teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: ふたみ・おじか

 投稿者:おじか  投稿日:2019年 3月19日(火)18時47分51秒
返信・引用
  > No.5041[元記事へ]

高価な「LCAC」を導入する必要があったのか、疑問に思ってしまいます。
 
 

Re: 解釈

 投稿者:おじか  投稿日:2019年 3月19日(火)18時43分14秒
返信・引用
  > No.5039[元記事へ]

ありがとうございます。


疑問が氷解しました。


※古本を見つけたので「改訂 レーダ技術」を取り寄せてみました。世の中には、どうせだれも知らないと思って、もっともらしくいい加減なことを書いている人が、あまりにも多すぎると思いました。
 

Re: ふたみ・おじか

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月18日(月)22時10分4秒
返信・引用
  > No.5036[元記事へ]

おじかさん、ご紹介ありがとうございます。

それにしても、LST型の輸送艦は今でも必要で、かつ有効な艦種だと思うんでがねえ。
 
 

Re: アルミランテ・ラトーレ

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月18日(月)22時05分52秒
返信・引用
  おじかさん

ご紹介の写真は、当日「世界の艦船」編集部や福井静夫氏、阿部安雄氏などが一緒に取材で撮影した
一連のものの中のものと考えられます。

そして当時はまだネットはありませんし、グラフィックな出版誌でさえ多くはありませんでしたので、
幾つもの同好者のサークルなどでの様々な艦船の写真販売が広く行われ、また「世界の艦船」自身
でも写真部を設けて頒布しておりましたので、それらのものが現在ではネットや古書店などで広く
出回っているものと思います。

 

Re: 解釈

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月18日(月)21時39分19秒
返信・引用
  > No.5027[元記事へ]

おじかさん、こん**は。

防衛省の文章で、私としては全く問題ないと思います。

注意すべき点は、この文章は“される側”ではなく“する側”の話しであるということですね。

なお、FCレーダーはロックオンしているかどうかとか、FCレーダー波を出しているかどうかは
関係なく、ともかく“レーダーアンテナを向けるな”ということです。

また魚雷は別に対潜用(通称「短魚雷」)だけではなく対艦用(通称「長魚雷」)もありますね。

これらには“近距離で相手から視認できる場合”が含まれていますし、新旧あらゆる兵器を考慮
してのことですので、この様な文章になっています。


 

Re: それと・・・?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月18日(月)19時36分9秒
返信・引用
  脇さん

これは完全な法規違反で、“アウト”ですね。

これは儀式だからとか、編隊出港だからとかとは関係ありませんし、規定を勝手に変えることは
できない話しです。

錨泊から出港する場合は、艦首旗は錨が“海底を離れた瞬間に”降ろすもので、このことは海自
ではこれまで厳格に指導され、躾けられてきました。

ですから、揚錨時にはベテランの掌帆長自らが錨鎖と錨の状況を確認してきました。

今回は既に錨は吊り錨状態まで揚がっています。 何の言い訳もできないことです。

こんな事さえキチンと躾けられていない、出来ない護衛艦て・・・・しかも候補生学校の卒業式
最後の出港シーンで。

恥ずかしいことですし、あまりにもお粗末ですね。


 

Re: 原因は???

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月18日(月)19時28分0秒
返信・引用
  > No.5033[元記事へ]

脇さん、ありがとうございます。

何かの突発的な(現場にとっては)出来事があったんでしょうが、いずれにしてもお粗末であった
ことは間違いないですね。

ひと昔前なら編隊入港、編隊出港などは船乗りとしての腕の見せ所で、各艦はいかにスマートに
やるかを競ったものですし、若手幹部はいつでもそれに応じられるように準備をしていたものです。

おそらく今では各指揮官以下誰もやった経験がなく、勉強さえしていないのでは?

今回も、江田内で捨てワイヤーなどを引っ掛けるなどは十分に想定される範囲のことですから、
それらを含めた事前の対策の準備も検討もしていなかったのは明らかですね。

候補生学校の卒業式の最後を飾る見せ場でこの失態、恥ずかしいというかお粗末。

“精強”だの“伝統の継承”だのとモットーを掲げて、表向きにいいカッコをしたところで、今の
現場はこんなものなんでしょう。

船乗りとしてのセンスの欠落と言われても仕方のないことですが、昨今の海自、そんなことは人事
評価には何のプラスにもなりませんから。

世界各国の海軍の常識では考えられない経補幹部が海幕長になる様な組織ですから、現場の技量も
士気も落ちてきていても不思議はありませんね。

そして海兵隊もどきの輸送船になったり、本土防空隊に背中を貸すと言ったり・・・・それでも
反論しない、できない組織。

そのうち技術幹部や医官が海幕長になる時が来るのかも (^_^;


 

ふたみ・おじか

 投稿者:おじか  投稿日:2019年 3月18日(月)17時10分28秒
返信・引用
  ふたみ 父島


おじか 硫黄島


撮影は平成10年5月頃とのことです。まだデジカメの写真ではありません。


Wikipediaには「ふたみ」の画像はありませんでした。


 

アルミランテ・ラトーレ

 投稿者:おじか  投稿日:2019年 3月18日(月)17時03分42秒
返信・引用
  探したら写真が二枚出てきました。

昭和三十年代には、日本で解体される戦艦を見る機会があったのですね。

装甲などの鋼材は、そのままスクラップになったのか気になります。
 

それと・・・?

 投稿者:  投稿日:2019年 3月18日(月)09時05分46秒
返信・引用
  ・・・1403i 出港用意のラッパが鳴った後なのに国旗が降ろされていません。
こういう場合、揚げたままの方がよろしいのでしょうか???

酷い勘違いなら削除してください・・・(^_^;)です。
 

原因は???

 投稿者:  投稿日:2019年 3月18日(月)08時34分54秒
返信・引用
   こんにちは。
画像を再チェックしてみました。

1)1400i どの艦が出港用意のラッパを鳴らしたのかは不明ですが、
たぶん一番艦の「105」、この直後に前進しますが、まもなく停止し
元の位置に留まります。

2)1404i 「105」の前甲板は整然としていますが、「3516」の
前甲板はてんやわんやの状態?です。

3)1416i 長一声?、「105」は津久茂瀬戸に向け航行を再開、その
あとを「117」・「3516」しばらくして再び長一声?、「3508」
が後を追っかけました。

ちなみに、記載時間はカメラデータです。
原因は前日に風が結構強めでしたから「3516」?の錨鎖が・・・???

卒業セレモニーとしてはおそらく日本最大の規模だと思いますが、地方TV
局のニュースでも見なかったような?・・・(^_^;)です。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月18日(月)01時27分2秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

ちょっと欲張って更新ページを作っていたのですが、持病のギックリ腰のためもあってなかなか
思うように進まず、この時間になってしまいました (^_^;


『旧海軍の基地』コーナーで前回「ウオッゼ」と「ヤルート」ページを作成し公開しましたので、
今週の更新は、折角ですのでこれを機会に残りのマーシャル諸島所在の旧海軍の航空基地を追加
しました。

「ミレ」「メジュロ」「マロエラップ」「ロンゴラップ」とケゼリン環礁の「ケゼリン」「エビジエ」
「ルオット(ロイ)」の7基地です。

ただし、「メジュロ」と「ロンゴラップ」は現在のところ日本側及び米側の史料ともに航空基地
データが全く見当たりませんので取り敢えずの“暫定版”です。

その他の基地についてもまだまだ荒削りですので、今後時間を見ては修正していく予定にしています。

なお、併せて既に公開している「エニウェタック」について修正を加えております。

これらの航空基地について、特に「メジュロ」と「ロンゴラップ」について、情報をお持ちの方が
おられましたら、是非ともご教示をお願いいたします。


 

Re: できれば3分以内で・・・(^_^;)です。

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月17日(日)15時41分52秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

グッドタイミングというか、珍しいシーンというか、でしたね (^_^)

練習艦隊の出港というのは、候補生学校の卒業式の最後を飾る見せ場なんですが・・・・

艦隊の運用の妙を発揮するために、事前の練習をして万全を期すもので、しかも今ではほとんど
やることがなくなった一斉出港などの数少ない絶好の機会です。

この海軍伝統の“スマートネス”を見送りの人達はもちろん、乗艦した実習幹部たる初任三尉に
見せることが最大の使命であり任務です。

最後の最後で卒業式が台無しと行ってもいいですね。

>艦が動き出し始めるまで30分は

ということは表桟橋や岸壁で見送る人達もその間待たされたということでしょうか?

何か余程の突発的な出来事の生起などの事情でも無い限り、ちょっと考えられないお粗末極まり
ないことですし、まさに大失態ですね (^_^;

そしてこれは指揮官の責任でもあります。

私なら遠洋航海出発までに指揮官更迭でもおかしくないくらいと思います。 この程度のことが
キチントできない、そんな部隊を海外に派遣するなどとんでもないことで。


 

できれば3分以内で・・・(^_^;)です。

 投稿者:  投稿日:2019年 3月17日(日)09時24分27秒
返信・引用
  こんにちは。
昨日のお散歩はお天気に合わせて午后となったのですが、偶然の一致、
卒業式セレモニーのヤマ場に遭遇しました。

山影を歩いていると風に乗って行進曲が聞こえてきましたので、「えっ、
まだ終わっていないんだぁ~、チャンスって」、湾内が見渡せる位置ま
で駆け足、だあぁ~れもいない絶好の展望場所を確保しました。

出港用意のラッパが鳴ったので、慌ててカメラの電源をONにしたのです
が・・・どうしたことでしょう・・・艦が動き出し始めるまで30分は
待たされました。

おかげさまで、余分な花粉を吸いこみ鼻水だらだら、夜中に何度も起こ
されました・・・(*^。^*)です。
 

解釈

 投稿者:おじか  投稿日:2019年 3月12日(火)15時32分1秒
返信・引用
  この文章は、遭遇した艦艇や飛行機に対して砲口、ミサイル、射撃用レーダー、魚雷発射管その他の武器を向けることによる攻撃の模擬(?)を避けるとする防衛省の発表の解釈でよろしいのでしょうか?

なぜか、レーダーに関してだけ「ロックオン」だとする説(?)を唱える人がいるようですが、魚雷発射管その他の武器をなぜ書いているのか理解できません。
 

ありがとうございました。

 投稿者:大久保信昭  投稿日:2019年 3月11日(月)22時49分4秒
返信・引用
  模型が必ずしも正確な姿を再現しているとは決して言えないわけですから、当時は三連装の一部が連装だったとしても不思議はありませんね。

御教授ありがとうございました。
 

Re: 初期の海自艦艇

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月11日(月)21時59分34秒
返信・引用
  おじかさん

懐かしい艦影のご紹介ありがとうございます。

なお、LSSLの「けいとう」は1958年9月30日付けで除籍され、米国に返還されましたね。
「けいとう」は53年の貸与から横須賀地方隊所属で、14船隊、その後第4警戒隊でしたので
横須賀の人には懐かしい船かと。
 
 

Re: 戦艦?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月11日(月)21時48分21秒
返信・引用
  おじかさん、こん**は。

2枚目は元チリ海軍の戦艦「アルミランテ・ラトーレ」(Almirante Latorre)で、1959年に
三菱商事が購入し、カナダの曳船によって日本まで3ヶ月をかけてはるばる曳航された上で、
横須賀で甘糟産業汽船によって解体されました。

なお、この写真は横須賀邦着の翌59年8月29日朝に撮影されたものとされ、『世界の艦船』
59年10月号に掲載されたものと同じですね。

 

Re: 海底の大和を調査した

 投稿者:桜と錨  投稿日:2019年 3月11日(月)20時03分48秒
返信・引用
  大久保信昭さん、こん**は。

ご紹介ありがとうございます。 ただ、私はそのニュースを観ていないのですが・・・・

>大和に装備した記録がない25mm連装機銃

「大和」も含めて、大戦後期の機銃の増備については、必ずしも全ての工事記録や図面が残されて
いるわけではありませんし、現在通説とされているもので全てがそれで正しいかどうかもどこにも
完全な保証はありません。

また、もし当該調査で発見されたものが「大和」の船体から脱落しているものですと、これはまず
どこに装備されていたのかは判らないでしょう。

したがいまして、そのニュースだけでは何とも言えないのではと考えます。

そもそもその調査結果に基づき誰が証言したのかという問題もありますし・・・・


 

初期の海自艦艇

 投稿者:おじか  投稿日:2019年 3月11日(月)14時01分54秒
返信・引用
  あさかぜ

けいとう

ゆきかぜ
 

レンタル掲示板
/164