teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


帰国~!

 投稿者:松村美帆  投稿日:2002年 8月10日(土)14時13分10秒
  こんにちは。流石ですね。私は実は8/1~昨日まで海外に行っていました(フィンランドでは
ありませんが)といっても講演会の申し込み時すでに満員でした・・・
これからはもう少し熱心に勉強しておかねば。
ところで講演会はいかがでしたか?東京のオゾンのは規模が小さく大阪から来るほどでも
と東京在住の友人に言われました。
来年の関西での開催、楽しみですね。
 
 

Re アアルト展

 投稿者:isoメール  投稿日:2002年 7月31日(水)10時54分35秒
  松村美帆様
「アルヴァ・アアルトの建築」特別レクチャーin大阪が
8/1に大阪駅前第3ビル21F日本建築協会サロンで開かれ
ますが、40名定員はすでに満員です。飛行機の搭乗の様に
キャンセル待か、立見がOKかわかりませんが開場は17:30
になっています。私は予約済みです。
2003年に時期は未定ですが関西で開催予定のようです。

http://www.aa-tokyo.com/osaka/

 

アアルト展

 投稿者:松村美帆  投稿日:2002年 7月31日(水)00時34分49秒
  こんばんは。今、新宿オゾンでアアルトの住宅展及び講演が行われているみたいですね。
悔しい事に行けません。いいなあ、東京は。
大阪でも講演会はあるみたいですが・・・・。
 

Re 外断熱について

 投稿者:taiyoメール  投稿日:2002年 6月13日(木)00時22分11秒
  iso様
どうも有り難うございました。
これから自宅を立てる参考になります。
 

Re 外断熱について

 投稿者:isoメール  投稿日:2002年 6月 3日(月)10時44分41秒
  taiyoさんの検討されている木造の外断熱についてですが形態から
外張断熱工法と呼ばれています。
従来の充填工法と呼ばれる柱と柱の間に断熱材をいれる工法と違って
断熱材が分断されないので充填工法に比べて断熱性能があがります。
 
公庫の「次世代省エネ基準」に適応しています。入念な施工をしない
と結露・木材の腐朽が起ります。外張工法の場合断熱材の厚さは50mm
位が限度でEV外断熱工法の厚さ125mmに対応するためには木造充填工法
と外張断熱材とを併用しなければ断熱性能が劣ります。充填工法では
結露が生じやすい。

EV外断熱工法は鉄筋コンクリート造で大きな違いは断熱材の厚さと
畜熱材の有無です。コンクリートは木材に対して4倍くらい畜熱量が
多く室温を保持するので空調コストが少なくなります。

ハウスメーカーのメリットは設計から竣工まで一切がっさい引受けて
くれて施主として面倒臭さが減ることでしょう。
デメリットは施主の窓口の営業担当と設計、施工部門が同一会社で
施主サイドに立ったチェックができるのか。大手メーカーのT.VCMや
モデルハウスの維持費、設計料のサービス等の経費が工事費に上乗せ
され工事原価は抑えられています。

住宅は最も高い買物です。気に入った住宅を建てたいのであれば
taiyoさんと価値観の合う建築家を見つけ充分時間をかけて設計し
妥当な工事費の施工会社を決め きっちりと設計監理してもらう
のが手間はかかりますが満足のできる方法です。
 

外断熱について

 投稿者:taiyoメール  投稿日:2002年 6月 3日(月)02時11分11秒
  はじめまして、外断熱工法について調べていたら辿り着きました。
2×4の外断熱などは有効でしょうか。
また、建築コストはどのぐらい上がるのでしょうか。
先日住宅展示場に行きドリームハウス(小林住宅)、大和ホームなどなどが外断熱住宅を展示していて、いろいろ話などを伺いました。
最近は外断熱工法を取り入れるハウスメーカーが増えつつありますがお勧めメーカーなどはございますか。ハウスメーカーで建築した時のメリットとデメリットなどをご教授お願いします。
 

覚えてますよ

 投稿者:isoメール  投稿日:2002年 5月20日(月)13時56分4秒
  アアルト夏の家コエ・タロのベッドに横たわっていた松村(先生?)
お久しぶりです。マイレア邸は又の機会ですね。
2月末から3月にかけてヘルシンキから850km北のロヴァニエミに
行ってきました。市役所、図書館、ラッピア・ハウスの見学して
オーロラも見ることができラッキーでした。
冬のフィンランドもいいですよ。
 

覚えていらっしゃいますか?

 投稿者:松村  投稿日:2002年 5月16日(木)17時01分35秒
  磯貝様、ご無沙汰しております。
アアルトツアーご一緒させていただいた最年少(笑)松村です。
今日、偶然このHPを見つけました。
茨木市・・磯貝・・まさか??って感じでした。

もちろんアアルトのページ隅から隅まで拝見させて頂きました。
万里の長城探していたとの記述・・もしかして私達のことでしょうか(笑)

本年もツアーの案内来ましたね。行かれるのですか?
マイレア邸の悪夢が私の頭にはいまだこびりついています。
といえども現実が許してくれず、泣く泣く断念です。

またお邪魔させていただきます。
 

塗料型断熱材と産直住宅みやざきの家を紹介させていただきます。

 投稿者:高千穂創建(株)メール  投稿日:2002年 3月 6日(水)14時22分7秒
  高千穂創建(株)といいます。
突然ですが、塗料型断熱材と産直住宅みやざきの家を紹介させていただきます。
特殊断熱施工
米国航空宇宙局(NASA)で研究開発され、従来の断熱材、及び工法とは全く次元の異なる新技術です。また、施工対象物の場所、形状、材質を問わずあらゆる断熱処置が可能です。この新技術の断熱効果は、非常に高く評価されており日米の一流企業が相次いで、導入を開始しております。
セラミック・カバーCC100とは?
驚異的 熱反射率 99.61%   (ジョウジア・テク研究所)
しかも 熱伝導率 0.0159kcal/mhr℃   (OCM研究所)
だから熱反射に関して 
0.5㎜厚施工で100㎜のスタイロフォーム材と同じ断熱効果
詳細はhttp://www5d.biglobe.ne.jp/~takachiho/   をご覧下さい。
資料請求は
   Email:takachiho-haragu@muf.biglobe.ne.jp
   高千穂創建株式会社
〒563-0021 大阪府池田市畑3丁目9-11
   TEL 0727-51-2008  FAX 0727-51-3018

産直住宅みやざきの家
宮崎県産材の「飫肥杉」で造る家       
頭と心に良い住宅を建てています。
日本の木をふんだんに使った木の香薫る自然素材の家
特徴
●シロアリに強い
●太い柱、大きい梁、大黒柱、丸柱をふんだんに使った家
●震度7でも大丈夫(宮崎県がテスト済み)
●土壁・しらす壁・和紙クロスを使用
●雨水利用・ビオトープ・ソーラーシステム
地震と台風に強い宮崎県の技と伝統を生かしたプレカット
杉の生産日本一
今なら180万円の補助金制度が使えます。
宮崎県が全面的にバックアップしています
産直だから安いですよ    新築 40万円~      リフォーム 10万円~

http://www5d.biglobe.ne.jp/~takachiho/

 

Re:仕様について

 投稿者:isoメール  投稿日:2001年11月12日(月)09時49分44秒
  地域区分で山崎様の関西地区はC地域(温暖地域)にあたります。
A地域(寒冷地域)は北海道、C地域は概略で千葉から愛知の太平洋岸と
滋賀以西、B地域(準寒冷地域)はA・C地域に挟まれた地域です。
A地域 外壁-200mm 屋根-300mm 床-100mm
B地域 外壁-150mm 屋根-300mm 床-100mm
C地域 外壁-125mm 屋根-200mm 床-50mm
窓のガラスは単板+Loe-Eペアーの二重サッシです。
換気についてはA・B地域では第一種(機械給・排気)で行なっていますが、関西では第三種(機械排気)で、冷暖房を行なわない時期には風通しのよい窓の開閉による自然換気を併用します。
 

レンタル掲示板
/4