teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


兵器の性能について

 投稿者:キャプ専クック  投稿日:2017年12月14日(木)22時49分55秒
返信・引用
  桜と錨様、こん××は。

いつもご丁寧にお答えいただきありがとうございます。

もちろん日本の技術が格段に劣っていたことはよく承知しているのですが、何か優れたところはないのかという
身びいきなところがありまして・・・(-_-;)トホホ

それにしても戦前、米内海相の「勝てる見込みはありません。日本の海軍は米英の海軍相手に戦争する様に造られていない。・・・」
という趣旨の発言があったそうですが、にもかかわらず、「世界に冠たる」とか「米英何するものぞ」など
思い上がったままで戦争に誘い込まれてしまいました。

まさに「敵を知らず、己も知らず」だったような気がします。
つまりは、軍事力というものは、実際には使わないけれども常に優秀な兵器を保持して、理不尽な国に理不尽な考えを起こさせない、
すなわち抑止力こそがその存在価値だと思うのですが。

ところが、最近兵器の性能を向上させようとすると、すぐに「専守防衛」の国是を破るなどとたわごとを言う人がいるのには驚きます。
その人達は「専守防衛」とは海岸線に銃を並べることだと思っているのでしょうかね。(`へ´)

以上、過激な発言失礼しました。
 
 

Re: 『日本海軍護衛艦艇史』

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年12月14日(木)12時10分54秒
返信・引用
  キャプ専クックさん、こん**は。

>『日本海軍護衛艦艇史』 を早速読購入しました。

 お買い上げありがとうございます。 海人社さんにかわりお礼申し上げます (^_^)

>基本的ないわば地道な技術が劣っていたのではと
>派手でかつ、成果が目に見えるものばかりを追求していた

実は「大和」にしてもこれを詳細に見れば、船体も機関も装甲も兵装も全て問題点が沢山あり、
技術レベルとしては大したことないんですよ。

46センチ砲にしても、従来からの砲熕技術の延長線上の“改良”に過ぎませんで、極端な話しが
単に口径が大きいだけで、その細部を見れば動力一つとっても実際は問題点だらけでなんです。

それに九一式(一式)徹甲弾にしても、弾体の製鋼技術は低かったことが明らかになっています。

零式戦闘機にしたところで、その運動性能はともかくとして、機体も装備も問題が多かったことは
ご承知のとおりです。 編隊としての運用に重要な無線機さえ満足なものは出来なかったのです
から。

これを要するに、何と言っても日本はやはり“持たざる国”であり、産業力も技術力も諸外国から
すれば遙かに劣っていたと言わざるを得ません。 特に基礎的な科学レベルにおいては決定的とも
言えます。

何しろ、真空管どころか、継ぎ手のパッキン一つでさえ満足なものは作れなかったのですから。

あるいは魚雷艇、そしてそれに搭載する小型高出力のディーゼルエンジンでさえ実用に耐えるものは
開発できませんでした。

これは何も戦艦などに勢力を集中したためだけではありません。 技術レベルが低かったのです。

戦後になって旧海軍の技術屋さん、特に造船官達が「造船技術は勝てり」「上手くいかなかった
のは全て用兵者の無知」などと声高々に叫んだため、今でも一般の方々でこれを信じてしまう人が
多いのですが、事実とはかなり違うことが最近になってやっと一部の研究家の人達も認識するよう
になってきました。

そして兵器開発のための基礎技術の貧弱さはもちろんですが、技術屋さん達の“システムデザイン”
能力が低かったと言えます。

例えば、見よう見まねでレーダー(電波探信儀)を何とか実用化するところまで行きましたが、
結局のところ“量産工業製品”としての信頼性は低く、PPI表示器も作れず、ましてやこれを
中心とするCICの発想などどこにもありませんでした。

よく「技術的な発明はイギリス、実用化は米国、そしてそれを改良するのが日本」と言われますが、
全くその通りだと思います。


 

『日本海軍護衛艦艇史』

 投稿者:キャプ専クック  投稿日:2017年12月12日(火)21時44分6秒
返信・引用
  桜と錨様、こん××は。

お久しぶりですが、一挙に寒くなりましたね。我が家のあたりはもう全面雪で白くなっています。

ところで、紹介された 『日本海軍護衛艦艇史』 を早速読購入しました。戦艦や空母の情報は
たくさん目にしますが、小艦艇についてはあまり見ないので、興味深く読みました。

真珠湾、マレー沖、ミッドウェー、珊瑚海、レイテ沖などなど、ついつい華々しい海戦に目を奪われがちですが、
その陰にこれらの弱小艦艇ではるばる南洋まで護衛任務についていた大勢の人々がいるとは・・・
と暗澹たる気持ちになりました。乗組員の運命を思うと気の毒でなりません。

内容等について直接的なことではありませんが素人として読後の感想などをひとつ。

すでに多くの識者が指摘されているように、当時の日本海軍は世界初の16吋砲搭載の「長門」、
18吋砲の巨艦「大和」、「酸素魚雷」、さらには「零戦」など世界に誇る技術を持っていながら、
高角砲の性能や電探の開発、自国の暗号の強度及び敵の暗号解読、ダメージコントロールなど、
地味で基本的ないわば地道な技術が劣っていたのではと改めて思います。

つまりは派手でかつ、成果が目に見えるものばかりを追求していたのでしょうか。

いずれにせよ、この本は各艦艇の詳細なデータがおもしろく、楽しませてもらいました。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年12月10日(日)14時12分3秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新として、『水雷講堂』の『水雷兵器解説』コーナー中の「港湾・対潜」で、先に
公開した爆雷に関連する投射機、投下装置、信管などのページを追加しました。

マイナーなものばかりですが、こういうデータは文献などでも意外とありそうでないもの
ですので、旧海軍史料に基づくものを纏めて残しておくことは私のサイトの目的でもあり、
また意義のあることと思っております。

次は水中探信儀などに進めると良いのですが・・・・


 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年12月 3日(日)14時07分37秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新として、『現代戦講堂』の『資料展示室』コーナー中の『幹部候補生学校1課程
(防大卒)用SG (S48)』にファイルを追加しました。

と言っても、追加したのは20~30ページ程のものばかりですが (^_^;

何しろ当時の質の悪い藁半紙にガリ版刷りですので、成形とゴミ取りに手間がかかりますので、
ページ数の多いものには取りかかれません。

「機関(蒸気 上)」と「同 下」でも合わせて200ページ以上ありますし、「乗艦実習必携」
などは400ページを超えますので。

今後とも手の空いた時に少しずつ増やしていく予定です。

なお、ファイルの追加に伴い、この1年間の課程で使用したSGの全容を掴んでいただくために、
トップページをリニューアルしました。

 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年11月26日(日)20時46分33秒
返信・引用
  今週の更新

管理人の桜と錨です。

今週の更新として、『水雷講堂』の『水雷兵器解説』コーナー中の「防備・対潜」兵器で
旧海軍が開発した爆雷の詳細データをUPしました。

特に米軍資料による九五式と二式爆雷の写真及びイラストなどは珍しいと思います。



 

ご来訪「555555」達成記念企画

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年11月24日(金)14時33分55秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

皆様のお陰をもちまして、ご来訪「555555」のぞろ目を達成することができました。

つきましては、その記念企画として先ほど『史料展示室』コーナーにおいて山田太郎氏編纂の
『呉海軍工廠造兵部史料集成』を公開いたしました。

この史料集成は、明治期の創設から今次大戦期に至る同造兵部に関する史料を網羅した全3巻の
大作です。

しかしながら自費出版で一般の流通経路に乗らないこともあって、まさに知る人ぞ知る大変貴重
なものであり、かつ旧海軍研究者にとっては必須ともいえるものです。

この度山田氏のご厚意により、本史料を後世に伝えるべくディジタル化してその全文を当サイト
にて公開することができます。

とは言っても大変な大作ですので、取り敢えずその上巻全頁と中巻、下巻の目次からです。
残りも今後準備でき次第順次公開いたします。

ご来訪の皆様もどうかこのすばらしい史料集成をお楽しみいただきたいと存じます。

なお、山田氏からは『呉海軍工廠製鋼部史料集成』全2巻の公開のご承諾もいただいております
ので、この造兵部史料集成が終わりましたらディジタル化にかかる予定にしております。

山田氏にはこの様な貴重な大作を公開させていただけることを心より感謝し、この場にて改めて
お礼申し上げる次第です。
 

Re: 記念のぞろ目賞

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年11月21日(火)23時20分10秒
返信・引用
  HN加賀さん


>ぞろ目賞はちょっと大物とのこと


えっ、いや大物と言いましたのは記念企画の方で・・・・ m(_ _)m

申し訳ありません、本サイトは単なる海自OBが個人運営しているサイトですので、残念ながら
コレクターでもモデラーでもありませんので、ご要望いただいたものは反対に私が欲しいくらい
の大物ばかりです。 アセアセ(^_^;


では、何か適当なものをちょっと探してお送りさせていただくことにしますね (^_^)

なお、恐れ入りますが間違えないように念のためお送り先などを管理者宛のメールいただければ
と存じます。



 

記念のぞろ目賞

 投稿者:HN加賀  投稿日:2017年11月21日(火)00時35分18秒
返信・引用
  拝啓   桜と錨  様  555555番目の訪問者記念のぞろ目賞はちょっと大物とのことでしたので、期待してもよろしいのでしょうか。恐縮ながら帝国海軍のプレミアの艦船スケールモデルの空母加賀、赤城、戦艦長門型、金剛型、伊勢型又は扶桑型のうち最終時のモデルを頂けましたならば、無上の光栄です。また、桜と錨様の記念のサインも頂けますならば、とても嬉しいです。なお、氏名、住所、電話番号は前回と同様でございます。敬具    

Re: 555555番目の訪問者になりました。とても嬉しいです。

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年11月20日(月)22時30分15秒
返信・引用
  HN加賀さん、おめでとうございます。

では何か記念のぞろ目賞を差し上げることにします。

自衛隊グッズとか、プレミアの艦船スケール・モデルのセットとか ・・・・ どんなものが
ご希望でしょうか?

それにしても早かったですね。 今週末ぐらいかと予想していましたら、先週末からあっと
いう間でした (^_^)



 

555555番目の訪問者になりました。とても嬉しいです。

 投稿者:HN加賀  投稿日:2017年11月20日(月)19時35分29秒
返信・引用
  桜と錨様こんばんは。 11月20日午後7時19分頃に幸運にも555555番目の訪問者となりましたので、ご連絡申し上げます。「桜と錨の海軍砲術学校」の今後ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。小生450000番目の訪問者にもなりました。今夜は香箱蟹を肴に日本酒で祝杯をあげたいと思います。
 

まもなくご来訪「555555」

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年11月19日(日)14時11分40秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

あと少しでカウンターが「555555:のゾロ目になります。

既にお知らせしてありますように「ゾロ目賞」を考えておりますので、踏まれた方は
サイトトップ下のカウンター画像をコピーしてご申告ください。

なお、ゾロ目の記念企画は初回分の準備が何とかできました。 ちょっと大物ですので、
こちらもご期待いただきたいと存じます。


 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年11月19日(日)14時08分42秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

相変わらずなかなか時間が作れませんが ・・・・

以前某所で12糎7の平射砲と高角砲の砲弾についての話題が出ていましたが、いまだに回答が
ないようでので、折角ですから前者の「五十口径三年式十二糎七砲」とその弾薬についての詳細
データをUPしました。

既に後者の「四十口径八九式十二糎七高角砲」とその弾薬の方は公開しておりますので、興味の
ある方は両者を比較してみてください。



 

Re: 学都金沢に今も残る海軍砲術資料「海上砲術教諭手引」

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年11月19日(日)13時25分49秒
返信・引用
  加賀さん、こん**は、お久しぶりです。

>加賀藩の藩校「壮猶館(そうゆうかん)」で使われた砲術関係の資料『海上砲術教諭手引』
が学都金沢に今も残っている

ご紹介ありがとうございます。 面白そうな本ですね。

各地の図書館にも色々なものが残されているようですが、ただ残念ながら図書館故なのか
あまり、というかほとんど知られることがないですよね。


もう少し分類別に一括して横検索ができるようになると良いのですが・・・・


>店頭には美味そうなズワイガニや香箱ガニが沢山並んで

蟹・エビ好きにはたまらない季節になりましたが、北陸や山陰以外ではなかなか良いものが
(安く)手に入りません。

コッペ(香箱)などは一昔前は子供のおやつやおでんの具でしたが、今ではこれも高級品に
なり高くなりましたね。 あの外子のシャリシャリとした触感は何とも言えないものがあり
ますが。


 

学都金沢に今も残る海軍砲術資料「海上砲術教諭手引」

 投稿者:HN加賀  投稿日:2017年11月19日(日)09時40分29秒
返信・引用
  桜と錨  様   こん○○は   お久しぶりです。立冬も過ぎ、待ちに待った日本海のカニ漁もいよいよ解禁となり、店頭には美味そうなズワイガニや香箱ガニが沢山並んでいます。小生はこれから味見したいと思っております。
     冬の荒波の日本海周辺では米空母3隻と「いせ」ら複数の海自艦や空自のF15との共同訓練も予定どおり終了したと報じています。
     さて、幕末の加賀藩の藩校「壮猶館(そうゆうかん)」で使われた砲術関係の資料『海上砲術教諭手引』が学都金沢に今も残っていることが判明いたしました。桜と錨様や皆様にもご報告したいと思い、投稿いたしました。
     これは、1842年にオランダで刊行された洋書(Leiddraad  bij  het  Onderrigt  in  de   Zee-Artillerie)の和訳で、加賀藩が安政元年(1854年)に西洋式武学校である藩校「壮猶館」を設け、幕末の当時最新の西洋の海軍砲術を取り入れ、これらの洋書を翻訳して加賀藩の海軍砲術教育に利用したものです。現在は石川県立図書館が藩校「壮猶館」の多くの資料を受け継ぎ、所蔵しています。
     幕末の近代日本の幕開け間近の時期に前途有為な生徒たちが、軍艦による砲術を学んで、そのうちの幾人かは明治に入り、日本海軍で活躍したのではないかと想像しております。日米共同訓練の起源を天下の書府金沢に残る藩校資料に垣間見たような心地です。
 

Re: いら立ちのご時世?

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年11月 8日(水)23時49分58秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

>夜中に、何故か日新岸壁を追い出された?、バラ積み船「坂出丸」58,135トン。

夜中ですか、こんな大型船の係留替えとしてはちょっと異状ですね。
夜間に短三声の連呼は湾内に響き渡るでしょうね (^_^;

江田内では昼間でも「牛の乳がでなくなる!」「鶏が卵を産まなくなる!」
という苦情電話が殺到しますから。

まあ小型船舶はいつでも避けられると思っているのか傍若無人な振る舞いが
多いですからね (^_^)


 

いら立ちのご時世?

 投稿者:  投稿日:2017年11月 8日(水)09時18分53秒
返信・引用
   こんにちは。
本来ならレセプションとかで歓待されるべき夜中に、何故か日新の
岸壁を追い出された?、バラ積み船「坂出丸」58,135トン。
その腹いせに、近隣の迷惑も顧みず短三声を20数回も轟かせて
沖に錨泊しました。

早朝、味方の上陸用舟艇に短五声を浴びせ、強制回避させた補給艦
「とわだ」8,100トン。

まぁ、間違った警告ではないのですが、それにしても・・・(^^;)です。
 

Re: 敬礼

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年11月 6日(月)21時20分8秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

あれっ、今朝引き出しですか? この後どうするんでしょうね。

 

敬礼

 投稿者:  投稿日:2017年11月 6日(月)08時14分48秒
返信・引用
  ・・・です。  

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年10月22日(日)17時18分54秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

先週の内令兵一覧の続きで、やはりこれもなければ、ということで、明治41年の内令兵制定
以前の兵器に関する規定をリスト・アップして追加しました。

とは言え、取り敢えずは現在できたところまでの暫定版です (^_^;


 

レンタル掲示板
/148