teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: 講演中止の件

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 7月11日(水)10時00分55秒
返信・引用 編集済
  JARIN さん

私の住む郊外団地はほとんど被害は無かったのですが、逆に呉市街の方が被害が
大きく、かついまだに断水も復旧していませんので・・・・


呉市街もこんな状況ですので、主催の大之木氏とお話しして、少し落ち着いてからの
方がご来訪いただく皆さんにとってもよろしいのではということになりました。

延期させていただいた分、お話の内容を見直す時間ができましたので、次の機会には
もう少しマニアックで、かつご来訪いただく皆さんに楽しんでいただけるものに
したいと思っております。
 
 
 

Re: 被災者入浴支援

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 7月11日(水)09時52分39秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

LCACの送迎付きですか、それは凄いですね。

でも沖に停泊中の艦艇まで出かけるのではなく、艦を岸壁に横付けして
陸上に設置した仮設のテント風呂に水や蒸汽を送る方が効率的と思うん
ですがねえ・・・・

 

講演中止の件

 投稿者:JARIN  投稿日:2018年 7月11日(水)00時22分47秒
返信・引用
  FBにて拝見しました。
大変な状況の中、現地に行けるのかなと心配していましたが、講演中止と聞いて、とても楽しみにしていただけに残念に思います。
復興を祈念すると同時に、次回開催を楽しみにしています。
 

被災者入浴支援

 投稿者:  投稿日:2018年 7月10日(火)08時25分53秒
返信・引用
  1)しもきたに乗船し入浴
2)行きと帰りもサウナ風呂
3)手厚いご支援をいただき ありがとうございました・・・m(__)mです。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 7月 8日(日)13時48分47秒
返信・引用
  大雨での被害は我が家付近はほとんど無いのですが、この大団地群へ通じる道が全て通行止めと
なり陸の孤島化しておりますが・・・・

という訳でも無いのですが、今週のサイトの更新は先日公開した「関東地方所在の旧陸海軍航空
基地一覧(暫定頁)」で、場所と状況が特定できない「千葉飛行場」を除く旧陸軍の全41基地
についてポップアップ表示ができるようにしました。

旧陸軍の各飛行場については個々の専用頁を作る予定はありませんが、これだけの情報があれば
まずは一応のところ十分かなと。

こういう一覧データは出版物でもネット上でもほとんどありませんので、何かの時に参照するのに
便利ではないかと思っております。

基地関係では、次は樺太を纏めてみる予定にしております。


 

Re: 10分前

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 7月 8日(日)13時31分36秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

>「しもきた」のお風呂を提供

いいですね。江田島は断水は大変でしょうが、艦のお風呂に入る機会はそうそうないで
しょうから、多くの市民の方々に是非とも利用していただきたいですね。

>ホバークラフトでの送迎

あれは騒音が酷いですから (^_^)


ヤマモモはちょっと残念ですね。 折角大きくなっているのに。

 

10分前

 投稿者:  投稿日:2018年 7月 8日(日)11時30分2秒
返信・引用
   こんにちは。
先ほどの防災無線では、小方基地に停泊中の「しもきた」のお風呂を提供するそうです。
ホバークラフトでの送迎?については不明です。

画像は参考画像・・・(*^。^*)です。
 

15分前

 投稿者:  投稿日:2018年 7月 8日(日)08時23分14秒
返信・引用
   こんにちは。
ウチとこは先週火曜日のスーパー特売に出かけたっきりです。

庭には非常食として、カキやミカン、カボス、キンカンにイチジク、アケビ、ムベ、
リンゴ、プルーン、ジュンベリー、ウメ、ユスラウメ、ニワウメ、ザクロ、ブドウ、
サルナシ、グミ、カリンを栽培してるんですが、今は時期的にちょっと・・・

唯一食べようと思えばヤマモモがあるんですが、長雨に打たれ美味しそうなのは落下、
樹に残っているのも半分腐っています・・・(^_^;)です。
 

Re: 1時間前

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 7月 7日(土)17時04分54秒
返信・引用
  脇さん、大変ですね。

江田島が断水ですか。

広島は広島市内はもちろん、周辺市町村も大変な被害のようですね。

私のところは市やJAFなど情報では熊野経由で広島へは出られるように
なったとは言いながら、細かい情報は入っておらず、相変わらず
陸の孤島状態です。

それ以外は周りも含めてほとんど何もないのですが・・・・


 

1時間前

 投稿者:  投稿日:2018年 7月 7日(土)13時49分54秒
返信・引用
  いや、いや、いや・・・
このくらいの雨ならって思ってたんですが、お昼ご飯食べながらTV見てて、ぶったまげです。
しばらくは、数年前の記録画像を流してるんだろうと勘違いしてましが、こりゃ、たいへんだぁ~~~ 。

ノラネコさんも、緊急避難 ・・・m(__)mです。
 

10分前

 投稿者:  投稿日:2018年 7月 7日(土)08時17分11秒
返信・引用
  > No.4798[元記事へ]

桜と錨さんへのお返事です。

 こんにちは。
まだ、完全には止まっていませんが十数年ぶりの断水です。
洗濯ものを出さなくても済むように、朝から真っ裸で生活しています。
たぶん三日間は大丈夫・・・(*^。^*)です。
 

Re: 24時間前

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 7月 6日(金)23時10分20秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

イージス・アショアは仰るとおりで、それに陸上に固定となるためかえってテロやゲリラの対策も
必要となり、しかも所詮はBMDだけにしか使えません。

イージス艦を増やした方が配備の柔軟性のためにも良いことは明らかですし、何しろ護衛艦です
から多機能・多目的に使えます。

とはいっても、現在でも有効かつ実用に足るシステムは世界中でもイージスしか無いのが実態です
から、空自さんは欲しがるんでしょうね。

いまだに他のシステムが実用とならないのが不思議なくらいです。

逆に言うと、イージスの基本デザインが如何にすばらしいものであったかの証明でもあるんですが。


ところで、そちらの雨はどうですか? 遂にこちらは通行止めで孤立してしまいました (^_^;



 

24時間前

 投稿者:  投稿日:2018年 7月 5日(木)09時10分46秒
返信・引用
   こんにちは。
イージス・アショアの陸上配備は周辺住民の反対も多く、付帯設備や人員配備を加算すれば、結果経費的にも高くつきそうです。
もう少し船体の幅を広く設計してこちらの二番艦に追加搭載したほうがお安くなるのでは・・・(*^。^*)です。
そもそも陸上に置いたところで10年もすればスクラップの塊でしょうし、船の方が改造するのも解体廃棄するのもず~っと楽だと思います。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 7月 1日(日)11時37分11秒
返信・引用 編集済
  管理人の桜と錨です。

相変わらずバタバタしておりますので、サイトの更新が3週間開いてしまいました。

先ほど『旧海軍の基地』コーナーにて「松輪」「天寧」「年萌」の3基地を追加し、
併せて「幌筵島以南の千島列島所在旧陸海軍航空基地一覧」を公開しました。

千島列島の旧陸海軍基地につきましては、出版物はもちろんネットでもあまり纏まった
ものがありませんので、先の占守島及び幌筵島の分と併せてお楽しみいただけるのでは
ないかと思っています。

この基地一覧は、現在更新中の関東地区所在一覧が終わりましたら、次は樺太をやって
みたいと考えております。

なお、関東地区所在一覧は現在旧陸軍の26基地までポップアップ表示するように
しました。 残りあと主として西側の15基地です。


 

Re: 大和型戦艦の装甲厚について

 投稿者:Mk.63GFCS  投稿日:2018年 6月19日(火)23時27分24秒
返信・引用
  > No.4793[元記事へ]

なるほど、ありがとうございました。
お忙しい中、お答えいただき本当に有難う御座いました。
 

Re: さっき

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 6月19日(火)09時58分35秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

いつもありがとうございます。

>大阪地震緊急派遣隊?・・・(*^。^*)です。

もしそうなら阪神淡路の時よりは対応が遅いような・・・・? (^_^)

 

Re: 大和型戦艦の装甲厚について

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 6月19日(火)09時54分6秒
返信・引用 編集済
  Mk.63GFCS さん、こん**は。

某所の回答ではご満足されなかったようですね (^_^)

お尋ねの件、結論から先に申し上げますと、なぜその数値に決まったのかと言うことは今日となってはもう誰にも分かりません。

と言いますのも、一定の計算式があってそれに沿って個々の(部分部分の)装甲の厚さが決めら設計されたわけではありませんので、当時の担当者によってその個々の部分の計算書なり設計理由のメモなりが残されていない限り、現在においてその過去を振り返って“こうではないか?”という計算式なり理論式に当てはめても意味がないと言うことです。

ご存じのとおり、一言で装甲板や徹甲弾と言っても材質や形状などは色々であり、かつ他の条件も様々ですから、1つの計算式だけをもって設計することはできません。

そして、例えば舷側や砲塔のバーベットなどの装甲は「1枚もの」ではありませんで、何枚もの装甲板を組み合わせて建造されます。

例えば「大和」型主砲のバーベットは両サイドと前後部分では厚さが異なりますが、これは真円と楕円とで構成される滑らかな曲線を描く1つの“筒”ではありませんで、実際には1番砲塔は14枚、2・3番砲塔は16枚の厚さの異なる装甲板で組み立てられています。

つまり、それぞれの装甲板の接合部には厚さの違い分の段差があるわけです。

ではその接合部の強度はどのように計算されたのでしょうか? もちろん全体が1つの計算式なり理論式ですんなり出てくるわけはありません。

これは舷側装甲の接合部にしても同じことです。

いろいろ言われております計算式や理論式は、全体の設計が終わったところでそれを満足するかどうかを検証するための“一つの手段”とお考えいただければ良いでしょう。

当然のことですが、某所でも話題になりました実験式に基づくFM係数なども、その設計されたものの全体としての検証手段としては役に立ちますが、個々の部分の装甲厚についての設計上の計算基準にはなりません。

例えば、旧海軍における昭和18年の弾道学でも「侵徹弾道」におけるFMによる実験式について次のように教えています。

『然も斯くして得たる実験式も亦畢竟単に平均値を表すに過ぎざるものなり』


つまり艦船の設計というものは、決まり切った理論や数式で単純・簡単に計算して出来上がるというものではないということです。

これには設計担当者個人の「センス」もその一部に含まれますが、それだけでは無いことは申し上げるまでもありません。

(もちろんこの「センス」という言葉をこれを使われる人がどのように定義するかによりますが、いずれにしても明確な具体的事項が明示されたものはありませんので。)

したがって、貴殿の疑問とされるところは尤もな話ではありますが、残念ながら当事者達が鬼籍に入られた現在となっては“分からない”としか申し上げようがありません。

 

さっき

 投稿者:  投稿日:2018年 6月19日(火)09時29分58秒
返信・引用
   こんにちは。
大阪地震緊急派遣隊?・・・(*^。^*)です。
 

大和型戦艦の装甲厚について

 投稿者:Mk.63GFCS  投稿日:2018年 6月17日(日)21時06分41秒
返信・引用
  以前から何度もご迷惑を懸けて申し訳ありません。
Mk.63GFCSです。
色んな本を読んでいる内にまた疑問が湧いてきましたので、もし宜しければ御教えください。

疑問に思った事は大和型戦艦の装甲厚についてです。
舷側装甲の410mmや司令塔側面、バーベット側面の560mmは自艦の主砲に対し20,000mの距離で耐えられる様に設計されたと聞きます。
しかし、司令塔やバーベットの前・後面は厚さが減らされています。
これは砲戦時に命中する確率などを考慮して等の事が理由と思われますが、実際に何mm減らすかというのはどういった基準によって決められたのでしょう?
何も基準が無く、適当に減らしたという事は無いと思うのですが……
 

今週の更新はお休みです

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 6月17日(日)18時56分40秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

落ち着いてコンテンツを作る余裕がありませんので(バタバタしているのはいつもですが(^_^; )、
今週の更新はお休みします。

その代わりと言ってはなんですが、先週暫定ページとして公開した関東所在の旧陸海軍航空基地
一覧図に「鉾田」に加えて、「壬生」「高萩」「成増」「柏」「東金」「銚子」の各陸軍基地に
ついてポップアップを追加しました。

福生や立川、調布などの有名どころよりは、こういういわゆるマイナーな基地の方が面白いかと(^_^)


 

レンタル掲示板
/152