新着順:81/5407 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

財産

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 8月 5日(土)09時37分15秒
  通報
  Goさん


初期型ユーノスロードスターをメーカーがレストアしてくれる と言うのは
パーツの供給もあり技術的にも大変ありがたいことです。
ホンダがNSXでフォローしてくれているのに続いてでしょうか。

マツダ車が造ったロードスター アメリカに行った時マニア達が集まって
嬉しそうに集っていました。世界的に売れたのでしょうか?
少なくとも 私が思わず新車で買ってしまったくらい インパクトがあり
多くのマニアの関心を集めました。

これはマツダ車の財産ではないか?と思うのです。
それを守るためにコストを厭わずメーカーが大切にすれば コスト以上の
ブランドイメージを育ててくれるように思います。


ひらのさん

ドラマで出てくるチャレンジャー いいですねぇ。
アメリカの映画を観ていると マッスルカーが現在のターボカーを
凌駕するような走りを見せ 登場してくることが多くあります。

アメリカ人のルーツというか マニアの心のよりどころになっている
ように思います。アメリカの立派な車文化の中で輝く財産です。

マックイーンのブリットでは 主人公が68年くらいのマスタング
悪者はチャージャーで追いかけるシーンがありました。
凄い走り。

実際に当時のチャレンジャーを運転してみると分かりますが 幅が190cmもあり
エイみたいに平べったくデカい車で ブレーキも弱くとてもコーナーリングを攻めて
走らせられる車ではありません。
60年代のマスタングもそうでした。

それでも 当時からレースがありましたので 改造して走れる仕様に仕上げる
楽しみもあったのだと思います。
見た目はポニーカー 若者や女性が乗る可愛らしい車 でも
中身は超強力なエンジンと走り。

500馬力でATでブレーキも効き、誰もがフルスロットルをできる車が当たり前の今
根源的に楽しい 車のワクワク感は 変わらないのだと思います。
おっしゃるとおり 温故知新 ですよね。

 
》記事一覧表示

新着順:81/5407 《前のページ | 次のページ》
/5407