新着順:73/5366 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ABCの恐怖感

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 6月16日(金)09時14分1秒
  通報 編集済
  -nakamura-さん

おはようございます。

ラグジュアリーな500SLとハードなサスが入った NSX-Rとの比較で

>荷重をかけて行ったとき殆どロールを感じない所に不自然さと、そのせいで速度が
>高い時にコーナーを攻めると怖さを感じることがありました。

と感じられ スポーツカーとしては SLはコーナーを飛ばして楽しむ車ではない
と判断されています。

おっしゃるとおりだと思います。

CL500でも高速道路をそこそこのペースでコーナーを回る時は良いのですが
少しタイヤからスキール音がでるかも くらいのペースになるとどうにも 怖い!
なぜなら Gが強くなるほど外側が突っ張るようになるので 事実上 外側のサスの
バネレートが無限に高くなるように感じるからだと思います。

アクティブサスは可変バネレート的動きをすので、 巡航では
金属バネより柔らかいバネレート ところがコーナーで加重をかけると
水平or外側を上げる動きをするので 見かけ上極めて高いバネレートに変化する。
外側のグリップがどうなるのか?リニアに感じ取れないたけに 手応えがなく
怖いのだと思います。

たけぞうさんが その辺をどう感じられるのか?興味があったのですが。。

ベンツは70年代のSクラスからコーナーはとても苦手 と言うか深いロールを
もってそこでの足回りの動きを重視し 外乱にはつよいけど乗員が不安に
なる様に感じて コーナーを攻めさせない仕様だと思ってきました。

それが今のEクラス エアサスでも -nakamura-さんのおっしゃるとおり
高速道路の高速巡航と町乗りでバネレートはそれ程高くない方が乗り心地がよく
大きなうねりでのダンピングを重視(金属バネでは低いバネレートと伸び側が強いショック)
していると思います。
コーナーを走る時の楽しさ、例えば切り始めの敏感さとかステアリングの舵角と
共にリニアに曲がる感じとかはそれ程重視していない。
昔のBMWとは大きく違うところでしょうか。

私はどんな乗り心地 セッティングが欲しいか? それがぶれずにメーカーの個性として
維持しているところに ベンツのブランドの価値を感じます。
ベンツのショックを色々と交換したり改造してきて 結局ノーマルの説得力に負けてしまう、
そんな経験があるからこそ ノーマルをヘタに改造して売りにしている人たちを
自分とは感覚が違う人してみますし、経験が少ないのではないか?と思ったりします。
サーキットレベルで飛ばすのであれば殆どの改造ベンツは向いていないですし。

それと共に逆にノーマルのベンツしか反応しない と言うことは
車に対して極めて狭い価値観にとらわれていると言うか見る世界が狭いことの
現れであると思っています。
 
》記事一覧表示

新着順:73/5366 《前のページ | 次のページ》
/5366