teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 8月20日(日)16時15分0秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

先日ブログに連載した記事を纏め直したものを『砲術の話題あれこれ』の第9話として『発射門数と
命中率』ということで艦砲射撃というものを説明したところです。

もちろんこれでもこの分野の入門者の方々にはなかなか判りにくいところがあるかと思います。
したがって最後の結論だけを“そういうもんなんだ”と覚えていただいてもそれでも結構でしょう。

で、これに関連して、今週の更新としてご参考までに大正2年度艦隊戦闘射撃のアルバムから比較的
状態の良い12葉を選んで『懐かしの艦影』の『落穂拾い』コーナーで公開しました。

古いものですが、訓練射撃での状況と併せ、弾着の水柱の立ち方や斉射弾の散布の仕方などを見て
いただければと思います。


 
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 8月 6日(日)09時13分37秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新として、『現代戦講堂』の『資料展示室』コーナーで1968年に秘密解除された米海軍の
極秘文書『U.S.S.R. Navy』(ONI 1943)を公開しました。

以前ブログの方で紹介し暫く本サイトの空きエリアに置いておりましたが、現代戦講堂』の設置に
伴い、改めてこちらで公開するものです。

本文書は2000年代になってから米海軍の公式サイトでも公開されたのですが、何故かネット上では
広まることはなく、現在ではWeb版になったものがあるだけで、元のPDF版のものは米軍サイトも
含めて探しても見つかりませんでした。

1943年段階で米海軍が把握していたソ連海軍に関する情報を纏めたもので、この方面に関心のある
研究家の方々にとっては貴重な公文書であると思います。

『史料展示室』でも良いのですが、追々戦後のソ連海軍関係も公開していくつもりですので、これも
あって『現代戦講堂』としております。

どうぞお楽しみください。

 

Re: 舞鶴地方隊サマーフェスタ

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 8月 3日(木)20時35分21秒
返信・引用
  JANETさん、こん**は、相変わらず行動派ですね (^_^)

こちらはこのところ34度続きでしかもムシムシしており、少々グッタリです。

私は冷房が嫌いなものですから、早くせめて30度くらいになってくれないと
何もする気がおきません。

まもなく孫娘の来襲もありますし ・・・・(^_^;

 

舞鶴地方隊サマーフェスタ

 投稿者:JANET  投稿日:2017年 7月31日(月)00時05分27秒
返信・引用
  3~4年前のイベントは行ってものんびりでしたが、なんば発の高速バスが
まさかの2本体制、帰りも予約なければバスに乗れなかったという綱渡りな
状況でした。
ついでに物販、特に部隊別のカレーショップがあって、いままで草地?だったところに
そういう店を並べて昔の風景はかわりました
ところで夜中のミサイル発射でイージス艦は出て行ったという話もあるけど、どの道
艦橋は別扱いでしょうから、そんな影響もなく航空基地と掛け持ちでした。
幸い曇りで蒸し暑い程度、31度は天国ですね
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 7月30日(日)13時58分43秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新として、先日ブログの方で記事にしました「発射門数と命中率」を纏め直して『砲術の
話題に関するあれこれ』の第9話として追加しました。

なかなか初心者の方々には判りにくいかもしれませんが、最後の結論だけでも覚えていただければ
と思います。

また、ネットの某所で「五十口径八八式十糎高角砲」が話題になっていたので、これを機会に同砲
及び同砲用の「通常弾」のデータを『旧海軍の砲術』コーナーにて追加公開しました。

ここまでの詳細を必要とする研究者の方々はそうそうおられないとは思いますが、こういうものも
キチンと残しておかなければと考えますので。


 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 7月23日(日)15時13分23秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

こんなマイナーなテーマを扱うサイトですが、お陰様でご来訪が54万名を超えました。

特に感謝記念企画等は考えておりませんでしたが、その代わりと言ってはなんですが今週の更新も
兼ねて『史料展示室』にて昭和18年に横砲校戦術科が作成した『防空兵装略図』を公開しました。

重巡、軽巡及び空母各艦の機銃などの増備状況を示したものですが、手書きのラフなもので、かつ
質の良くない藁半紙にガリ版刷りの上、経年変化で特に折り目などが変色してしまっており大変に
見づらいものとなっております点はご了承ください。

この機銃などの増備状況については、あ号作戦後に呉、佐世保、舞鶴の各海軍工廠が調査作成した
『各艦機銃電探探信儀等現状調査』が有名ですが、こういった技術的視点のものではなく用兵者側
の史料として大変珍しいものと思います。

僅か8頁のものですが、出来るだけゴミ取りをして1つのPDFとしましたので、お楽しみ下さい。


なお、まだまだ先のことになりますが・・・・次のご来訪55万名の時には55万のキリバン賞か、
あるいは「555555」のゾロメ賞を考えております。 さて、何が良いですかねぇ。

 

Re: 阪神基地サマーフェスタ

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 7月20日(木)21時10分54秒
返信・引用
  JANETさんへ、こん**は。

流石にこの時期は暑いですね。 私ならとてもではありませんが、長時間の列に
並ぶ元気はありません (^_^;

それにしても、最近はどこの港でも海自艦艇は大人気ですね、嬉しいことです。


 

阪神基地サマーフェスタ

 投稿者:JANET  投稿日:2017年 7月20日(木)11時43分13秒
返信・引用
  久しぶりです。
今年2度めイベントかと、神戸港開港150年がらみもあったのでしょう
一般向けは潜水艦の上に上がるだけ、はがきで応募した人は内部見学あったようです。
来週は舞鶴、再来週が日米の横須賀ですけど海沿いとはいえ炎天下は厳しい海軍週間です
 

Re: 暑中お見舞い申し上げます

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 7月19日(水)22時45分22秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

今の呉総監は対外アピールが大好きですから (^_^;

 

暑中お見舞い申し上げます

 投稿者:  投稿日:2017年 7月18日(火)07時34分0秒
返信・引用
   こんにちは。
呉総監部の地下司令部が、29日に一般公開されるそうですね。
その前に、ミニ観艦式の訓練風景???を、ゲット・・・(*^。^*)です。
 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 7月16日(日)23時18分21秒
返信・引用
  管理人の桜と錨です。

今週の更新として『現代戦講堂』の『資料展示室』コーナーにて、管理人が幹部候補生だった時の
一般幹部候補生第1課程(防大卒)用の『砲術スタディ・ガイド』を公開しました。

昨今は秘密漏洩事件などもありまして部内文書の取り扱いにつきましては大変にうるさくなって
きましたが、ここで公開しますのは44年前のものであり、かつ秘密文書などに指定されたもの
ではなく、しかも内容的に秘密事項に関わるものは皆無です。

とはいっても艦砲射撃や砲戦についてその基礎的な事項の全般を網羅しており、この方面に興味の
ある一般の方々にとっても良き入門用のものであると思います。

なかなかこういうものは公開されませんので、興味を持っていただけるかと。

最近は、海上自衛隊のOBでも“「三笠」の12インチ主砲は発砲時に駐退・複座はしなかった
(=しない機構になっていた)”と言い出す者も現れる始末です。

そういうご時世ですので、これを機会に“そんな基礎くらい鉄砲屋でなくとも現役の時に習った
だろう、恥ずかしい”ということで、今回公開することに (^_^;


 

今週の更新

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 7月 2日(日)13時04分43秒
返信・引用 編集済
  管理人の桜と錨です。

7月に入りましたね。 早いもので、今年ももう半分過ぎてしまいました。

ちょっと更新が滞っておりますが、先ほど『懐かしの艦影』コーナーにかつて私がお手伝いをした
NHKドラマスペシャル『坂の上の雲』の制作参画の思い出を追加しました。

以前BSで元々の1話90分のものを45分の2つに編集し直し、全26回ものとして再放送した
時に、毎週NHK松山放送局のHPで掲載した内容紹介のコーナーにコラボする形で番宣も兼ねて
ブログ記事にしました。

ブログでは古くなるとだんだん後ろに流れて行ってしまって判りにくくなりますし、またそれこそ
私自身の思い出のためにも今回纏め直したものです。

まだ修正されていないところがあるかもしれませんが、後で手を入れることとして取り敢えず公開
します。

写真もブログ記事の時よりは多少サイズを大きくしたり新たに追加したものもありますが、これも
機会をみて他のものを追々追加・修正していきたいと考えています。

原作である司馬遼太郎の歴史小説『坂の上の雲』のファンの方々も含め、NHKのこのすばらしい
ドラマを思い出しつつ楽しんでいただければと思います。


 

お返事有難うございます

 投稿者:下っ端社員  投稿日:2017年 6月29日(木)18時57分54秒
返信・引用
  お返事有難うございます
確かにそうですね…連邦公文書館に行って公文書(公開されていればの話ですが)漁るでもしないと出てこないかも知れませんね…
 

Re: ソヴィエト海軍艦艇の価格について

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 6月29日(木)12時58分26秒
返信・引用
  下っ端社員さん、こん**は。

>スラヴァ級の建造時の価格

残念ながら私はその方面には疎いもので・・・・

と言いますより、時代や国ごとで貨幣価値が異なりますし、建造価格にどこまでを含めるのかの
問題もあります。

そもそも、ロシアや中国などは兵器の価格を正直に公表しているかどうかも判りませんから (^_^;



 

Re: 旧加賀国に初入港の護衛艦「かが」とお台

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 6月29日(木)12時48分31秒
返信・引用
  HN「加賀」さん、こん**は。

ネットでもあちこちで話題になっていますね。 遂に「かが」が金沢港に寄港ですか、
すばらしいですね。

是非ご覧ください、大きいですよ(^_^)


 

ソヴィエト海軍艦艇の価格について

 投稿者:下っ端社員  投稿日:2017年 6月28日(水)21時23分4秒
返信・引用
  お久しぶりです。
当方、ふと気になりましてスラヴァ級の建造時の価格を調べようとしたのですが検索しただけでは全く出て来ませんでした。(ロシア語は全く読めないのでgoogle翻訳頼みですが)
この様な事を調べる方法を何か御存知でしたらご教授頂けると幸いです。
 

旧加賀国に初入港の護衛艦「かが」とお台

 投稿者:HN「加賀」  投稿日:2017年 6月28日(水)00時40分59秒
返信・引用
  桜と錨様久しぶりに投稿させていただきます。本年3月に就航し、呉の第4護衛隊群第4護衛隊に編入された海上自衛隊最大級の護衛艦「かが」が、来たる7月15日にいよいよ我が郷土、旧加賀の国である石川県の金沢港に入港することになりました。当日は金沢港で開催される「港フェスタ金沢2017」のイベントの一環として艦内見学等が行われます。
    今年に入り、日本および日本海を取り巻く情勢が一段と緊迫する中、国防の第一線に配属後、日夜活躍する「かが」が日本海側の金沢港に初めて入港することに、県民の1人として心から歓迎しております。
    ところで、「かが」の艦内神社は、加賀一の宮「白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)」です。小生は、先日通称「白山さん」に参拝し、「かが」始め各護衛艦の今後ますますのご安航と武運長久をお祈りしてきました。
    さて、護衛艦「かが」が停泊する予定の金沢港の岸壁の近くに「大野お台場公園」があります。そこは、幕末期に外国船の来航に対する防衛策として、加賀藩が徳川幕府の海防令により、1850年(嘉永3年)5月から海岸近くの領有地17箇所に火矢筒、大砲を備える台場の築造に着手し、完成したものの一つです。余談ですが、小生の母の実家は、金沢港近くにあったもう一つの台場の築造と管理を加賀藩から命じられていたそうで、加賀藩の砲術関係の技術者や砲術関係の加賀藩士などが多く出入りしたそうです。お台場の大砲の威力や命中精度は、外国艦船のそれに比べてかなり劣っていたものと思われますが、約167年後にお台場の近くに最新鋭の護衛艦「かが」が入港することについて、加賀藩の国防のため築造されたお台場に縁がある者の1人として、とても感慨深く感じております。7月15日当日は、この目で現代の国防を実感したいと思います。??????
 

Re: 気をつけよう

 投稿者:桜と錨  投稿日:2017年 6月24日(土)14時34分7秒
返信・引用
  脇さん、こん**は。

ボートどころかコンテナ船に追突されてしまいましたね (^_^;

 

気をつけよう

 投稿者:  投稿日:2017年 6月18日(日)07時58分50秒
返信・引用
  近づくボートと体当たり・・・(^^;)です。
 

Re:陸奥の写真

 投稿者:GO  投稿日:2017年 6月10日(土)22時34分17秒
返信・引用
  なるほど、そういうことですか。判りました!

http://blogs.yahoo.co.jp/xxx7372111

 

レンタル掲示板
/145