teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: 四塩化炭素

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 3月22日(水)18時38分27秒
返信・引用
  GOさん、お久しぶりです。

>それも目的で始動空気と替えた

ブログにも書いてありますよう三型の「一液」と呼ばれた四塩化炭素は一型の「第一空気」を
置き換えるためのもので、油分除去を目的とはしておりません。

九三式魚雷の酸素の管系統は厳重な製造及び保守管理がなされており、特に一型の第一空気の
取り扱いも第二空気並み、と言うよりそれ以上に面倒な点もありましたので、問題となるような
油分が残ることはまずあり得ません。

従って一型においても残留油分が問題とされたことはありませんし、またこれによる事故等の
発生も記録されていないはずです。

そして第一空気の窒素を他のものに置き換えるという発想に基づき様々なアイデアが出されて
実験を行ったときに、最終的に「一液」として成功したのがこの四塩化炭素です。

この三型になって、第一空気を用いていた時よりは製造及び保守管理が楽になったとは言え、
元々が残留油分が問題にはなってはおりませんので、これを目的とすることはあり得ないのです。

ただし、その楽になった分は四塩化炭素を使用することにより残留油分の除去も“より効果的に”
実施することが可能になったことは確かですが、これはあくまでも“副次効果”であって目的
ではありません。


ご紹介の元回天搭乗員の話しはその根拠が不明ですが、おそらく四塩化炭素がドライクリーニングの
溶剤としても用いられるものであることもあって、この副次効果のことをどこかで勘違いされた
のではないでしょうか?

 
 

四塩化炭素

 投稿者:GO  投稿日:2017年 3月21日(火)21時20分54秒
返信・引用
  >桜と錨様
ご無沙汰しております。
ブログに酸素魚雷の四塩化炭素事が書かれていますが、元回天搭乗員の方々が四塩化炭素は酸素管の油分除去の意味もあると言うのですが、それも目的で始動空気と替えたのでしょうか?
整備員が完全に整備しているので、そのようなことはないと思いますし、九三式一型で始動時に爆発事故が多発したなどという記述を読んだことがないので、それはどうなんだろう?と半信半疑なんです。

http://blogs.yahoo.co.jp/xxx7372111

 

鹿島航空基地施設配置図

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 3月20日(月)17時47分28秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

HN「HAKUSHU」さんからリクエストをいただきましたが、折角の機会ですので
当該ページの施設配置図を少し大きなものに変更しました。


 

(無題)

 投稿者:HAKUSYU  投稿日:2017年 3月20日(月)05時14分41秒
返信・引用
  > No.4630[元記事へ]

桜と錨さん

ありがとうございました。



 

Re: 初めまして

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 3月19日(日)13時09分38秒
返信・引用
  HAKUSYUさん、こん**は。

これ ↓ (クリックで拡大)でいかがでしょうか?

第一兵舎から下は、同洗面所便所、定員(?)○○所、兵員烹水所、兵員浴場、衣服修理所、
自力発(電)所、酒保、汽缶場とまでは読めます。


元々の印刷そのものが非常に悪いので、私の手持ちではこれが限界です。

 

初めまして

 投稿者:HAKUSYU  投稿日:2017年 3月18日(土)15時53分40秒
返信・引用
  HPをよく拝見させて頂いております。
管理人様、教えて頂きたいのですが
鹿島航空基地のページの基地施設図の文字が読めないのですが
何と書いてあるのか?お教え頂けませんでしょうか。

特に知りたいのは、基地施設図をクリックしポップアップした時
HP海軍砲術学校の透かし文字の「軍」の部分の地区です。

お手数かけますがよろしくお願いいたします。
 

Re: 仔細は???ですが

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 3月17日(金)12時29分11秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

確か以前に養鶏業者から汽笛に驚いて鶏が卵を産まなくなると言うおかしなクレームが
あり、それを真に受けた海自が江田内での汽笛吹鳴を禁止したことがあったと記憶して
いますが・・・・?



 

仔細は???ですが

 投稿者:  投稿日:2017年 3月17日(金)08時11分0秒
返信・引用
   こんにちは。
江田島湾内で、引き船に対して?の、短一声、つかさず短三声はチョットやりすぎ???・・・(^_^;)かも?。
 

Re: 地道なPR・・・

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 3月16日(木)23時02分35秒
返信・引用
  脇さんへのお返事です。

>別のところで頑張っておられるみたいですよ。

う~ん、なんだかな、ですね (^_^;  わざわざマスコミを呼ぶようなことでも ・・・・


 

地道なPR・・・

 投稿者:  投稿日:2017年 3月15日(水)14時03分20秒
返信・引用
  > 最近は海自の広報担当も段々とお役所仕事になって・・・
 こんにちは。
別のところで頑張っておられるみたいですよ。
http://msdfmso.info/%E6%84%9A%E7%9B%B4%E3%81%9F%E3%82%8C%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88-%E5%91%89%E5%9C%B0%E6%96%B9%E7%B7%8F%E7%9B%A3%E9%83%A8%E3%83%BB%E5%91%89%E5%9C%B0%E6%96%B9%E7%B7%8F%E7%9B%A3-%E6%B1%A0/
昨日夕のTVニュース(ローカル)で見て、びっくりでした。

愚直タレは、真っ先に稲田大臣に味わっていただきたいと?・・・(^_^;)です。
 

更新のお休み

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 3月12日(日)09時40分39秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週も更新はお休みです。

ブログの方で「艦載砲と度量衡」4回、そして続けて「九三式魚雷について」を連載して
いますので、余力が無くなってしまいました (^_^;

 

Re: なんだ、何だ???

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 3月 8日(水)22時52分43秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

ご紹介ありがとうございます。 空自の標的と聞いていますが・・・・さて?

しかしながら、こういう姿を見ると寂しいものがありますね。


 

なんだ、何だ???

 投稿者:  投稿日:2017年 3月 8日(水)14時56分14秒
返信・引用
   こんにちは。
艦砲射撃の標的?でしょうか?
艦橋ウイングと後甲板に機材が取り付けてあるようですが?
 

Re: 非常持出

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 2月22日(水)16時45分11秒
返信・引用
  キャプ専クックさん

>正直「何だかなあ」と

当時は明治憲法下で軍隊は天皇の元にありましたし、諸外国においても国家元首に敬意を払う
ことは当然のことでので、現在の日本憲法下の社会で考えても意味はないでしょう。

>「艦長ハ、」で始まる条文の多いこと

艦長がその艦の全責任を負うピラミッド階層においてはこうなりますね。

ただし艦長以外、例えば副長は「艦務百般ノコトニ関シ艦長ヲ補佐シ」、各科長は「其ノ担任
所掌ニ関係アル事項ニ付艦長ノ職務ヲ補佐」とあるように、全ての具体的なことは副長及び
科長以下の乗員で行われますので、艦長はそれを監督し把握していればよいことになります。

そして艦長になるまでは長い年月を経験しておりますので、艦内で何が行われているか、何が
足りないかは注意を怠らなければ判るものです。

>きっとやり甲斐があったことでしょう

今も昔もそうですが、特に現代社会において文字通りの「一国一城の主」を堪能できるのは
海上自衛隊の艦艇でしょうね(^_^)

そして「板子一枚海の底」と言われるように全乗員の運命共同体ですから、自然と親分子分
的な絆が強くなり、艦というのは単なる鋼鉄の物体ではなく、人間が一体となって動かして
いる生命体だなとつくづく感じます。


 

Re: 非常持出

 投稿者:キャプ専クック  投稿日:2017年 2月21日(火)21時49分57秒
返信・引用
  > No.4617[元記事へ]

桜と錨さんへのお返事です。

桜と錨様、こん××は。

ご教示ありがとうございます。

「艦船職員服務規程」の当該条文を読ませていただきました。
真っ先ではないにしてもやはり御真影も大事なものだったのですね。正直「何だかなあ」と思いましたが。

それにしても、この規定は「艦長ハ、」で始まる条文の多いこと・・・(他も読んでみました)。
おかげで、艦長はそれだけ大変な責務を負っているということを具体的に認識しました。

考えてみれば、たとえ艦隊を組んでいても、海の上では他と隔絶された大組織を任されているのですから、
その責任は特に重大なことは明らかですよね。

余談ですが、その点は民間の船でも同様でしょうから、例の韓国「セウォル号」の船長の行動は万死に値するものと感じました。

改めて管理人さんの現役時代、お疲れ様でした。(でも、きっとやり甲斐があったことでしょうね(^_^)
 

Re: 非常持出

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 2月21日(火)12時24分54秒
返信・引用
  キャプ専クックさん、こん**は。

>真っ先に持ち出すのは軍艦旗に包んだ「御真影」

御写真については、「艦船職員服務規程」の第32条の中で「御写真ヲ守護シ乗員ノ生命ヲ
救助シ」とされ、最優先の持ち出し事項とは規定されていません。

同規定については「海軍法規類集」コーナーで公開しておりますので、これの第32条及び
第33条あたりをご覧ください。

当然ながら艦を放棄せざるを得ないような事態では、その時その時の状況により持ち出せる
場合もあれば持ち出せない場合もあります。 これは他の秘密書類・物件の全てについても
同じことです。

私からするとどうも戦後はこの御写真の事だけが強調されすぎているように思いますね。

もちろん太平洋戦争、特にその後半になってからは旧海軍においても精神論が出てきていた
ことは否定しませんが。

>この発射弾数や各種の記録、暗号表などが最も大切なはず

お尋ねの記録や書類などは全て秘密事項を記載したものですので、その取り扱いなどの方法
については「海軍機密書類取扱規則」の定めに従うことになりますが、これは秘密の程度に
よって区分されており、どれが優先とかはありません。

またこれらはその担当者が細かく別れておりますので、一括して云々とは言えないものでも
あります。

したがって、艦を放棄するような事態においてこれらの文書などを誰がどうするかは、各艦
毎の「部署」などによって定めらることになります。

もちろんこれも、その時その時の状況により持ち出せる持ち出せないがありますので、要は
臨機応変に最善を尽くす以外にはないわけですが。

>海自の護衛艦が沈没の危機に遭遇したら

旧海軍と同様に関係の規則類が定められており、各艦毎に非常持出物件が指定されると共に
「破壊部署」「総員離艦部署」などで規定されています。


 

非常持出

 投稿者:キャプ専クック  投稿日:2017年 2月20日(月)18時51分7秒
返信・引用
  桜と錨様、こん××は。

私の町では今年の冬はけっこうコンスタントに(?)雪が降るので、暖冬続きだった昨今に比して
冬の季節を実感していますが、管理人さんのお宅の方は暖かいのでしょうね。

ところで、少し前にブログの方で発射弾数の記録について解説されていましたが、
それで前々から気になっていたことを思い出しました。

というのは、以前どこかのサイトで日本海軍の軍艦が沈没に瀕したとき、退艦にあたって
真っ先に持ち出すのは軍艦旗に包んだ「御真影」だというのを読みました。

しかし、この発射弾数や各種の記録、暗号表などが最も大切なはずなので、合理性をもととする海軍が
緊急時に命をかけて写真を持ち出すとは考えにくいのですが、戦前だからあり得たのでしょうか。
もし、持ち出すものの優先順位などの規定がどこかにあったのであればお教えいただきたいのですが。

また、海自の護衛艦が沈没の危機に遭遇したら(考えたくもないですが)やはり「非常持出」の規定が
あるのでしょうか。これも機密に触れない程度で(?)お教えいただければ幸いです。
 

更新の追加

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 2月20日(月)18時25分37秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

昨日の定期更新で一つUPするのを忘れていました。

Face Book の方で中谷元氏が宮崎空港脇にある慰霊碑において旧海軍宮崎航空隊及び同基地
から出撃した特攻隊員の慰霊祭のことが紹介されていましたので、これを機会に 『旧海軍の
基地』 コーナーにて 「宮崎航空基地」 のページを公開します。

なお「赤江飛行場」あるいは「赤江航空基地」というのは同地の地名を採った現地での通称で、
旧海軍における正式名称は 「宮崎航空基地」 です。


 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 2月19日(日)17時42分44秒
返信・引用 編集済
  管理人の桜と錨です。

先々週「史料展示室」コーナーにて「那智史料」の一つである昭和18年の「連合艦隊戦策」
を公開しましたが、今週は折角の機会ですから米海軍が「那智」から引き揚げた直後にその
主要なものを英訳した中にある当該戦策の英訳版を一緒に公開することにしました。

ただ私が持っているコピーもどの段階での複製版かは判りません。 このため元の旧海軍の
ものと同じく大変に読みにくいものですが、幸いにして英数字だけですので何とか全て判読
可能です。

元々の日本文のものとこの英訳版を対比しながらお読みいただくと、日本文で欠落又は判読
不明な部分も把握できるかと思います。

なお、当該「那智史料」の英訳版も一式が防研にあるようですが、こちらは私も見たことが
ありません。 ここで公開するものよりも綺麗なものとも思われますので、興味のある方は
こちらも是非一度防研でご確認を。

 

Re: 土曜日の短艇訓練

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 2月19日(日)17時29分46秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

若いっていいですねえ(^_^)

でもこの時期に何か行事がありましたっけ。 宮島遠漕の訓練?

 

レンタル掲示板
/144