新着順:227/5385 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

カローラ ALLEX vs 316ti比較

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年12月18日(日)09時28分57秒
  通報 編集済
  CLのトランクとドアの修理をいよいよお願いすることができました。

代車として 世界のカローラを借りました。 元々カローラを高く評価していて
http://wanko.pecori.jp/D_B/SPRINTER/SPRINTER.htm

1990年前半の100系カローラ2台 買ったこともあります。
250ccの中古バイクよりずっと安くて それで完璧に動作するなんて痛快です。


その後殆どカローラに乗ることはありませんでした。震災の時に
一日300km×2を後部座席で経験しましたが エスティマに比べると
かなりしんどかったのを覚えています。

さてこのカローラ どんな車と言いますと 2000年代初期に発売された
カローラfxの後継機であり ランクスとアレックスは販売店の違いによる
ものだそうです。

http://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/ALLEX/
平成14年式 車両価格160万円くらい
417×169×147 1500ccで車重は1080kg 走行4万キロです

第一感は 軽い!であります。ドアも操作系 ステアリングも全てが軽い。
そしてエンジンが思いの外静かです。いつもの業者さんの車ですから 内装が
特に綺麗で程度は極上です。
それなりの加速を得ようとすると1500cc110馬力のエンジンは回すことになります。
3000回転ちょっと回せば充分に走る。その時の振動も少ない。

何よりも乗り心地が100系カローラにくらべ良くなりました。100系カローラは
当たりの強い時がありましたが ブッシュがかなり働いている感じ。
そしてゴーゴー五月蠅かったロードノイズもかなり静かになっていると思います。

視界は広いし 静かさも上々 乗り心地も最近のロールをしない当たりの強い
個体より良いくらいです。

唯一気になったのは シート。
ソフトなのは良いけど どうしてこんな形状なのか?
ランバーサポートは弱いし 何たって座面 背もたれのコシ、しっかり感が足りない。

でも市内を1,2時間走るくらいなら そんなに問題にならないし
なんたってお気軽に運転できるのは相変わらずの美点です。

これで充分だよなぁ やはりカローラは偉大だ!

と思って帰ってきました。「そうだ似たような我が家の車とはどう違うのか?」
乗り比べたくなりました。

我が家の316は 平成16年式 走行6万キロ
http://www.carsensor.net/catalog/bmw/3_series_compact/F002/M002G001/
426×175×143 車重1370kg 何故だか1800ccで115ps
当時299万円 サンルーフ付きで総額350万円くらいか。

乗ると驚きました。

何よりもビックリしたのは エンジンのアイドリングでの振動が
ブルブル エンジン音も軽いカローラに比べれば 騒々しい。
走り出すと スタッドレスのロードノイズもかなりきこえます。

「何だ この五月蠅さは」

であります。
ただ ハンドルから伝わる振動がまるで違うのです。

カローラはエンジンの振動もあればボディーがきしむ振動 足回りの
ばたつく感じが伝わってくる。
そうですボディーの剛性が300kg分まるで違うのです。
車体から透過するノイズ 振動が違う。
分厚いボディーとペなペなのボディーの差に感じます。
ガッチリしているからエンジンの振動もソリッドに伝わる感じ。

ステアリングは1シリーズほど重くはないですが それでも重い
感じですが こちらは高速も走らせるのに対応しているのが分かります。
正確で精密。
そうステアリングも同じ 何処に向かおうとしているか精度が高い。

300kg重いのにも係わらず エンジンのパワフルさ 低回転のトルク感
そして回転上昇での振動の心地よさとかは明らかにBMWが勝っていると
思います。

そして決定的な差が 足回り。
BMWは文学しています。と言うかギャップを超える時 大きなうねりを超える時
ショックの伸び側がしっかりとダンピングさせて車体を安定させ、小さな振動は
足回りが良く動くようになっている。カローラはブッシュが対応している面が
多く それより大きな振動ストロークに対しては 抑えが弱い。

足が踏ん張るとか 乗っている人の揺れを如何に減らすとか
そこまでは考えていないようにすら思えました。
ビルシュタインを20セット以上交換したり経験してきた私には
両車のショックのグレードも感じられました。

316は高速道路で リアのストローク感に不満がでましたが その領域まで
カローラは使うのを前提にしていないと思われ 使うシチュエーションの
違いが明快であります。

がっちり感 剛性感 エンジンの気持ちよさ ATの変速のセッティング
乗り心地が良い感じ 運転していて楽しいと思わようとしている項目が
あるかないかの差と感じました。

どちらも今は コスト的にはタダみたいな最安値の車です。
維持費は圧倒的にBMWの方がかかります。
でも5年で車両代込み50万円もあれば存分に使い倒せる。

安さと信頼性 安心感でカローラ、趣味性と楽しさで316 であります。
新車時は200万円くらいコストが違ったけど 今は殆ど差が無く乗れる。
いやこんな13年も前の車乗る人はいないか・・・
でも今の150万円の新車と比べてみたらどうでしょう。

いずれにせよ2台を同時に乗り比べることでよく分かりました。
 
》記事一覧表示

新着順:227/5385 《前のページ | 次のページ》
/5385