新着順:95/5349 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ようこそ

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 4月28日(金)08時50分52秒
  通報 編集済
  さとうさん S1191さんとしてのご登場 お待ちしていました。

もう20年以上前、縦目倶楽部時代の頃からご覧くださっているそうで
そしてお客様としても10年くらいでしょうか来てくださり感謝しています。

S1191さんは W123の300Dを都の排気ガス規制基準を満たすように ご自身で
浄化装置を組み立てられ車検を取得されたと聞いていましたが 先日
お送りした時にその実態(^^;)を拝見して もの凄いマニアなのが分かりました。

多牌 それも極めてディープ&ハードに追い込むキャラクターなのでしょうか
私は BMW635一台で持て余しましたが 精神力 ココロの強さには敬意を表します。
そんなS1191さんが ご子息のために持たれた NBを放牧してくださるとは
何と申しますか ネットを通してですが人とのつながりについて考えさせられ
ます。大変ありがたいことだと思っています。

私たちも もういい歳ですし 車で遊ぶ方も減ってきています。
気楽に自由に自然体でネットを通して楽しんでいただければと思います。
また放牧を機に S1191さんの何かの刺激になればと願っています。


*オープン通勤初日*


さて お借りした2代目ロードスターNB これには1600ccと1800ccがあるそうで
NB8Cには6MTが装備されています。
基本的には私が生まれて初めて購入した初代ロードスターの雰囲気が似ていて
違いがあまり分からないくらいです。とにかく軽快な走りが魅力でしょうか。

天気が良いので 最初からオープンにして出発です。
オープンには最高の季節。

風を感じての気持ちよさ 風呂上がりの少ない(^^;)髪の毛が
サラサラと揺れ、青空のもと サンサンと降り注ぐ日の光と
心地よい風の中身をゆだねられます。
アストンマーティンのヴォランテでも ビートでも空は同じ。
のんびり走ってもそれだけで開放感にひたれロマンチックになります。

交換されている?マフラーはオープンにすると 静かなれど上品な
音質でクルージング や加速感を盛り上げてくれます。

6MTはスコスコと小気味良くはいり 635用に6MTを45万円だして購入した
ことを考えると これだけでも素晴らしいコスパです。

極低回転はトルク感が少なく アルトワークスの660ccターボのトルク感
振動の少なさ ピックアップの良さが思い出されました。
そこから回すと 振動や雑音が減り滑らかになりNAらしい自然はフィーリング
でパワーが出てきます。
全開にしても 全く手に余らないパワーで 使い切れないストレスはありません。

ビートの剛性感からすれば 少し柔らかいですが それでもNAよりは
ガッチリ感が上がっているようです。

コーナーは初期の応答はやや穏やかでこれも適切なセッティングだと思います。
タイトコーナーを簡単に回り 重量バランスの良いFR車の軽快感が魅力です。
アルトワークスの小さいけど凝縮したシャーシー 路面に吸い付くような足回りと4駆の
グリップからするとFR車のリアが直ぐに流れそうな不安定感を感じますが
LSDが入っているそうで 危なくないところでお尻フリフリを楽しめれば
いいなぁと思います。新車で買ったNA6Cはお尻を上手くコントロール出来る気が
しないまま手放してしまいました。

今回のRSはその辺がノーマルよりやり易くなっているようです。
路面のあたりもソフトでメーカーの設定の良さが感じられます。

バイクに復活して風に触れて走る開放感では及びませんが ヘルメットをかぶらないで
気楽に楽しめるオープンカー、一家に一台あってもいいくらい。
古巣に戻った感じです。


 
》記事一覧表示

新着順:95/5349 《前のページ | 次のページ》
/5349