新着順:229/5385 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

使い分け活かしきる

 投稿者:わんこ  投稿日:2016年12月 7日(水)08時51分22秒
  通報 編集済
  先月末に父が亡くなりその対応に翻弄されてしまい、お返事ができなかったり
疎かになって申し訳ありません。

なにぶん初めての経験ばかりで、喪主として葬儀社の選定から葬儀内容の子細
に渡る設定、親が購入してあったお墓のこと、宗派に合わせたお寺とのお付き合い、
親戚への対応と父の容体が悪くなってから休む間がありませんでした。
家内が仕事を休んで補助してくれたので 私は土曜日1日仕事を休むだけ
で済みましたが 一人では到底乗り切れない仕事量でした。
毎日、目一杯仕事をしているので少々グロッキー状態です。

高齢の配偶者が後を追うように亡くなってしまうのも分かる気がします。
故人が設定してあればよいのですが、基本的に任されるのでいろいろな対面
しきたりに従えばコスト的にも想像よりずっと必要であり、仕事量を含め
これが兄弟、親戚間で負担が偏るとより深刻な問題となり得ます。
自分の時はどの様にするのか、指示しその原資の確保も必須だと思われます。

家族葬の葬儀費用でも3~5鳥 お布施には1鳥以上 位牌仏壇その他は最低でも1鳥から
天井知らず。ただ葬儀は今は比較が当たり前の時代ですから設定は洗練されており
東京でお寺や墓地を維持する側からみれば 妥当なラインであるとも言えます。

さてここは車の趣味を語る場所

今回 車を本当に思いっきり使いこなした感があるので書かせていただきます。
毎日の様に20~30km離れた病院や実家へ行くとき、仕事で疲れた体で移動する
には車の快適性 特にトルクの大きさが大切だと感じました。
CLの様に足回りが良くて加速にもたつきがないことが どんなに疲労を低減
してくれたことか。
高速道路を使うシーンでは言うまでもありませんが トリビュートも視界が高く
トルクがあるので大変楽です。足回りが悪いのは気になりますが それでも
CLで行きたくないとき 荷物が積めることが逆に美点となって CLにはない
価値のある存在でした。

例えばお寺に行って挨拶を行う お布施のことが気になりどの様な対応を
求められるか? その時 CLの見た目 存在は嬉しくない。
斎場の前に停める車として、列席する人が直ぐに分かる存在でよいのか?
遠くから従兄弟が軽自動車で来てくれているのにCLがデーン!ではまずい。
例えアクアやフィットより安くても それは理由にならない。

鳥ビュートはがたいは大きいけど存在が普通で精神的ストレスが
全くありませんでした。
斎場に家族4人が泊まる荷物を積み込んだり、返礼品の大きな手提げ袋を10個運ぶ
そんなとき荷台の大きさ 室内の広さはとても助かりました。
1鳥=40万円で買いましたが、これほど役立ち助かるとは思いもしませんでした。
私のニーズを自分自身が把握していなかったことの表れであります。

今 思うことは、もし1台であればSUVがいい。視界の高さが精神的な
開放感とリラックスを与えてくれる。
カイエンやマカンが趣味的には1番かもしれないけど、冠婚葬祭や
地方の古民家での使用では国産車が望ましい。

エクストレイルの2リッターNAだと私には少々トルク不足か?
となると新しめのフォレスターのターボ がいいなぁ
と思っています。


 
》記事一覧表示

新着順:229/5385 《前のページ | 次のページ》
/5385