teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


御車山祭りの感動

 投稿者:管理人メール  投稿日:2004年 8月11日(水)09時22分35秒
  東京都東久留米市のNさんから次のようなメッセージいただきました。こんなにも感動していただき、地元の者としては身の引き締まる思いです。ご本人はアドレスを公開したくないとの事で
私-管理人-へメールでいただきました。お読みして逆に感動しましたので、この欄に掲載させていただくことにしました。
《以下本文》
こんにちは。
御車山祭り、宵祭りから拝見しました。御山宿の人や風情に見せられて、結局全
部歩いて回りました。また、当日の晴れ姿、涙が出るほど感動しました。今まで
このように、心を揺さぶられたことはありません。この気持ちを御車山に関わる
どなたかにこ伝えたいと思い、パンフレットで知った、こちらのホームページを
訪ねました。
 開いてみると、御車山をめぐってはいろいろなことがあったのですね。御車山
が駅前に展示されずにすみ、今年も今まで通りに町々にあって、魂を入れるその
宵に立ち会えたこと、本当によかった、と思いました。伝統がここまで続いてい
るのは、聡明な方々に守られているからなのですね。志甫さんの文章も、胸のす
く思いで読みました。いままで、鳴り物入りで人を集めてきたものがどれだけす
ぐに飽きられ、見捨てられてきたことでしょう。今、人々は、本物の力に感覚的
に吸い寄せられていますよね。私もその、本物の力に心をつかまれてしまったの
ではないかと思っているのです。
 すばらしいことは御車山が、人々とそこにある、ということです。若者だけが
引く山車でなく、お年寄りがまさに伝統を知るリーダーであり、地域の子らを見
つめ伝統の中に位置づけている。煌びやかな御車山だけでは、このように感動は
しなかったでしょう。他の地方に残る山車の映像をその後いくつか見ましたが、
御車山祭りは、格調が違いますね。大人の結束力が若者を率いているからではな
いでしょうか。
 また、私たち観光客にもとても親切に説明をしてくださいました。その開かれ
た自信もここち良かったです。山町筋がいろいろなイベントで文字通り門戸を開
いて下さることも、訪ねて行く者にとってはありがたいことです。
 忙しくしている時も、高岡の祭りの情景を思い出すと、癒されます。今故郷よ
りも、帰りたい町です。故郷に求める、原風景がそこにあるからかも知れませ
ん。時間を作りだして、何度も訪ねて行きたいです。ますます、よい町づくりを
していってくださいね。
《本文、以上》
なお、ご本人のPCがずっーと不調で、このたびやっと復調したらしく、
・・・・やっと今日、送信可能となりました。・・・・と送ってくれました。
ありがとうございました。
 
 

御車山祭りホ-ムページ

 投稿者:和三郎メール  投稿日:2004年 7月 9日(金)13時31分3秒
  高崎の手島さん制作のHPですが、坂下町から片原町四つ角で勢ぞろいするまでの動画つき。
高岡に関しても歴史を踏まえた詳細な説明で、御車山関係ホームページでは、まさにナンバーワンとも言えるもの。高岡の観光協会でさえこれくらいの物はつくってません。ぜひ一度見てください。
http://www.asahi-net.or.jp/~uh9k-tsm/index.htm
 

高岡御車山祭り

 投稿者:手島杏樹  投稿日:2004年 5月 7日(金)22時00分27秒
  送信者: "手島杏樹" <uh9k-tsm@asahi-net.or.jp>
宛先: "高岡市 御車山祭  和三郎" <jks@nsknet.or.jp>
件名 : 群馬の手島です。
日時 : 2004年5月7日 11:00

1日、朝6時ちょっと前、高岡駅着の能登で御地に入りました。
早朝のためか、降車客は疎らでしたが、絶好の好天で、高岡の
市外は明るく輝いておりました。駅前の大伴家持の像をみて、
高岡が歴史の古い由緒ある町であることを再認識させられまし
た。
駅の観光センターに置かれていた祭礼案内のカタログを手にし
て、路面電車の軌道に添って歩き出しました。軌道が右折する
交差点の片原町の標識を見て、カタログに載っている曳き山の
整列する場所がここなんだなと思いながら、そのまま真っ直ぐ
進んで、交差する路地の左方向をみますと、道の真中に背の高
い1本柱を立てた台車が止っておりました。捜していたものが
見つかった思いで、小走りに近寄りました。台車には、既に豪
華な飾り彫金が輝く黒漆塗りの御所車が取りつけられ、柱の天
辺には金色に輝く釣鐘が載っておりました。カタログから一番
街通の車とわかりました。
御車山の組み立てが観覧出来ればと期待していたので、組み立
て完成迄を見届けようと腹を決め、カメラ片手に組み立て作業
を最後まで観覧させて貰いました。
御地の御車山祭りの拙作の山車まつり見聞録は、このような書
き出しになるかと思います。

和三郎さん宛てに以前お送りしたメールに、精緻を極めた由緒
ある豪華な御車山が粛々と巡行する様子が彷彿と浮かんでまい
りますと、書かせて貰いましたが、まさしくその通りの見応え
のある立派な曳き山祭りでした。
大勢の電灯会社の作業員が出て、山の巡行路の信号機を移動す
る作業の様子、なかでも巡行開始時刻直前まで運行していた路
面電車の、坂下町交差点から片原町交差点までの長い距離の架
線をテキパキと取り外す作業の様子を見て、本当に驚きました。
御地の御車山祭りが、町の歴史と切っても切り離せない深い伝
統を持った祭りであり、今でも市民の絶大なる支持を得て、市
民の誇りにもなっている祭礼であるからこそ、と思いました。
公共機間の乗り物の架線を外してまでも山車の巡行を行うなん
て、小生の住む町では考えられません。秩父夜祭では極く短い
距離の鉄道の架線を外してますが、御地と全く同様に、市民の
圧倒的支持がある曳き山祭礼ですから出来ることで、関東でも
例外です。
ひとつお尋ねします。御車山の台車の直ぐ上の幔幕で囲まれた
所は楽屋と思いますが、巡行時に流れるお囃子はどんな構成に
なっておるのでしょうか。
翌日2日は能登の輪島の「きりこ会館」を見学し、翌々日3日
は八尾曳き山祭りを見聞しました。
富山、石川両県の代表的祭礼を鑑賞できたことに大きな満足感
を得た意義ある3日間でした。今後も、わからぬことなどの質
問を和三郎さんに寄せさせて頂きたく思っておりますので、そ
の節はどうか宜しくお願いします。
それでは、失礼します。


***********************************************
手島 杏樹
e-mail  kyoju@anet.ne.jp
url  http://www.asahi-net.or.jp/~uh9k-tsm/index.htm
***********************************************

 

たくさんのご来場ありがとう!

 投稿者:管理人メール  投稿日:2004年 4月 5日(月)08時22分24秒
  4月3日から始まった『山町筋の花嫁衣裳展』予想外の多くの方々のご来場、ありがとうございます。4/4日曜日にはテレビニュースで開催の事の放映があったとかで、午後からまた一段とご来場者で賑わいました。観光駐車場は終日ほぼ満車状態が続きました。
少しばかりデジカメで撮りましたので、今日中にホームページ上にUPしておきます。ご覧下さい。
また、多くのご来場に会場混乱気味で、いろいろの解説・説明を期待してこられた方には“説明不足”な面があったとか聞きました。次の土日4/10・11には少しばかり人員を貼り付け対応を考えたいと思っています。ご意見ありがとうございました。
 

山町筋の花嫁衣裳展

 投稿者:管理メール  投稿日:2004年 3月27日(土)11時50分8秒
  高岡はこのところ穏やかな日が続きます。古城公園の桜の蕾も膨らんできました。早咲きのものはもう花をつけています。この分だと4月の3日・4日あたりが見ごろになりそうです。
さてさて、山町筋では新企画:高岡市教育委員会主催『山町筋の花嫁衣裳展』に向け、準備中です。会期4/3~12日まで、『高岡市土蔵造りの町資料館』と『菅野家』を会場に、山町筋の家々所蔵の打掛・花嫁のれん・婚礼調度品などを展示します。
詳しくは当HP内のイベント案内をご参照下さい。
 

帰っておいでよー

 投稿者:管理人メール  投稿日:2004年 3月11日(木)20時59分19秒
  non様、書き込みありがとうございます。そうそう、今でも関野神社横に御車山保管庫ありますよ。高岡はきのうと今日はあったかな日でした。古城公園の梅園-知ってますか、小竹藪の横にあるのです―の梅も、香りよく咲いています。今年の山祭り5月1日は土曜日ですので里帰り可能ではないのですか。帰っておいでー。山のお囃子耳に残っていない?綿菓子の作ってる匂いってあるよねぇ、そろそろ西田の筍出てきて、まっつりの頃、最高においしいよねぇ・・・・って、里心あおったりして。ても、このところ高岡はお日柄もよくいい感じなのです。だから、いらっいゃい!  

リンク

 投稿者:和三郎メール  投稿日:2004年 3月10日(水)15時07分48秒
  Non様。アクセス有難うございます。リンクフリーですのでどうぞ宜しく。山町筋をそちらのHPからも宣伝いただき有難うございます。  

懐かしく拝見しました

 投稿者:nonメール  投稿日:2004年 3月 9日(火)14時33分3秒
  はじめまして!
私、高岡を離れて20年余りになりますが、
御車山が見る事が出来る春には帰省出来ず、久々にこのHPで見る事が出来ました。
私の実家は車山の保管場所の関野神社の近くなのですが、今でもそうなのでしょうか?
皆様の高岡を守ろうとする慈道な御努力には頭が下がります。
今年は車山の見れる時期に帰ろうとおもいました。
私の友達にも見てもらいたく思いまして、
このHPを当方のHPにリンクを張りたいんですが?如何でしょうか?
お返事お願いいたします。
 

山町筋の天神様祭無事終了

 投稿者:管理人メール  投稿日:2004年 1月14日(水)21時04分32秒
  1月の10日・11日、ここ高岡山町筋では“山町筋の天神様祭”を開催。菅野家、土蔵造りの町資料館、太田家の三拠点には多くの出品物天神様が飾られ、また、山町筋のお店のウィンドゥもこの日ばかりは天神様展示ギャラリーになり、約100点の天神様が飾られました。実行委員会の呼びかけに応じ、町外市外からも50点ほどの天神様が集まって盛大に展示イベントが繰り広げられました。
出品にご協力いただきました皆様、ありがとうございました。また、イベント当日、ここ山町筋へたくさんのご来訪、ありがとうございました。
 

毎度・毎度おくれおくれ

 投稿者:管理人メール  投稿日:2003年 8月12日(火)16時25分21秒
  毎度毎度管理人の管理不行き届きで、せっかくの皆さんからのお便りにも返事を出さずにスミマセンでした。下のほうにまだ掲載中のふとどき者投稿びっくり・ファイアーを消去しようとしていて
またまた、管理人のPC不調に陥りました。その間『とよこ』さん、『やすし』さん、『いなかもん』さんも、また和三郎さん書き込みありがとうございました。ホンマニまにあわん管理人です。
ところで、みなさーん今年も土蔵フェスタにご来場ありがとうございました。感謝感謝!
 

レンタル掲示板
/11