teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:89/3062 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 旧海軍の「射撃」と「砲撃」について

 投稿者:桜と錨  投稿日:2018年 5月 7日(月)16時19分9秒
  通報 返信・引用
  大井みなみさん、初めまして。

「海軍信号規程」がお役に立っているようで嬉しいですね。

お尋ねの件ですが、本来の砲術上の話しでは「砲戦」と「(艦砲)射撃」という2つはそれぞれ
大きなテーマとして別れておりますが、「砲撃」というテーマも用語もありません。

つまり専門的な項目としてのテーマではなく、単に実際の射撃の場面での一般的な用語ということ
です。(ただし、今次大戦中に「砲撃始め」という号令の一つとして出来ましたが。)

しかしながら「海軍信号書」というのは、砲術の専門家以外の、例えば航海長以下の航海科員や
通信科員などが、他艦所との信号を行う上でいわゆる“辞書”的に使うものですので、その送受信に
あたって必要な信号が直ぐひけるような構成とする必要があります。

したがってそのために“直感的な項目で分類”されますので、これは本来の砲術の内容とは別の話に
なります。

具体的に項目としてどのような区別、分類がなされているのかは、当該信号書の各項目に含まれる
信号の内容をご覧いただけばよろしいかと存じます。

取り急ぎこのようなところでいかがでしょうか?



 
 
》記事一覧表示

新着順:89/3062 《前のページ | 次のページ》
/3062