teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


通町の鳥兜について

 投稿者:笑いの怪人  投稿日:2002年 9月10日(火)11時05分33秒
  はじめまして。突然ですが、質問させてください。通町の曳山の鳥兜にはどんな意味があるのですか?私の所にもよく似たものがあるです。曳山ではないですが、祭りの行列の先頭を行く猿田彦の兜にそっくりなんです。先日のまつと利家で拝見してあっと思いました。よろしくお願いします。  
 

みなさん、ありがとう・・・

 投稿者:管理人メール  投稿日:2002年 8月19日(月)06時32分40秒
  17日・18日と2002高岡土蔵造りフェスタ開催されました。遠方よりご来場された方、近隣の方々皆さんありがとうございました。そぞろ歩きのできる山町筋を演出したつもりですが、皆さんの感想は如何だったでしょうか。ご協力いただいたスタッフ・町内の人々、ほんとにご苦労様でした。


 

土蔵造りフェスタ

 投稿者:志甫和彦  投稿日:2002年 7月31日(水)22時52分27秒
  新データアップご苦労様です。出来るだけ見ていただく様がんばりたいですね。
木舟町では七夕が10本飾ってあるのに,小馬出町にないのは寂しいですね。
来年は竹を10本ほど貰って負けずにに飾って欲しいものです。
 

お見合い記念日

 投稿者:和三郎メール  投稿日:2002年 7月 7日(日)09時24分43秒
  今日7月7日は七夕の日そして誰が決めたか分らないけど「ゆかたの日」。我が家では、お見合い記念日です。駅前のユニーの前で友人の「スイカの叩き売り」を手伝っていた合間にしたお見合い相手が我が家ではいまデーンと座っている。
土蔵造りフェスタも近づいてきましたね。がんばりましょう。
 

高岡と新湊

 投稿者:PONTA  投稿日:2002年 6月 5日(水)01時27分53秒
  管理人さん、疑問にお答えいただきありがとうございます。
昨日の地元新聞に、山町筋の話題の記事が載っていました。(防火施設の話)

≪在の方≫という詳しい意味が、もう一つ完全に理解できない面がありますが、
町外の協力地域と契約関係で、お願いしているのですね。この話は、私の町の
世話役的な方から聞いたのですが、「山町の人は曳山に触ったこともないと言っていた。」
というのは、本当でしたか。
 裃を着用して、御車山に随行しておられるのが、山町の人ということですね。
 協力地域も、管理人さんの小馬出町の場合は、大門水戸田と米島という、結構離れた
地域になっているという事で、新湊の私にはちょっとした驚きです。

 江戸時代の事件は知っています。津幡屋与四兵衛の事件ですね。小学生ぐらいの頃に
どこからともなく聞かされて知っていました。新湊の曳山の車輪に、金細工の飾りがない
のは、このときの事件の影響だという話もありますが、なぜか新町の車輪は高岡同様の
金細工が施してあります。

 高岡御車山は、ほぼ完全にばらして収納していると思いますが、(関野神社の横に漆喰の
倉があります)この作業は、町内の方々でやっているのでしょうか?
 (重ね重ねの質問になってしまいすいません)
新湊(放生津)は、基本的には、囃子方、曳き子は、町内の町民でやるのが基本ですが、
近年の曳き子不足は、新湊も例外ではなく、町外からやってきている曳き子も多数という
のが実状です。ある町は、区画整理などで世帯数が20を切ってしまっているという町が
あります。(ここまで極端なのは13町中で1町だけですが)
 特定地域と契約というのはいっさいなく、町内在住者の知人、友人などで、曳山を曳きたい
希望者であればOKという感じです。
 囃子方は、私の町の場合は、ほぼ町内在住者か町出身者です。私自身も太鼓がたたけるので、祭礼当日は太鼓叩いてくれと依頼される事も多いです。

 あの伏木が、女性に曳き子を開放したことなどもありましたが、近年女人禁制を廃止する
流れもあります。京都祇園祭も、昨年度より女性の参加は、各町の判断にまかせるとした
ようです。新湊は、女人禁制の風習は、まだ色濃く残っている感じですが、1部の町では
すでに女性曳き子が登場しています。当町は、まだ完全に女性が曳き子として参加した実績はあり
ませんが、女子小学生を曳山の上山にのせたことはあります。
 岩瀬などは、引き合いのけんかの時まで、女性が参加していました。 もちろん時代の流れというのも大きいですが、私自身は女人禁制を廃止する方向は、実に結構な事だと思っています。
 

PONTAさんありがと!

 投稿者:管理人 作井宗人メール  投稿日:2002年 6月 4日(火)11時04分34秒
  PONTAさん、書き込みありがとうございました。山町筋へようこそいらっしゃいました。管理人のホームページソフトが不都合に陥ってはや1ヶ月、みなさんにご迷惑をおかけしています。
ここ数週間、割と穏やかな気候に恵まれてか、山町筋を訪れられる方々の姿が目に付きます。春の遠足で団体で来る、中学生も見かけるようになりました。地元のもんとすれば、PONTAさんはじめ外来の方へはもっとフレンドリーに接してあげれば良いのかなぁ、などと思います。童謡:ギンギンギラギラ夕日が沈む・・・の、作曲家室崎琴月の生家、木舟町室崎家のご当主室崎信一さんは、自称『山町語り部』今日も道行く旅の人にやさしく語りかけ、山町筋の由来などを語っています。
さて、PONTAさんは新湊の方とか、新湊、古くは≪放生津≫と称した所の曳山と、高岡とは江戸時代後半期に1つの事件を起こしています。詳しくは当HP内のイベント情報-篠島満氏の講演資料の中に記載があります。-読み取りソフト:アクロバットリーダー必要です---じっくりとお読み下さい。ご希望があればメールで送ります。
曳き子及び囃子方についてお問合せですが、高岡はすべて近隣の≪在の方≫にお願いしています。例えば管理人の小馬出町は古きより、曳き方は大門水戸田に、お囃子は米島の方にお願いしていますが、他の六本の曳き山も同じ様に、各所にお願い=契約をしているのです。
そのうち、まとめて、御車山の伝統とシキタリをUPしてゆく予定ですので、また、当HPをご訪問下さい。


 

いろいろ

 投稿者:PONTA  投稿日:2002年 6月 4日(火)01時50分18秒
  隣の新湊地区在住の者です。厳密に言うと、高岡市民だったりしますが、地域的にはまるっきり
新湊な地区です。高岡市民の自覚は、まったくありません。(というか持ちようがないです。
住民票は高岡市役所ですが。)
 さて新湊にも、曳山があり、このHPの「山町はこう考える」の中身は、うなづける事柄多々
あるように感じました。私自身、小さい子供の頃より新湊曳山にかかわり続けています。
 (実家は、曳山保有町)
 建造時期と曳山の外見から、新湊、伏木、氷見、石動、大門の曳山は、高岡をまねて作られものであるのは、間違いなかろうと考えています。

 高岡の山町筋、金屋町は、最近になってよく地元新聞等にとりあげられるようになりましたね。
御車山は何度か見たことがありますが、山町筋の土蔵づくりの家は意識して見たことがなく、
金屋町は行ったことがありませんでした。先日、はたして観光している人がいるのだろうか?
という興味本位もかねて、山町筋と金屋町をじっくりと見てきました。
 土蔵づくりの家は、菅野家など数軒の家は、あらためてじっくりと散策すると、なかなかの
ものであり、金屋町は通りの広さが、丁度いい感じで雰囲気がありました。
 観光客の姿は、最初はまったく見受けられませんでしたが、その後高岡駅方面からやってきた
と思われる年輩のご夫婦、石川ナンバーの車でやってきた家族の観光客を見ました。
 (最近作ったと思われる、菅野家前の駐車場。山町観光用の無料駐車場です。)
 金屋町では、あきらかに観光にきた新潟ナンバーの車をみかけましたが、車を止める所に
難儀したのか5分程度、車から降りて散策したあと去っていきました。
 
 1点、高岡御車山に関して疑問がありますので、書いておきます。高岡は、曳き子及び囃子方
は、町外の人に担当させているという話を聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?

 伏木は、囃子方を町外の協力地区の住民に頼んでいるのが、伝統的しきたりのようです。
(新聞記事で見ました。)
 

ひっさしぶりー・・・その2

 投稿者:管理人メール  投稿日:2002年 5月27日(月)06時54分50秒
  久し振りに私のメール受信箱をのぞいてみたら、嬉しいメールが入っていましたのでご紹介します。
*******************
町並浪漫の4000人目の訪問者は、私です。
この日が来ることを長く待ちわびていました。
満足です。       ご案内まで。
高岡御馬出町-八十歩博康さんより
**************************
と、云うことでアクセス数がめでたく4000をクリアーしました。メデタシメダタシ・・・。八十歩さんは山町の人、内輪のもん(者)でいつもお付き合いをいただいている御馬出町の化粧品と洋装のお店のご主人、気さくな方です。八十歩さんには4000人目の訪問者を記念して、御車山車輪がデザインされた手拭-管理人のデザイン-をプレゼントさせていただきます。八十歩さーん、そのうちに、届に行きマっそー・・・。


 

ひっさしぶりー・・・!

 投稿者:管理人 メール  投稿日:2002年 5月26日(日)19時01分24秒
  アヤさん、書き込みありがとうございました。なんて、今頃になってこんなこと云っていて誠にスミマセン!
≪管理人の言い訳≫管理人のPCが4/29にまたダウンしました。五月の連休明けには一部復旧したのですが、それ以降、HP『町並浪漫』を管理しているソフト、〔ホームページビルダー〕が、ご機嫌斜めで、書き換え不能しなっています。ワヤワヤになっちまって、しまらない話ですが、お詫びいたします。
ところで、アヤさん、高岡山町には好感触お持ちになったご様子、私も嬉しいです。また、フラッと、お立ち寄りください、お待ち申しあげます。
 

ありがとう!

 投稿者:アヤメール  投稿日:2002年 5月 2日(木)14時31分0秒
  昨日、念願の御車山祭!見て来ました。感動でした。
山車の素晴らしさはもちろん、あんなに貴重な山車を間近で見て触れられる と、いう事に幸せを感じました。
そして何より町の人達の暖かさ!山車の事、祭りの事、気さくにお話出来て和やかで・・
通町の宿では休憩させていただき、お茶までご馳走になってしまいました。
暖かいお茶と笑顔に私の心まで優しくなりました。本当にありがとうございました。
町を歩いてみて、車で走っていても気づかなかったもの沢山発見しました。高岡って良い所ですね。
今年は昼間だけでしたが、来年は夜のライトアップをぜひ見に行こうと思っています。
 

レンタル掲示板
/11