新着順:159/5386 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フロントヘビーの FRの弱点

 投稿者:Go  投稿日:2017年 3月15日(水)22時17分40秒
  通報
   ㎡さん、わんこ さん

 滑りやすい上り坂では、駆動輪にかかる荷重が重要で
すね。 FFが強いのはフロントヘビーなためが大きいん
ですが、縦置きのシリンダー全てフロントアクスルより
前にある以前のAUDIでは顕著で、持ってた Coupe GT は
前輪:720Kg/後輪 360Kgという具合。 砂浜を走っても
全く問題なし。

 ハイエースは、確かに路面が濡れた登り坂ではイン側
がすぐ空転します。 上がれないということもないので
そのまま行っちゃいますが、雪道並に困ったことになる
と、サイドブレーキで空転を抑えながらなんて技でなん
とかできなければ、次は 1t近い荷物を積んでしまうしか
ないでしょうね。 (そういえばレバー式のパーキング
ブレーキは、歴代のハイエースの中でも希少かも)。

 A3(2.0T)がフロントの片側を空転させてたのは、自分
も不思議に思いました。 A3のトランスファーは Golf等
と同じ Haldex製の電子制御クラッチ式で、後輪のトルク
配分は普段は最小の 5%、最大は直結の 50%。
 で、当時の Haldexは回転差を検出して後輪にもトルク
を伝える制御だったんで、前輪の荷重が抜けても空転は
あり得ないんですが。 事実はそうだったんで、たぶん
クラッチが滑ったのかステアリングを切った状態なので
ブレーキング現象回避が優先したか、、、。

 ところでハイエースの乗り心地がいいという感想には
とても賛同してしまいます。 鷹揚な上下動をそう感じ
るということにしてますが、職業ドライバーの声を無視
できない車種なので、意外に長距離ドライブに強いポジ
ションなのかも知れませんね。
 今度の土曜は、あきる野市で Kawasakiのミーティング
があるので、早めにいって合流まで寛がせてもらいます。
 
》記事一覧表示

新着順:159/5386 《前のページ | 次のページ》
/5386