新着順:169/5349 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

これ 1台はあり得ないけど

 投稿者:Go  投稿日:2017年 1月 9日(月)02時02分49秒
  通報
   わんこ さん

 函館で乗った K13のマーチは、走行 9万キロ。
 それでやれてる面もあったかも知れません。
 ただ、電子制御はだめだめです。 雪道だから
踏めばタイヤはスリップしますが、踏み続けても
回転上がらない状態になったり、ギヤ比が変わら
ず回転だけ上がってレブリミッターが効いたり。
 先にも書いた巡航時の超低回転は、タコメータ
がないけど負荷が軽い状態でアクセル軽く踏んで
ると、ほぼアイドリングですね。 その状態から
の加速で、まず回転だけが上がったり、ギヤ比が
動かないのかガクガク気味に加速したり、なんて
いうか「筋が通ってない」。

 エンジンは直列 3気筒DOHCの12バルブでした。
希薄燃焼が流行る昨今、トルク感が足りないのは
やむないけど、それでいて最高速は(おそらくと
断った上でいうと)150Km/h、条件次第で 160Km/h
でしょう。
 とにかく制御が変で、高速でフル加速ではない
けど巡航でもない程度の踏みこみで、燃料がいき
なり絞られたようにガクンとパワーが出なくなる
時があります。

 ミッションも踏み方によってガクガクで、調べ
ると、CVTに2段変速の副変速機を組み合わせた
「新世代エクストロニックCVT」なんて代物なん
ですね、これ。
 乗用車の副変速機って、三菱の初代ミラージュ
が有名なとこですが、ホンダが初代シティでMTだ
けどトルコンと副変速機を組み合わせて、踏めば
低速側、巡航は高速側に勝手に切り替わるという
のを出してました。 そのフィーリングがどうか
は乗ってないから知らないけど、今回のった K13
マーチが噛合いのギヤを使った副変速機を使って
るなら、Nから Dレンジにいきなり入れたような
ショックがやたらにあったのも説明がつきます。

 1日目は函館から時計回りに木古内、松前ときて
小樽まで、2日目は小樽から留萌に上がり、高速で
苫小牧までぬけて後は海沿いに函館まで。 そん
な調子で 1,235Km走りましたが、2日目になると
ガシャガシャした感じも気にならなくなりました。
 加速のタイムラグも慣れたけど、でもやっぱり
瞬発力ない小型車は時々こわい場面もあります。
 追い越しがもたつくし、踏んでる間中、トルク
ステアを抑え続けなければならないし。

 でもまぁ、横置きエンジンのFFベースは、前輪
に荷重かかってる分、アクセルのON/OFFが楽しい
面もありますね。 たまにレンタカーで遊ぶには
小さい車がいいのかも。
 
》記事一覧表示

新着順:169/5349 《前のページ | 次のページ》
/5349