teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


>No.4904

 投稿者:Yamauchi  投稿日:2018年11月17日(土)21時13分54秒
返信・引用
  管理者様。ご回答いただきましてありがとうございます。

大和と海上特攻に出た防空駆逐艦「涼月」が第1弾薬庫上部の第3兵員室に浸水し、第1弾薬庫内の兵士が内側から防水したおかげで沈没を免れたと色々な所に書かれているのですが、本当かな?と思っていました。当時乗り組んでいた士官もそのような事を戦後出した本に書いておられたので。

不可抗力で閉じ込められたのか、脱出を確認しないで士官が上から閉鎖を命じたのかはわかりませんが、物理的にあり得ないはずなのに、なぜこんな話が流布しているのかと不思議に感じていました。

そのように記述された理由はわかりませんが、やはり真実ではないとはっきりしたのでスッキリとしました。

ありがとうございます。
 
 

Re: 始めまして

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年11月17日(土)20時53分17秒
返信・引用
  > No.4904[元記事へ]

Yamauchiさん

>下側の区画から、上の区画に通ずるハッチを防水できるものでしょうか?

ハッチは上側から閉鎖する構造ですので、上の区画が浸水した場合は下の区画に
通じるハッチには水圧が上からかかりますので、下の区画へは浸水しません。

また上の区画が浸水した時に下の区画を防水する必要が出るような船体区画構造は
基本的に採りません。

また、被害によりダメージを受けた場合、下の区画を防水すると船体の安定性が
極めて悪くなります。

したがって、その様な防水作業も想定しておりません。

 

長門型の砲の仰角について

 投稿者:naga  投稿日:2018年11月17日(土)18時16分8秒
返信・引用
  ご対応いただき誠にありがとうございます
先ずはお礼までに
さて主題の件ですが
長門型および金剛型の主砲最大射程時の仰角が43度なのはなぜでしょうか?

物理では45度で投射した場合が最も遠くに飛ばせると習いましたし実際そうなのですが
何故43度なのという単純な疑問がわきました
最初は着弾地点と砲の直線距離と仰角がなす角度が45度とも思いましたが計算したところほとんど変化なく、
次に砲弾の受ける空力効果で2度分の角度を弾がホップするため?と疑い
つたない計算ながら若干ホップすると出ましたが
2度分の角度には遠く及びませんでした。(角度で0度12分~13分ほど)

長門型の最大仰角が43度までしか取れないのは知っていますが
これは43度で最大射程が得られたためなのでしょうか、
それとも43度以上が機構上取れなかったため最大射程時の仰角が43度となったのかどちらなのでしょうか?

お手数おかけいたしますが御教授の程よろしくお願いいたします

 

始めまして

 投稿者:Yamauchi  投稿日:2018年11月17日(土)18時10分27秒
返信・引用
  サイトを拝見しました。大変勉強になります。

海軍関連で一つ質問があるのですが、ダメージコントロールで防水作業を
する際には↓のように木材で押し付けたりして水の侵入を防ぐようですね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB#/media/File:US_Navy_091020-N-7498L-053_Sailors_secure_the_K-type_shoring_during_damage_control_training_at_the_Center_of_Naval_Engineering_Learning_Site_Pearl_Harbor.jpg

このような場合、水の侵入を想定していないようなハッチ、例えば、
上の区画から下の区画に浸水するような場合が仮にあったとして、
下側の区画から、上の区画に通ずるハッチを防水できるものでしょうか?

シロウト質問で恐縮です。
 

Re: 近畿地方所在の旧陸海軍航空基地を拝見しました

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年11月16日(金)18時53分19秒
返信・引用
  hush さん、こん**は、こちらこそいつも勉強させていただいて、その博識に感嘆させられて
おります (^_^)

旧海軍の航空基地名はともかく、旧陸軍の飛行場名については残された資料に乏しく、旧海軍の
水路部作成資料などでも正式名称かどうか疑わしいものがありますので、ご指摘のとおり旧陸軍
としての正式名がよく判らないところが多々あります。

四日市飛行場もその一つで、一応ここについては米軍資料に基づいていますが、米軍でもここが
日本側の通称として伊船と呼ばれていることは認識しています。 それでも敢えて四日市として
いることから本サイトでもこの名称を使っている次第です。


遺構のご紹介、ありがとうございます。 私も興味はありますので追いかけて見たいとは思うの
ですが、とてもその余裕はありませんし、またネット上などでもその関係の記事は沢山公開され
ておりますので、今のところ手を広げないようにしているところです。

また秘匿基地など戦時急造のものが各地に数多く建設又は建設途中でしたが、『旧海軍の基地』
コーナーでの旧陸海軍の航空基地は、一応日米の史料で整合が取れ、かつデータ類が揃っている
ところに絞って、旧陸海軍の正規の航空基地及び飛行場を一覧でご紹介しているところです。

このため例えば第二大和などはこの秘匿・分散基地の一つではありますが、日米双方の史料中に
キチンとありますし、正式な名称も定められておりますので入れております。

逆に第三鈴鹿などはその名称は終戦時の旧海軍文書にも出てきますが、正確な位置や状況を含めた
情報が日米共にありませんので省略している次第です。


どこまでを網羅するかは難しいところですが、どこかで割り切らなければなりませんので・・・・


 

近畿地方所在の旧陸海軍航空基地を拝見しました

 投稿者:hush  投稿日:2018年11月16日(金)00時26分39秒
返信・引用
   いつもお世話になっております。
 近畿地方所在の旧陸海軍航空基地、地元ですので、興味深く拝見させていただきました。
 八日市飛行場は正門が近隣の公園に残っています。
 四日市飛行場は、アメリカ軍の記録にもIFUNE A/Fと記されているようですが、この伊船は四日市市ではなく、鈴鹿市にございます。地元では、椿秘匿飛行場と呼ばれていますが、鈴鹿陸軍ト号用飛行場、追分飛行場という名称でも記されているようです。ただし、正式名称は不明ですが、四日市飛行場という名称は初めて聞きました。
 遺構としては、土製掩体がいくつか残っているようですが、私が見たのは鈴鹿市長沢町の長瀬神社駐車場脇に、相撲の土俵に改造されたものだけです。
 北伊勢飛行場については、格納庫の基礎が工場の敷地内に残っています。また、兵舎跡に建てられた亀山市立川崎小学校の正門は、飛行場の正門を移築したものです。
 なお、Google Mapで旧北伊勢陸軍飛行場掩体を検索してもらいますと、コンクリート製の掩体が出てまいります(ストリート・ヴューでも確認できます)。
 明野飛行場は、祖父が建設に関わったという話があって、私には強い関心があるのですが、門や、当時の建物が、少し残っています。
 また、記載にはございませんが、三重県内には、三重郡菰野町に竹永陸軍特攻用飛行場、津市高野尾に第3鈴鹿航空基地が建設中だったようです。
 写真は、八日市飛行場正門、鈴鹿航空隊番兵塔、同正門です。他にもありますので、もしも必要でしたら、お申し出下さい。
 
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年11月11日(日)11時50分37秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新として『旧海軍の基地』コーナーの続きで『近畿地方所在の旧陸海軍航空基地一覧』
の頁を追加公開しました。

今回はちょっと遊び心で、旧陸軍の明野、伊丹、大正の3飛行場については、少し古いですが
『航空路図誌』から平成8年現在のそれぞれのものをご紹介してみました。

さて次は一応中国・四国地方を予定しておりますが・・・・


 

Re: きりしま

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年11月 5日(月)21時24分20秒
返信・引用
  > No.4898[元記事へ]

JANETさん、こん**は。

>いまさら移動はないのかな

「きりしま」は横須賀で国内外の要人の接遇用ですから (^_^)


 

Re: 久しぶりの呉

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年11月 5日(月)21時22分26秒
返信・引用
  キャプ専クックさん、こん**は。

>訪問艦艇に旭日旗を掲げるなという常識外れの無礼な国が

まあかの国はどうしようもないところですので。

日本のマスゴミはほとんど言及しなかったようですが、多くの国が参加を取り止めたり、
参加した僅かなところも自国の軍艦旗を堂々と掲揚したりで、中には当日ドタキャン
(入港してこなかった)国もあったようですね。

>シーマンシップはどうしたのでしょうね(`ヘ´) プンプン。

潜れない潜水艦等々、シーマンシップ以前の海軍なので (^_^)


 

きりしま

 投稿者:JANET  投稿日:2018年11月 5日(月)08時36分35秒
返信・引用
  江田島のPXなら帽子があったような?
空自のT-4だったらIRANきっかけに@@基地に移動だったりするけどイージス艦は
聞かないですね、でも木っ端なw護衛艦はまま移動してますよね

もちろんきりしまは、横須賀湾巡りの船着き場にいくとチョロQきりしまもあるから
いまさら移動はないのかな
 

Re: 久しぶりの呉

 投稿者:キャプ専クック  投稿日:2018年11月 2日(金)09時10分9秒
返信・引用
  桜と錨さん、こん**は。

> 11月1日は自衛隊記念日ですね。

それは失礼しました。何せ海自にはいささか疎いもので・・・
当日は行動中の艦ではああやって満艦飾で式典が挙行されるのでしょうね。間近で見てみたいものです。

ところで余談ですが、訪問艦艇に旭日旗を掲げるなという常識外れの無礼な国があったようですが、
シーマンシップはどうしたのでしょうね(`ヘ´) プンプン。
 

Re: 久しぶりの呉

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年11月 2日(金)00時38分2秒
返信・引用
  キャプ専クックさん、こん**は。

あれっ、呉にいらしてたんですか。

>情報や写真などは大抵がよく知っているものだったので、

大和ミュージアムには元々図面と写真以外の史料は少ないですし、それに「長門」にそれほど
詳しい人はいませんので ・・・・ (^_^;

>なぜだか満艦飾を施している

11月1日は自衛隊記念日ですね。

>『きりしま』のものを求めようとしましたが、あいにくありませんでした。

「きりしま」そのものが呉には縁が薄いですから、商売としてはいたしかたないのでしょうね。
でも申し訳ありませんが、やはり「きりしま」の方が断然かっこいい (^_^)
 

久しぶりの呉

 投稿者:キャプ専クック  投稿日:2018年11月 1日(木)20時02分13秒
返信・引用
  桜と錨様、こん××は。ご無沙汰しています。

いつもブログも併せて楽しく読ませていただいています。

ところで、今日11月1日に久しぶりに呉へ行き、『大和ミュージアム』や『てつのくじら館』などを観覧しました。
『大和』は適当に流してお目当てはもちろん企画展の『長門』です。私の好きなフネなのでしっかり見てまわりました。

確かに図面などは珍しく、また例の軍艦旗なども目の当たりにして面白かったのですが、情報や写真などは大抵がよく
知っているものだったので、それは、少し残念でした。

『てつのくじら館』では、潜望鏡が停泊中の掃海母艦に向けてあったので、外に出てから私の望遠カメラで撮影したものを添付しました。
なぜだか満艦飾を施しているようなのですが、何事かあったのでしょうか。

また、いつも被っていたキャップが飽きてきていたので新調しようと思い、くじら館で管理人さんに敬意を表して『きりしま』
のものを求めようとしましたが、あいにくありませんでした。
尋ねた売店のお姉さんに「だったら同型艦の『みょうこう』が良いのでは」とのアドバイスによって購入したのが次の写真です。
しかし、さすが売店の方も詳しいですね。

ただ、戦艦を希望したのに重巡になったので少し気落ちしましたが、佐官帽なので父より出世したような気がします(^_^)b。

 

Re: 破壊工作船頻発???

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年10月23日(火)11時57分22秒
返信・引用
  > No.4892[元記事へ]

脇さん、こん**は。

まったく先日の関空での事故といい、最近の船乗りのシーマンシップは
どうなっているのかと思いますねえ。

しかも今回もぶつかった後自らは海保へ連絡さえしていないありさまで。
 

Re: 個艦訓練?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年10月23日(火)11時35分8秒
返信・引用
  脇さん、全くの仰るとおりですね。

私も都会がダメで、特に人混みの中は大の苦手です。

こちらに移ってくるまでも東京の郊外でしたが、半日都心へ出ると
グタッと疲れがでますし、何よりも空気の悪さでノドをやられます。


車で往復しますので、残念ながら花火の後はちょっと難しいかも、
です (^_^;

 

破壊工作船頻発???

 投稿者:  投稿日:2018年10月23日(火)08時08分1秒
返信・引用
   こんにちは。
日本の弱点は橋だってこと、見破られたみたい・・・(^_^;)です。
 

Re: 個艦訓練?

 投稿者:  投稿日:2018年10月22日(月)09時05分40秒
返信・引用
  > No.4889[元記事へ]

桜と錨さんへのお返事です。

> 来週の花火・・・

 こんにちは。
ご面倒でしょうが、時間が空けば是非お立ち寄りください・・・(*^。^*)です。

昨日は妻のストレスが爆発しないうちにと、街に出てお散歩をしました。
猛獣のごとくに突進する車や人ごみをぬい、0が沢山並んだ値札がヒラヒラと
舞うデパートジャングルをかき分けるのはとても苦手で、一日だけでもどっと
疲れが出てしまいました。

お散歩はやっぱ、チョウが舞い小鳥がさえずる林道や、山道に張り出す枝葉を
かき分けるほうが断然に・・・(^_^;)です。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年10月21日(日)11時41分54秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

『旧海軍の基地』コーナーでの地域別旧陸海軍航空基地所在一覧の次の更新は北陸・中部地方の
予定で作業を進めておりましたが、ちょっと基地数がありますので先に南方諸島を作ってしまい
ました。 こちらは旧陸軍2つに旧海軍4つですので (^_^;

北陸・中部地方は作業が終わりましたら公開したいと思います。


それにしても、旧陸海軍の航空基地については残された史料が少ないため、良く判らないところが
沢山あります。

それに市史などの郷土史資料はご存じのとおり内容的にバイアスのかかっているものが多く、参考
にはなりますがそのままでは根拠にはなり得ませんので ・・・・


 

Re: 個艦訓練?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年10月21日(日)11時35分56秒
返信・引用
  > No.4887[元記事へ]

脇さん、こん**は。

艦艇は基礎的なことから常に繰り返し繰り返し訓練することが大切なんですよね。

ところで、来週の花火、行きますよ (^_^)
 

Re: リンクさせていただきました

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年10月21日(日)11時33分3秒
返信・引用
  瀬戸さん、こん**は。

>HPを開設

おめでとうございます。
私も個人でのサイト運営の難しさは身を以て痛感しておりますので、頑張ってください。

>サイトにリンクさせていただきました

ありがとうございます。 嬉しいですね。


 

レンタル掲示板
/157