投稿者:Gay Show  投稿日:2020年 5月 9日(土)15時42分39秒
返信・引用
  > No.5322[元記事へ]

桜と錨さんへのお返事です。

> この用語の定義が書かれた文書が見つかりましたら、ここでもご紹介下さい。

K発射(個人的には「高速」と推測)の定義はまだわかっていませんが、S、O発射の定義がわかる文書を見つけたのでご報告します。二水戦先任参謀遠山中佐の回想によると、S発射は「遠距離発射」、O発射は桜と錨様がおっしゃった通り「隠密発射」とのことです。出典は「昭和17年2月24日~昭和17年3月11日 第2水雷戦隊戦闘詳報(5)」(JACAR:C08030093800)32枚の画像です。
 

Re: 坂の上の雲II

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 5月 8日(金)15時41分47秒
返信・引用
  > No.5329[元記事へ]

閑居不善庵さん、こん**は。

了解しました、ありがとうございます。

井上成美の評価は、良い方と悪い方がハッキリ、というか両極端で、
どこまでが正確なのかというところがありますし、あれこれ色々
ありますね。



 

Re:坂の上の雲II

 投稿者:閑居不善庵  投稿日:2020年 5月 7日(木)21時12分46秒
返信・引用
  本来なら根拠を示して述べなければならないのですが、これはだいぶん前に読んだ話でその資料名も記憶がなく、IWAさんと同じ「井上成美伝」かもしれませんが、後に記すように少し食い違いがあるのであるいは別な資料かもしれません。ただ、これを投稿したのは「嶋田繁太郎が怒ったというのは何時の時なのか・・?」、「・・・旧海軍の長老が現役を怒ったというのが事実でしたら・・・」などと書かれていたので、これはIWAさんの最初の投稿を取り違えていると思い、私が読んだ話の記憶の範囲で「誰が誰を怒ったか」を確認の意味で示したものです。
参考までに記憶では『井上成美は後になってこのことを伝え聞いて、「よくも皆の前に出て乾杯の音頭などを取れたものだ。そんな立場だと思っているのか」と怒った』[はっきりこう言ったということではなく、このような意味のことを言った・・]というような不確実な記憶です。   乾杯の音頭ではなく練習艦隊の壮行会での挨拶だったともいわれているようですが、「周囲が青ざめるほど・・」という表現の記憶はないのであるいは別の資料かもしれません。      井上成美にしてみれば開戦直前から戦時中にかけての嶋田の振る舞いは許しがたい思いがあったためでしょう。
 

Re: 坂の上の雲Ⅱ

 投稿者:桜と錨  投稿日:2020年 5月 7日(木)13時47分26秒
返信・引用
  > No.5327[元記事へ]

閑居不善庵さん、ご無沙汰しております。

井上成美ですか ・・・・ ありがとうございます。 ある意味で彼らしいと言えば彼らしい
話しですね。

嶋田を怒ったというのは、パーティのあとで何かの機会に二人だけの時に直接本人に言った
のでしょうか、それともその会場で第三者がいる前で、ということでしょうか?

そもそもですが、海自のパーティで嶋田が乾杯の音頭を取ったということに何故井上が
怒らなければならなかったか、ということです。

私からすれば、嶋田に対してその様なことを怒るならば、それ以前に井上が何故その様な
パーティに顔を出したかということ自体を問題にすべきと思いますが・・・・?



 

レンタル掲示板
/179