投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


同じ状態

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年11月 2日(水)08時47分58秒
  -nakamura-さん

R230のSLでのお話 凄くよく分かります。
殆どと言うか 全く同じ状況です。

今回アクチュエーターを交換しましたが トランク左側にあるポンプ?
のへたりでエアの量が減ったり 吸い込みができなくなると作動を停止
するそうです。電源のカプラーを抜き差しすればリセットされる。

-nakamura-さんは ご自身で輸入し交換されたのですね、素晴らしい!

私もポンプの交換または修理 またはトランクの開け閉めはしっかりできる
のでこのまま放置、を考えているところでした。
もしよろしければ-nakamura-さんの購入法または購入先をお教えください
ませんでしょうか? ドイツ本国ではお安く買えそうです。

ところでニューEクラス
もう7000kmですか。

ドイツの交通事情の差はあれ、とても心地よく使われているのが
想像できます。シートの良さもヨーロッパ車 そしてベンツの魅力
でもありますよね。
ターボエンジンのトルク+多段ATは とても疲労が少ないのでは
ないでしょうか? またエアサスのインプレも聞きたいです。

ご家族の反応 今までの車と比べてどうでしょう。
 

1/10で癒しを買う

 投稿者:たけぞう  投稿日:2016年11月 1日(火)22時31分27秒
編集済
  わんこさん、こんばんは。トランクが無事治ったようでなによりです。パーツ値引き&出張修理とは、まさにVIP待遇!ですね。いいなぁ(^^)

-nakamura-さん、トランクの情報ありがとうございます。CLのトランクは手動で閉じるタイプなら、押せば問題なく閉まってくれます。自動で閉じるタイプですと、やはりチリが合わないですね。DIYで治せる技量と姿勢が私には羨ましいです。現行Eクラス、本当良いクルマみたいですね!

シートエントリーに関して、今度マニュアルをしっかり読んでみようと思います。ツインターボ購入後マニュアルにはしっかり目を通してませんでしたからね。

色々ありましたが、ようやくツインターボも帰ってきて気持ちも穏やかになってる今日この頃です(^^)やはり愛車は常に手元に置いておきたいですし。もちろんCLの性能や装備、スタイルにも癒されますし、なにより存在自体が私にとっての癒しになっております。

そんなベンツの癒し度満載のクーペ、わんこさんのおっしゃるように新車価格の1/10(以下)で手に入り、手を入れたぶんだけその良さを味わえる訳です。
興味ある方は私の後期CLに現在までかかった費用をよろしければ参考にしてください。

2003年式 CL600 白 31,984km  JAAA評価 内装5 外装5
車検有効期間 H28.11.20

車体価格                                     ¥1,070,000

タイヤx4(ミシュランPSS)                   ¥170,400
Fブレーキパッド(ディクセルZtype)       ¥22,400
ルームランプ類LED(メーカー不明)        ¥15,050

全油脂類含む上記パーツ交換工賃         ¥120,653

総額                                                     ¥1,398,503

以上、ローンも組んでませんので140万でお釣りがくる計算です。今月の車検費用を加えても間違いなく新車価格の1/10以下という…。
ちなみに今後予定のパーツで手元にあるのが、ローダウンキット(1.9万)、HREホイール(中古27万)、AMGメーター(AMGロゴのみ中古2.7万)、フックスGTX5w40(2.4万)になります。
わんこさんには及ばないながらも、私も趣味に全てつぎ込んでしまう傾向があります。最近、前期CL用に新品のハンドルも購入してしまいましたし。
湾岸ミッドナイトでのこんなやりとりが浮かんできます。

なんでおまえはこんないいクルマに乗れるんだ?

カンタンですよ、全てつぎ込んでますから。
 

トランクの引き込み

 投稿者:-nakamura-  投稿日:2016年11月 1日(火)08時23分28秒
  こんばんは


トランクの引き込み動作不良がみられるということで参考までに私の
SL500で出た症状をお話しします。 参考になればということで。

トランクを閉めようとすると、半ドア状態から引き込まれる動作になるのが
正常ですが、納車後間もなく私のSLは引き込み動作をしなくなってしまいました。
わんこさんのCLに出ている症状と一致します。
バッテリー端子をいったん外してすぐにつなぐことでコンピュータがリセット
されるのか、引き込み動作が復活しました。 しかししばらくするとまた
不動状態に。 しばらくバッテリーを外して、ということを繰り返していましたが
恒久対策を考えることに。

ヤナセで診断してもらいわんこさんが画像をアップされていた同じ部品を私も
交換しました。 しかし外した部品番号を確認したところ新品と同じ番号。
つまり対策品に既に交換されていたのです。 このパーツは本体に亀裂が入り
空気が漏れてしまうことでトランクの引き込みができなくなるようです。

で、今度はトランクの中にあるコンプレッサーのようなパーツに原因が
あるのではと思い、パーツリストで確認したところなんと10万ほどします。
仕方ないのでドイツから取り寄せてDIYで交換することに。
バキュームホースが何本かつながっているのでどこにつながっていたのか
マーキングをして交換。

SLの場合、トランクの引き込み動作が不良になると半ドア状態になって
しまい力を入れて押しても完全に締まりません。
走行中にトランクが開いてしまうようなことは無いのですが、トランクと
ボディのチリが合っていないし、何よりいつトランクが開いてしまうのか
心配でもあったので痛い出費でしたが修理しました。

CLの場合、手動でトランクを閉めればしっかりとロックされるのでしょうか?
いずれにせよこのような機能は完全に働いてくれれば非常に上品でよいのですが
信頼性が低いとストレスになってしまいます。
うまく完治できるきこと祈願しております。

なお、私のEクラスは走行7000キロに達しようかというところまで来ました。
シートが体に合っているのか本当に疲労を感じない良い車だと思います。

 

関わりは程々に

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年10月31日(月)09時02分39秒
  たけぞうさん

ツインターボでは色々と大変なことがあったのですね。
後はトランクだけだそうで 早くスッキリされて車を楽しまれることを
願っています。

私のトランクも昨日自宅に来てもらい 私がバイクでツーリングに行っている
間に直っていました。
たとえヤナセで新車を購入したとしても、値引きされたパーツで出張修理を
してもらえる人は殆どないでしょう。
とてもリッチで恵まれていると思います。

たけぞうさんもお付き合いすべき人を見据えてストレスと無駄の無い
車ライフを送っていただければと思います。

シートエントリーの件ですが、キーを抜くと シートが一番後ろまで下がり
ステアリングが上がって降りやすくなります。
ですから 乗り込むときドアを開けた時 シートが下がっていて動かないのが
仕様だと思います。
乗り込んでキーを差し込んで2つ回してドアを閉めると 前に動き出す
これであれば たけぞうさんの車は問題が無いと思います。

>静かで滑らかでパワフルなクルマで心が満たされますね。

おっしゃるとおり 静かでパワフルで上質なフィーリング これには
コストと技術が投入されているのですね。
造る人の想いも反映されている。
手間のかかったお料理 芸術作品に近いと思います。
CLはお持てなしの気持ちが随所に投下されていて それが伝わって癒やしと
なるのでしょう。

1/10のコストでその贅沢が味わえる。 多少のリスクを取っても
マニアの皆様にトライしてもらいたいです。
 

心満たされる

 投稿者:たけぞう  投稿日:2016年10月30日(日)09時30分30秒
  わんこさん、日増しに寒くなっていくなか、心温まるレスありがとうございます。恐縮しきりのお心遣いに感謝です。

昨日CLツインターボが17日ぶりに帰ってきました。さっそく高速をドライブ中です。やはり前期CLとは静けさも違えば、全てにおいてスムーズさの質が違いますね。わんこさんのCL同様、静かで滑らかでパワフルなクルマで心が満たされますね。
わかりづらい説明で申し訳なかったのですが、私のシートはドアを開けたとき後ろに下がらないのです。ミラーもそのとき開閉しなかったのですが、戻ってきたらなぜかミラーはわんこさんのCLと同様に動いております。

そのツインターボ、トランク修理以外のメニューはなんとか終わりまして、というか店を強引に急かして終わらせてやりました。チンタラやってんなよと笑

今回のゴタゴタは丁度1ヶ月前、私が東京へ行った納車日から始まってます(ホントすみません、長くなります)。
まず7月に現車確認し契約したときには、ダッシュボードにレーダーが付いていたのです。が、納車時になぜかそのレーダーがありません。契約時あったはずのレーダーが勝手に消えるはずもなく、その店の誰かが取り外した訳です。
まさか客のクルマからパーツをパクる店とは思いもしなかった私は、いちいち怒る気も起きません。逆に笑えます。そのときは代わりのレーダーをすぐ手配するとのことで落ち着きました。
しかしです。手配したレーダーは事もあろうに中古品ときます。しかも装着費用は自己負担とか。これにはさすがにキレまして、入庫時に最新の新品レーダーを無料で付けさせました。ディップシフトの件もあり笑えないですよね、ホント。

性格の悪い私は、ここぞとばかりにATF交換に関して突っ込みを入れてやりました。というのもATF交換費用が予想より異常に安く、明細を見ると交換したATFは4リットルのみでした。納車時に、ウソでしょ?とは思ったもののこれはこれで良いかな、と特に追求はしなかったのですが。
CLのATFですが、正確に何リットル必要かは知りません。漠然としたイメージでは10リットルくらいでしょうか。GoさんのSLが7リットルとのことでCL600がそれより少ないということはないでしょうね。
ATF交換は一気に交換するとトラブルの元にもなるので、走行距離によっては少しづつ何度かに分けて交換する方が確実だそうです。今回4リットルしか交換してないのなら、慣らし後に増量したATFを交換、そしてまた慣らし後に…という流れもありだなと思ったので、敢えて何も言わなかった訳です。
ただ、もし店側がそれを意図しての交換なら、私に説明があって良いはずですがなんの説明もなしですから。果たして4リットルのみの交換の理由は?
突っ込んで聞くと意外な答えが返ってきました。
ATFチェンジャーがなかったので4リットルしか交換できなかった、と(納車時になぜその説明しないのよ…)。
唖然とするしかなかったのですが、いったい人様のクルマと、客の要望をなんだと思ってるのでしょう。結局ATFはヤナセで全交換させました。もちろん交換費用は店持ちです。

私は今回、ついでに室内ランプ類のLED化をお願いしたのですが、そのLEDすらロクに手配できない有様。たかだかLEDだけでの見積もりが11万(?? ←前期CLでは工賃込みで3万ぐらいでした)と言われたらLEDは自分で用意するしかなく、手間もいいところです。結局LED交換費用は3万以内で収まりましたけどね。

2週間後くらいにはパーツ待ちのトランク修理でまた入庫予定です。他で頼みたいのは山々ですが、全額店負担で治してもらうのでもう少しこの店と付き合うことにします。
 

趣味にかける人だと

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年10月28日(金)16時45分0秒
  たけぞうさん お返事が遅れて済みません。

中古車乗りにとって、「程度がいい」とか「極上」と言われることは
大変嬉しいことです。
シートをクイックブライトで洗浄し テカリのないマットな質感に
してあげたいのですが ステアリングでの経験で色落ちが心配で
行っていません。
我ながら美しいスタイルに綺麗な塗装で大いに気に入っています。

機関は整備すればよくなりますが 内外装 特に内装はお金がかかる
と言うか新車状態にするのは不可能に近いです。
たけぞうさんのツインターボは内装が綺麗だそうで 心地よいことでしょう。

CLのお持てなしグレードを感じさせる シートやドアミラー ライトの動きは
セッティングである程度調整できると思います。
シートのスライドは 手動で動いて自動で動かない となると私には分かりません。
DD6では おもてなしであるシートエントリーがよく壊れて悶絶しました。

>大金叩いたCLツインターボですが、おかげで財布はすっからかんになりました。
>かわりに気持ちは満たされるかと思いきや、ナンダカンダで心まで
>すっからかんになりそうです

車やバイク趣味でレースまでする人は 原資のすべてを投入してギリギリの線
まで行う人が多いですよね。ある意味 生活をかけてしまう。
私も立場がありながら 殆どすべてつぎ込んでしまっています。

となると趣味が励みになって仕事の調子がよいときはいいのですが
何かにつまずいて不調になると急に苦しくなりますよね。
落ち着きましたら顛末を吐露してください。

ここはそんな吐露が聞ける人が集う居酒屋です。

NAのV12 絶好調だそうで たけぞうさんの支えになっていると思います。
大切にしてあげてください。
 

すっからかん

 投稿者:たけぞう  投稿日:2016年10月27日(木)05時48分56秒
  わんこさん、おはようございます。動画で見るCLですが、内外装の極上ぶりがよくわかりますね。
ホント綺麗なCLで見ていて気持ち良いし、つくづくW215最高(^^)と思えます。油脂類交換により極上ぶりに磨きがかかって、もう言うことなしではないでしょうか。
ちなみに、乗り込むときのミラーやシートの動きが私のCL(前期後期共)には無い動作でした。私のは壊れてるか、設定が必要かどちらかでしょうね。
トランクのクロージャー不調の様子、私の前期CLとまったく同じ症状です。トランクは放置してますが、ドアのイージークロージャーは2度修理しました。トランクは放置できてもドアは放置できなかったですね。
ツインターボのトランク修理は、アームなどのパーツが国内に在庫がないために完治まで時間がかかりそうです。

さて私にとっては大金叩いたCLツインターボですが、おかげで財布はすっからかんになりました。かわりに気持ちは満たされるかと思いきや、ナンダカンダで心まですっからかんになりそうです(落ち着きましたら、ことの顛末を詳しくお伝えしようと思いますので、グチっぽくなるかもですが聞いてやってください)。
救いは前期CLが好調なことでしょうか。走りに於いては好調すぎて怖いくらいです。
本日は気温18度のなかいつもの高速に来てますが、吸気温度が丁度良いのかエンジンの吹け具合といい、P ZEROとのマッチングといい、W215の底知れぬ安定感に驚いてます。私の感覚と実際の速度がかなりズレてて、メーター壊れてんの?て思うぐらいに高速域では安心して走れますね。
NAのV12を走らせられる幸せを噛み締めてます。
 

車検終了

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年10月25日(火)09時01分19秒
編集済
  たけぞうさん

納車時のゴタゴタは本当にイヤですね。こちらは全額支払っているのですから
不利ですし。
早く解決され気持ちよく乗れることを願っています。
場合によっては陸送で運んでも しっかりと安く直ることがあると思います。

福野礼一郎さんは 私も大好きです。実際に体を使っての記事はリアルですし
説得力があります。また湾岸ミッドナイトばりの小説は彼のロマンチックな
ところが感じられ、お得な中古車、その裏側の話は共感することが多いです。
最近はカーグラフィックでマフラーやシートベルトを作っている会社のレポート
を恣意的表現なしでまじめにレポートされていて 読み応えがあります。
個人的にはくるまにあでやっていた遊び心満載の記事を読みたいです。


私の方は昨日 私が仕事をしている時に自宅に来てもらい小一時間の作業で
トランクの修理が終わりました。
取りに来て納車してもらい そして短時間で多くの作業を仕上げてくれる。
私の仕事も同じですが できる人は仕事が早いです。
またパーツも純正品を購入しましたが値引きもしてもらえるので
お得感が高いです。

エンジン AT 足回り 静かで滑らかでパワフル。
とてもリフレッシュした感じで、ATはアクセルを離した瞬間のエンブレ
の効き レスポンスが早くなりました。静粛性も上がりATに対する信頼性
が高まったのを感じます。こういった微妙な改善は嬉しいものです。





トランクも直ったので 今朝完璧な状態を撮影しようとしましたら
オートクローズが不調になり ちょっと拍子抜けしてしまいました。
いずれ診てもらいますが 普通に使えるのであまり気になりません。

あとドアのクロージングサポートも機能としてあったのも分かりました。
とにかく熟達し経験値の高い人 素人の私が知らないことを教えてもらえる
これぞプロだと思います。そんな人に技術料を支払うことが価値があると
思います。


.
 

待ちくたびれてます

 投稿者:たけぞう  投稿日:2016年10月24日(月)06時06分29秒
  GoさんのSLに続き、わんこさんのCLも単なる車検整備ではなく、CL本来の静寂性が見事に復活されたようですね。走りの気持ち良さと業者さんの良心が伝わってきます。
恥ずかしながら、最愛の愛車をベストコンディションで乗れる環境を築くのがいかに大切か、今さらながら痛感している今日この頃です。ツインターボ購入後のゴタゴタに、正直疲れてきました(^^;;

Goさん、ATF交換の効果は楽しみですね。SLでのロングドライブが待ち遠しいのではないでしょうか。
R230はルーフが上手く作動しないとストレスでしょうね。CLツインターボはトランクのアキュームレーター?がダメみたいで上手く閉まりません。正直トランクのオート機能とか、そんなギミックいらないのですが。
スバルのボクサーエンジンは4気筒ターボのイメージしかなかったのですが、NA6気筒なんですね。拘りのレガシィも良い味だしてそうですね!
ちなみに私のエリシオンのホンダV6ですが、ミニバンにしてはけしからんくらいの気持ち良さを与えてくれます。

わんこさん、ゲンロクの対談記事でフェラーリのV12はまだまだ進化の余地があるとのこと。おそらくパワーもフィーリングもこれから進化するのでしょう。興味深い記事でした。
評論家に関して詳しくはないのですが、私は福野礼一郎氏の記事や書籍に惹かれます。
car magazine誌1992年7月号のフェラーリBB512iと512TRの特集記事を久々に読んでます。
福野礼一郎氏は、BBとテスタロッサのシャーシとパワートレインの欠点から生じる、操縦性の悪さを的確に指摘しつつも、フェラーリ独特の美点にも触れています。
その記事最後の一文が、『512TRは本物に限りなく大手をかけたクルマだが、次のクルマはきっともっと本物になる。』です。
当時から24年という月日を経て生まれたのが、清水和夫氏が絶賛されるGTC4になりますね。フェラーリのNA12気筒への拘りというか、執念を感じさせられます。


 

V12 そしてNAであること

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年10月21日(金)08時49分13秒
編集済
  私は自動車評論家の清水和夫さんが好きです。
私の気持ちを代弁してくれる と言ったら失礼ですが 美味い不味い
好き嫌いが似通っていていえ 多くの経験から示唆してくれてメーカーの
意向に対しても自分の判断はしっかりと堅持してくれていると感じるからです。
アマチュアのレースで一緒させてもらって(訂正 同じレースに他のチームで
出ているのを見ただけです)
遊び心もあり尊敬しています。

GEGENROQの9月号の記事です。
フェラーリGTC4ルッソの記事です。その中で車の出来の良さから 他のスポーツカーに
は乗れなくなってしまう と極めて高く評価されています。

清水さんは

4駆のスポーツカーは速いけど楽しくない
V12は車マニアの最後のわがまま 理想のエンジンだ
エンジンはNAが好き(911のターボ化に対しても他の評論家と違うコメント)

記事ではGTC4のことを

>クランクシャフトに発生する振動が極めて少ないV12は今や絶滅危惧種
>となっている。だがこのエンジンを知らずに、クルマ好き(フェラーリの信者)
>死ぬことができない。それくらいの価値があるエンジンだ

>超高性能だが、じっくりと対話できるフェラーリだ
>488とは別の世界を味わうことができた。
>GTC4のおかげで、他のスポーツカーに乗れなくなりそうだ

と書かれています。本当に良いモノ 真に価値のあることを謳わず
何の評論であることか。

2気筒だって4気筒、6気筒、8気筒だって気持ちいい。
でも マニアなら12気筒の経験は必須です。
私たちはここで車の性能 スペックの話をしているのではありません。
どう感じるか?気持ちいいか?楽しいか? 感覚の話をしています。

味覚音痴なら別だけど 明らかに美味しい絶妙な味の食事
近づかず知らずして何を語ろう。

http://

 

アクセル踏まないと判らないことだから

 投稿者:Go  投稿日:2016年10月21日(金)00時10分53秒
   たけぞう さん
 当人はもちろん嬉しい話に同調いただけて、
感慨さらに極まります。
 ATFは 7l使ったようで、入庫が長かったため
もあって違いは判りませんが、長距離で使えば
やっぱり判るかなと期待してます。

 油脂類以外には
  右コントロールアーム
  右ロアアームボールジョイント
 のブーツ切れ
 ルーフを収納した状態でトランク開けた時に
荷物の出し入れ用にルーフを上げるスイッチが
効いてないの、項目に入れるの忘れてました。

 それにしても、NAと Turboを乗り比べられた
その印象、わんこさんに少しばかり経験させて
いただいた車なだけに、意外だけど説得力ある
内容ですね。
 レガシィ購入時、ターボじゃなく水平対向の
6気筒を選んだ結果は NAで面白い 1台があって
良かったというものでしたが、やはりエンジン
の違いを楽しめるって幸せですよね。
 

第1段階終了

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年10月19日(水)16時02分29秒
  昨晩、車検と油脂類の交換が終わり届けられました。

トランク関係の整備はパーツの検討が準備出来てから
となります。

ABC関係では、音の原因は想定されたとおり
アキュームレーターの交換でピタリと止まりました。

色々な音が静かになり、グレードの高さが感じ
られ幸せな気分になりました。

理屈からは関係ないのかもしれませんが、
車の上下動が滑らかになった気がします。

メカの方からメーターパネル周辺の音や、
ナビの音に対しても丁寧な対応と解説を
してもらいました。
熟達したプロに診てもらうことの価値を
身をもって感じてみます、

今、小旅行に出ていて、完璧に整備された
CL500の走りを堪能しいます。

詳しくはのちはど。
 

待ち遠しい

 投稿者:たけぞう  投稿日:2016年10月19日(水)05時23分0秒
  GoさんのSLの車検が無事終わったようですね!久しぶりの愛車を堪能され、納得できる内容でSLが帰ってきたことに、自分のことのように嬉しさを感じるのはなんなんでしょうね。
ちなみに私のCLツインターボ、予定外のメニューも増えたために、あと一週間ほどは入庫の予定です。納車時のATF交換に粗相が発覚したためやり直させたりとか、何かと世話のかかるお店です。
ディップシフトはわんこさんがおっしゃっていた電気的な部分の接触不良だったようで、簡単に治ったそうです。


つい先ほどまで、中森明菜をBGMに伊勢湾岸~東名阪とNAのCLを走らせてました。気温が20.5度、ほぼ無風の絶好のコンディションだったせいもあり、高速でのCLはすこぶる調子が良いです。
正直ツインターボが納車されたら、NAの存在は色褪せてしまうのでは?なんて心配もしてましたが全くの取り越し苦労だったようです。
 

ぐいぐいっと

 投稿者:Go  投稿日:2016年10月18日(火)22時37分45秒
   わんこ さん
 アストンマーティンへの渇望は収まりませんね。
 薄いメタリック色にベージュの内装、晴れた空
の下で走らせると映えますねぇ( ^^)。

 SLの整備は、アームのブッシュ切れだとかで、
納車時はどうだったか判らないけど、保証付けず
に購入して結果的に変わらない程度の出費です。

 赤いSLは、白SLを買った店ですよ。 評価点は
4.5 ということで、まあどっか惜しいとこがある
んでしょうね。
 

グッときます

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年10月18日(火)08時46分47秒
編集済
  Goさん

SLが車検から上がってきたそうで しっかりとやってもらったみたいで
気分がよいと思います。
アームブッシュは痛んでいたのでしょうか?

>足回りの動きや エンジンの吹きあがりが
>落ち着いてて気持ち も穏やかになる。

いいですねぇ 自分の好みの車 グレードが高いのが感じられるからでしょうか。
いいモノを手に入れる喜びに溢れていると思います。

ところでインディレッドのSL わざわざ見に行ったのですか?
お値段がお安くて思わず 買ってしまいたい!!"
となりそう。

車庫もココロもクリアランスがガバガバなんです(^^;)


http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5103625109/index.html?TRCD=200002

ほっすぃなぁ~ でも遠い


 

かえってきたSL

 投稿者:Go  投稿日:2016年10月17日(月)20時04分31秒
   紆余曲折の末、ってわけじゃありませんが、
うちのSLが車検(代行)から帰ってきました。
 内容は油脂類全部と右コントロールアーム、
それにブレーキパッド四輪で27万円。
 トランクのクローズアシストがちゃんと動
くというので見てみたら、確かに動いてる。
何したんだ、いや、何があって動かなかった
んだ(ということにしておきます)。

 いやぁ、いいですねぇ、SLで走るのは。
 ルーフの軋みはあるけど、足回りの動きや
エンジンの吹きあがりが落ち着いてて気持ち
も穏やかになる。

 ところで店頭に、SL350のインディレッド
がありました。 内装ベージュレザー、年式
や距離はうちのと大きく変わらないのに、な
んですか、この車体価格。 わんこさん向け
の 1台ですよ、これ。
 

暫しのお別れ

 投稿者:たけぞう  投稿日:2016年10月13日(木)12時46分30秒
  わんこさん、こんにちは。長年の経験に基づくベンツ独特の味付けのお話は興味深く、たいへん参考になりました。本来なら難しくなりそうなことでも、とてもわかりやすく説明していただけるので助かります。アドバイスもしていただきありがとうございました。

高速域でのABCの味わいと自分の求める気持ち良さのズレ、さらに走り込んでいくうちにそのズレは無くなるかもしれませんし、そうでないかもしれません。いくつか試してみたいこともあります。効果はわからないながらも今後が楽しみです。
何はともあれツインターボとの生活が始まったことが嬉しい。シルバーのNA同様、ツインターボともこれから長い付き合いになりますから大切に乗っていきたいですね。

私も昨日、ツインターボを入庫させました。わんこさんも頼りになる業者さんに任されたとのことで、お互い戻ってくるのが楽しみですね!
 

ズレていました

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年10月13日(木)09時16分16秒
  たけぞうさんの お話

読み直してみたら、高速での巡行でのお話でした。
ABC独特のセッティングなのかもしれません。


昨晩 CL500をメカの方と業者さんが引き取りに来てくれました。
試走行もしてもらい 状況をチェックし 症状の把握と私の気になる
ところを確認してもらいました。
ABCの警告がでる時の理由をセンサーの位置と共に教えてもらいました。

うなり音は外からは分かり難かったのですが 試走では直ぐに確認
できたそうです。推測に対しても経験値の高さが感じられます。

症状や希望が共有できなければ 治療も整備も始まりません。
またタイヤ交換については業者さんから「○○年製造ですがまだ交換
しないでよいでしょう」とのアドバイス。

整備を依頼する時から頼もしさと楽しみを感じています。
 

ベンツの仕様

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年10月12日(水)09時57分58秒
  たけぞうさん おはようございます。

ツインターボでの超高速、接地感が少なく怖いとのこと、
20年以上いろいろなベンツに乗ってきたので考えることがあります。

ABCに感動したW220のS600Lでは乗り心地重視のためにステアリングへの
フィードバックが少なく運転感覚が希薄でした。その分これ以上無いくらい
の静粛性 快適さ乗り心地の良さでした。

まずセダンとクーペの違いはあれど 基本的にベンツは巡航の快適さ
気持ちよさを何よりも大切にする会社だと思っています。
よってコーナーでの面白さより、たとえば後部座席での突き上げ感の
少なさを求め、同じドイツ車でも他社とは一線を画す乗り心地を設定
してきていると思います。
個人的にはBMWやアウディのスポーツ足の車は運転は良いのですが
同乗や特に後部座席は乗りたくない方です。

ロールが少なくコーナーリングがよい車だと後部座席に座ると
ベンツに慣れている人間からは耐えられないくらいの突き上げを
感じることが多いです。

よってクーペでツインターボの500馬力でも基本的には乗り心地重視
の車で200以上でのコーナーリングは 元々楽しくない 怖くて
飛ばさないようにさせるセッティングだと思っています。

ABCはロールが深いところを見かけ上車高を上げてロールを減らしますので
安定感は感じますが バネレートは弱く そしてショックの伸び側は
弱いまま(最新のABCは減衰力も調整されるそうですが)で抑えが弱い
と思います。
5Hz以下の振動をABCで調節して減衰力を発揮させていますが 速度域が
高かったり横Gが強いと追いつかない面が出てくると思います。
車高調の減衰力はピストン速度が高まると減衰力も上がるに対して
ABCはそこでの車体の抑えが弱く感じるのはないでしょうか。

たけぞうさんは ブッシュやマウントの劣化を疑われているようですが
3万キロ走行でありますので それがまさにW215後期の乗り心地であり
ベンツ社が狙っている仕様だと思います。
交換されてもメリットは殆ど感じられないと思われます。

W108 W116 W126 W140 とSクラスに乗ってきて
ほかのコンパクトクラスと比べても、コーナーがつまらない つらい
車の最右翼だと感じてきています。あくまでも高速域でも巡航の
乗り心地 同乗者の快適性を求める車ですのである程度を越えると
急激にコントロールができなくなるようです。

超高速での運転の妙味を楽しむのであれば ポルシェやBMWのMシリーズ等
を考えるのが良いかなぁと思います。

 

弱点

 投稿者:たけぞう  投稿日:2016年10月11日(火)23時58分33秒
  わんこさん、こんばんは。CLでの800kmドライブ、いいですね!高速道路にワインディングと、CLが充実した時間を演出するシーンが目に浮かびます。攻めこむほどにABCの安定感が冴え渡るCL、つくづく魅力的なクルマだと思います。
しかし敏感だか鈍感だかわからないセンサー表示は心臓に悪いですね。赤になるABC関連だとなおさらです。警告詐欺で終わるならまだかわいいかもしれません。
それにしても、うなり音の原因は気になりますよね。近々の車検整備は楽しみでもあり不安でもあるでしょうけど、絶好調のCLになることを祈ってますね。


先日、洗いたてのピカピカなCLツインターボを見てると、走らせるのが勿体無いな、なんて一瞬思ったりしました。
が、私的には走らせてこそのCLです。走るために生まれ、走るために私の元にやってきた我が愛車、遠慮なくガンガンその性能を発揮させてもらいます。
ということでそのツインターボ、ATF交換後のATも問題なさそうなので全開走行を試みました。

リミッターは250km/h(だと思います)、全開せずとも軽々とNAのリミッター速度210km/hを超えていきます。まずは様子見で、ツインターボでのリミッター付近で巡航する私。
さて、ここで想像とは違う世界に突入します。エンジンは変わらず静かで車体は普通に安定している…安定はしているのですが、安定しすぎて?タイヤの接地感が全くといっていいほど伝わってこないのです。
どこか宙に浮いている感覚、とでも言ったらいいのでしょうか。速度域が違うとはいえ、車高調仕様NAの踏むほどにグリップ感がダイレクトに伝わってくる感覚とは逆なので、違和感ありまくりでした。これは慣れるまでは時間かかるかもしれません。
しかしこの高速域での独特さ、たぶん劣化しているであろうブッシュ類やらサブフレームマウントが原因のような気がします。ある程度はわかってはいたものの、まさかこんなにも早く足回りリフレッシュの必要性を思い知らされるとは…。
とはいえ、ゴム類替えたところで変化なければ慣れるしかないのですが。
そして、明らかに問題なのがブレーキ。リミッター付近からのブレーキが全くといっていいほど効かないのです。肝心のディップシフトでのエンブレも使えないので、結局は巡航止まりで全開出来ず、でありました。
今後の課題としては足回りリフレッシュ、ローターとパッドも替えるとして、欲を言えばキャリパーも替えたいところです。何にしようか考えるのもこれまた楽しい時間ですが、値段考えると頭痛いですね…。
ぼちぼちやるしかありません。


 

/268